ボーッと何かを・・・ 日々の考えの備忘録


by hiroi22

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

タグ:iPhone ( 32 ) タグの人気記事

iPhoneが開国を迫る携帯鎖国ニッポン

 もうiPhone日本発売のニュースから2週間が過ぎ去ったが,未だに喧騒は収まらない.来月まで発売されない製品にもかかわらずあちこちで議論が起こっている.たとえばここ;
iPhone 3G、日本のモバイル業界を変えるか
 「議論したところで,意味ある?発売になったらすぐにわかるやん!」
と思うのはシロートなんだろう.ギョーカイ人,特にビジネスに深くかかわっている人達には,現在の身の振り方一つで今後の運命が大きく変わる可能性があるのだ.安閑とはしておれない.特にAppleにはiPodという先例がある.ただし上のCNETのパネルディスカッションもそうだが,「日本のケータイは大丈夫」といった強気論から「日本のケータイ業界の価値観が大きく変わる」といった警戒(期待?)論までケンケンガクガクの議論が渦巻いているのが現状だ.まるで泰平の夢を破る黒船来航による混乱を思わせ「(たった四はいで)夜も寝られず」といった感がある.
 iPhoneを否定的に見る意見のほとんどがその理由として「日本の携帯電話にあるいくつかの機能,例えばワンセグ・お財布ケータイなど,を装備していない」ということを挙げている.しかし,これは論理としておかしい.iPhoneは日本だけのために作られた”ケータイ”ではない.そしてそれは従来の枠組みから飛び出した新しいスタイルの「携帯電話」というべきものだ.したがって,従来の製品の機能の有無を言い出しても始まらない.それよりもApple iPhoneが打ち出そうとしているコンセプトの日本での妥当性を議論すべきなのだ.
 ビジネスとして最も影響が大きいのはiモードに代表される携帯コンテンツビジネスとAppleのApp Storeとの対立だろう.ソフトウェアの開発から言えば,日本だけで,しかも限られたキャリアユーザーを相手にしているiモードに対して,App Storeは初めから世界が顧客の対象となっている.また開発ツールもApp Storeの方が圧倒しているだろう.こういったことからApp Storeはiモードなど日本の閉じたシステムに対する黒船となりうる.
 ユーザーインターフェイスの面から見れば,iPod Touchを疑似体験としてiPhoneの操作は明解だ.おそらく誰が使っても使用に困ることはあるまい.ただしあれもこれもといった機能の多さはない.しかしWebブラウザー,メイル,アドレス帳,地図,天気予報,(世界)時計,スケジューラーなどの基本的なものは備わっている.もちろんiPodとしての機能(音楽,ムービー,写真)は申し分ない.このようなコンセプトを持ったiPhoneの上陸は,高機能・多機能化を至上命題として進化してきた日本の携帯電話の現状が「真の進化」だったのか,それとも閉じた競争社会での「ガラパゴス大トカゲの進化」だったのかが試される大きな試練となるはずだ.
[PR]
by hiroi22 | 2008-06-22 22:21 | Macintosh

夢か うつつか iPhone 3G

 またしても,S. Jobsの“現実歪曲”の術にかかってしまったのだろうか.いやいやそうではない.これはまごうかたなき現実の話なのだ.iPhone 3Gが7月11日発売!
d0007533_004392.jpg

「みんなが待っていたiPhone。」かぁ・・・
確かにいいキャッチコピーだ・・・
 そうなのだ,思い起こせばほぼ1年前,アメリカでiPhoneが発売になる直前,iPhoneが日本で発売にならないことの不満をさんざん書き散らしたのだった.
iPhone見せびらかしたいけど,携帯鎖国のニッポン
そのときこのように書いた.
携帯鎖国ニッポンのアホー,ボケー,カスー!!!
お財布ケータイ?そんなもん使わん!
ワンセグ?狭い画面で電波の弱いTVを見てどーする.
着うた?iPodにかなわんやろ〜
そんなどーでもよい機能はいいから,iPhoneを発売してくだされ
m(_._)m
 iPhoneで惹かれるのは,それが携帯電話に何かを付加したものではないということだ.電話はiPhoneの機能の一つに過ぎない.そしてiPhoneが持つ機能は高機能,多様性を主張するのではなく,その使いやすさを前面に押し出している.S. JobsのキーノートでもiPhoneの使用者は80%が10以上のiPhoneのtoolsを使っているという.私はdocomoの携帯電話を使って2年以上になるが,これまで通話以外はカメラ・メール・アドレス帳・目覚まし時計・iモードの機能程度しか使ったことがない.これらはけっして使い勝手がよいとはいえず,使う度にストレスを感じるものだった.(どうしてこんなに使いにくいんだろう(携帯電話)2参照.)
 iPhoneは通信を武器でiPod革命を携帯電話の世界に起こそうとしているのだろう.これまでの携帯電話の機能はその武器を使うツールの一つに過ぎない.したがって,そのツールは常にすぐに使えるユーザーインターフェイスを備えていなければならないのだ.
[PR]
by hiroi22 | 2008-06-11 01:22 | Macintosh

iPhone from SoftBank

 今日のMacintoshなblogはこの話題で騒然となっている.
「iPhone」、年内にソフトバンクから登場

 日本のiPhoneはドコモから出るだろうという私の予想--そしてそれは大方の予想だった--が見事に外れてしまった.(心静かにiPhoneを待つの記)ドコモユーザーとしては少し残念だが,決まったものはしょうがない.そんなことよりも,日本でiPhoneが発売になることを素直に喜ぼう.早速,ソフトバンクへの携帯電話の移行を考えないといけない.ホワイトプランって何だっけ〜・・・たぶんiPhoneには無関係なシステムなんだろうけど.
 ここで,iPod Touchユーザーとして私が日頃感じているiPhoneのアドバンテージを書き留めておこう.それは次のようなものである.
1.手になじむ使い心地良い勝手.
使い方がわからないことはまずありえないメニュー.指の動きの速度に応じて反応する画面.この感触に慣れてしまうと手持ちの携帯電話の使い勝手の悪さに強いストレスを感じてしまう.
2.これから発表されるであろうソフトウェアの魅力.
Appleは既にiPhone用のソフトウェア開発のためのプログラムをサードパーティーに発表している.予定では今月からiPhone,iPod Touch用のソフトが次々と発表されることになっている.日本の閉じた携帯電話の世界からは想像もできないようなユニークかつ有用なソフトが出現するに違いない.
3.Macintoshとの親和性.
面倒なデータはMacintoshから持ってきた方がよい.今のiPod Touchでは,iTunesのmusicの他に,アドレスブック,iPhotoのアルバム,スケジューラーのiCalが自動的に同期される.これはこれで便利だが,メモ帳などの同期などもほどなくできるようになり,さらに便利になるだろう.

 それに対してiPhone,またはiPod Touchの不満点は;
1.入力の問題.
バーチャルキーボードの入力,特に日本語入力は快適とは言えない.今後の改善を期待したい.
2.文章の基本的な編集機能がない.
少なくともiPod Touchにはコピー,カット,ペーストの機能がない.これではメールの文章を書くこともままならない.おそらく早急に改善されると思うけどね.

 ともかくも,これで次の問題は,発売時期と料金体系となった.特に料金体系は,今までiPhoneを待ち望んでいたユーザーを失望させないようなものにして欲しいものだ.
[PR]
by hiroi22 | 2008-06-04 23:06 | Macintosh

心静かにiPhoneを待つの記

 近頃日本のAppleウォッチャーの心が落ち着かない.それというのも日本でのiPhoneの発売の噂,それも相当現実味を帯びた噂が立っているからだ.来月始め,Appleはサンフランシスコで開発者向けのconferenceを開催する.S. Jobsが基調講演を行う予定だが,その時3G iPhoneの発表が確実視されている.「確実視」というのは,噂だけではない,多くの状況証拠がそれを物語るのだ.例えば,現行機種の在庫は既に希少になっていること,ヨーロッパは言うに及ばずオセアニア,アフリカ,中南米の多くの国でiPhoneの販売が発表されていることなどである.
 そして,我々にとって最も気になることなのだが,ごく最近の噂として,とうとう日本でのiPhoneの発売と通信会社が決まったということが聞こえてきた.その“通信会社”というのは大方の予想ではNTTドコモらしい.というのも,これはやや薄弱な状況証拠かも知れないが,最近ドコモで人事異動があり,iモードの旗振り役であった大物役員が退社したということがある.つまりドコモがiモード一辺倒から脱却し,iPhoneのような新しいデバイスを受入れる体制にシフトしつつあるのではないかというのがその根拠である.
 現在,さしたる積極的な理由もなくドコモのケータイを使っている私としては,この予想は大歓迎である.そして,いくら日本の市場が閉鎖的といっても,iPhoneの発売で日本がメキシコに遅れをとるようなことがあってはならん,ぜひすみやかにiPhoneを発売すべしと思っているのである.しかし,その一方で,浮ついた噂に惑わされず,心静かにiPhoneの発表を待とうと願うものでもある.
[PR]
by hiroi22 | 2008-05-20 23:44 | Macintosh

忘れないうちにiPhone

 今の携帯電話は,ワンセグを初めとする「高機能」を競っている(ように見える).たぶん携帯中毒の人にはこういった高機能は欠かせないのかも知れない(本当かな?).でもワタクシにはどうでもよいことなのだ.あの小さな画面でテレビを見る気もない.余程のことがない限り携帯のカメラは使わない.カメラはデジカメがずっと綺麗に写る.iモードで情報収集にしても,いちいち課金されるのが気に入らない.この種の機器をせっかく持つのだからPDA的な機能を望んでしまう.ということで「Appleネタは興味ない」とのお叱りにもめげず,今日もApple,iPhoneのことを書く.

 来月,Appleは開発者向けの大掛かりなイベントを開催する予定だ.そこで確実視されているのが通信速度の高速化を含む新しくなったiPhoneの発表だ.そして個人的にもっとも期待しているのが日本での発売開始のアナウンスだ.いろいろな噂と状況証拠を元に想像すると,うれしいことにこの日本版iPhoneの発表は99%確実と思われる.一つの証拠はMacRumorsのこのレポートだ.
Japanese Input Keyboards on iPhone 2.0
新しいiPhoneでの日本語入力の話題である.しかもMacRoumorsのこの画像は相当信憑性がある.

d0007533_2326567.jpg


次の画像は仮名キーボードが使えるというものだ.

d0007533_23274476.jpg


今の携帯電話の文字入力は使いづらい.日本語入力はまだしも,アルファベットや少し変った記号を使うとなると不便なことこの上ない.その点,この噂画像を見ればiPhoneの日本語入力は及第点をつけられる.特に仮名キーボードは,キーボードアレルギーの人には朗報ではないだろうか.もっとも,「サカア」を「堺」「世界」と変換するとは「なまっとるやん!」と突っ込みたいところだが・・・

 MacRoumorsのこの記事でもう一つ注目すべきは,「中国語入力では手書きがサポートされるらしい」ということだ.実際に前日の記事ではそのことが報告されている.
Apple Includes Chinese Handwriting Recognition in iPhone 2.0 Beta
う〜ん,せっかく漢字の手書き認識が可能というのなら,日本語入力にも載せて欲しいものである.もっとも,これは最終バージョンではないようだし,おまけに「噂」であるから,実際にどうなるかは不確定な話ではある.
 もう一つ,噂によれば,iPod touchのタッチによる操作で「指で押す」という感覚を取り入れたインターフェイスが搭載される可能性もある.確かに今使っているiPod touchの指で触れる操作は快適だが,バーチャルキーボードの操作は快適とはいえない.ひょっとしたら新しいiPhoneでは,この点が大幅に改善されるかも知れない.
 最近この種のわくわく感がなく,暗いニュースが多いのだが,あと一月ほど期待して待つことができるのは楽しい.物欲という煩悩に取り憑かれているというご指摘は甘んじて受けまする〜
[PR]
by hiroi22 | 2008-05-06 23:53 | Macintosh

きょうはiPhone

 久間防衛相のトンデモ発言があったけれど,その怒りは後日ぶつけるとして,今日はiPhone.昨日から日本のTVでもiPhoneの発売に湧くアメリカの様子を報道していた.やはり実際に発売されたとなると,「羨ましいな〜」感は否めない.iPhoneのすばらしい機能の説明ビデオは
iPhone--A guide tour
で見られる(英語の勉強にもなります).また,CNET TVでもそのはしゃぎようは見て取れる(同じく英語の勉強になります).
 多少値段は高いけど(円安なんで特にそういう気持ちになる),メチャメチャ売れるだろうな〜.逆にiPod nanoなどはその使命を終えるのではないだろうか?d0007533_22251460.jpg

 ところで,TVや新聞などの報道ではiPhoneを新型携帯電話みたいな表現で紹介していたが,何だか違和感があるのだ.「携帯電話」かなあ?iPhoneはiPhoneと呼ぶべきものではないかと思うのだ.ちょうどMacintoshはMacintoshであり,PCと呼ばれるべきものではないように.

 こうなると日本での発売がどうなるかなのだが,ドコモもソフトバンクもauも興味があるように伝えられている.そういう話を聞くと,案外日本では早く発売されるのではないかと期待がつのる.ということで携帯の機種変更はもう少し待っても良いかなと思っているのである.
[PR]
by hiroi22 | 2007-06-30 22:38 | Macintosh

iPhone見せびらかしたいけど,携帯鎖国のニッポン

 iPhoneが6月29日にアメリカで発売になるそうである.うう,うらやましいー... この羨ましさがわからない人はこのCMを見よ.
iPhoneのCM
こんなのを見たあとの,自分の携帯のダサイことダサイこと (-_-)
ポケットからサッとiPhoneを出して見せびらかせたい!
スケジューラーはiCalと同期するだろうし,写真はきっとiPhotoと同期するだろうし,アドレス帳はMacintoshのアドレスブックと同期するだろうし,音楽とビデオはiTunesと同期に違いない.きっとブックマークもSafariのブックマークと同期だろう.うーん,今使っているPowerbookのデータをそのまま使えるじゃん!おまけに(おまけじゃないけど)携帯電話も使えるんだ!
なんと便利.しかもスマートで使いやすい.アメリカでは,早くも6月29日の熱狂の準備とカウントダウンが始まっているそうである.だけど日本じゃ携帯の規格が違うので使えないという・・・
携帯鎖国ニッポンのアホー,ボケー,カスー!!!
お財布ケータイ?そんなもん使わん!
ワンセグ?狭い画面で電波の弱いTVを見てどーする.
着うた?iPodにかなわんやろ〜
そんなどーでもよい機能はいいから,iPhoneを発売してくだされ m(_._)m
d0007533_22191133.jpg

[PR]
by hiroi22 | 2007-06-08 22:35 | Macintosh

NTT、au、SoftBankはApple詣でを--iPhone

 このblogで過去さんざん携帯電話の使いにくさを論じ、Appleが発表されると噂されていたiPhoneについての期待を述べてきた。
どうしてこんなに使いにくいんだろう(携帯電話)
どうしてこんなに使いにくいんだろう(携帯電話)2
Newton的iPhoneが出ないかな
極私的携帯電話論
ここまでしつこく述べると、これはもう単なる「願望」というより”悲痛な叫び”と言うべきかも知れない。そしてご存知の通り、本日MacWorldでAppleからiPhoneが発表された。
d0007533_23511755.jpg

d0007533_23563980.jpg

その機能については、いろいろな所で解説されているからここでは書かない。ただ、強調したいのは、このblogの「極私的携帯電話論」で要望した機能は、バッテリーの持続時間を除き、すべて満たされているということだ。すばらしい。これこそ待ち望んでいたものだ。しかし、悲しいかな
発売時期は2008年初め(アジア)!??
来年のことを言うと鬼が笑うぞ。しかも、まだ今年は始まったばかりじゃないかー!
 こうなったら日本の携帯各社よ、Appleに掛け合って何とか北米並みに今年の6月からiPhoneを日本で使えるようにしてくれ!君たちにとっても大きなビジネスチャンスのはずだ。
S. Jobsは日本びいきだ。彼の言う「アジア」に日本は含まれていない、と信じたい。

[PR]
by hiroi22 | 2007-01-11 00:07 | Macintosh

いよいよなのかiPhone

 このところMacintoshなblogではiPhoneの噂が絶えない。それも単なる希望的観測ではなく、台湾のメーカーが受注して何万台も生産しているとかの「具体的噂」になってきている。この分だと来年早々のサンフランシスコでのMacWorldで発表になると見て間違いないだろう。そうなると携帯鎖国の日本で使えるかどうかが心配になるが、こちらとしてはこのことについてはただ祈るしかない。
 以前に書いたように、私がiPhoneに期待するのは、--iPod+携帯電話ということは当然として--Appleらしいユーザーインターフェイスと独自機能だ。
 まったく今の私の携帯電話(N901iS)の使いにくさには辟易している。Mailの送信欄に電話帳からアドレスを入れようとして機能ボタンを押すといきなり送信メニューがトップに現れる「仕様」。
「これから空欄になっているMailアドレスを入れようとしているのに、いきなり『送信』はないやろう〜!」
と使う度に心の中で悪態をついているのだ。精神衛生上よろしくない。その電話帳にしても、登録アドレスの「アイウエオ」別一覧を見るという機能がないのだ。まったくこんな信じられない電話帳の仕様は見たことない。その他、ボタンを3、4回押して探さないといけない「定型文」。そこで『なにしてるの?』という「定型文」をみつけては、
「こんな面倒なことさせた挙げ句、こんな簡単なフレーズが出てくるのかよ〜!」
とまた怒る。とまあ愚痴を言えばきりがない。
 もっとも、この信じられない「仕様」の数々はNECという製造メーカーのせいでもあるようだ。家人の持つSharp製の携帯電話はそれほどでもないという印象である。購入する際にもっと検討すべきであったのだが、まさかここまでひどいとは思わなかった。
 いずれにせよ、今の携帯電話のユーザーインターフェイスはAppleの多くのソフトで体験する心地よさ--こういうことはこうすれば出来るだろうという想像がその通りうまく行く--は実現していまい。早くiPhoneを手にして、このストレスから解放されたいものである。
[PR]
by hiroi22 | 2006-11-19 21:31 | Macintosh

極私的携帯電話論

 番号ポータビリティ制度が始まるため、携帯電話の新製品ラッシュになっている。たとえば
ドコモ、秋冬向け端末14機種を発表
だけどね、あんまり魅力を感じないのである。
 私は携帯中毒者ではないが、それが便利であることは認める。一方、新製品と呼ばれるものがどうも求めているものと違うのである。ここでそのあたりも含めた携帯電話論(と言うほど大げさじゃないが)を書き留めておこうと思う。
 私が携帯電話をどのように使っているかというと、メールが中心である。電話については、友人との待ち合わせなどの際には使っているが、電話をかけること自体は多くない。iモードも、電車の時間、スポーツニュースなどを見ていることもあるが、頻度はそれほど多くない。たぶん、平均的な利用者よりも全体的な利用率は落ちると思う。とはいえ、何だかよく分からないが毎月3000円以上支払っているのだ。
 使い方としては、これからもあまり変わらないと思う。だから、携帯電話でTVを見ようとも思わないし、財布の代わりにするなどというリスキーなことも考えない。こういう現状で携帯電話に望むことを書く。
1.バッテリーの持続時間の拡大。
あまり使わない私でもバッテリーが無くなるのは早いと感じる。よけいな機能はどうでもよいから、この点を改善して欲しい。
2.ユーザーインターフェイスの見直し。
思いつきとしか思えないメニューの配列、日本語変換、その他とにかく使いにくい。
3.外国でも使えること。
まだまだこれが出来る機種が少ない。
4.アドレスブックやスケジュール機能をまともなものにすること。
私の携帯電話(N901iS)のカレンダー機能は使い物にならない。イベントを繰り返し設定にすると未来永劫(!)繰り返しになる。誰がこんなものを作ったのかと呆れてしまう。アドレスブック(=電話帳)にしても、一人当たりの電話番号やメールアドレスの登録数に制限があるなど、これまた何を考えてこれを作ったのか分からない代物になっている。
5.Macintoshとのデータ変換が出来るようになること。出来ればBluetoothで。
(上の4が満たされてからだが)Macintoshで作ったアドレスブック、カレンダー、メモなどのデータを簡単に携帯電話に移せるようにしてもらいたいのである。メールはしょうがないとして、スケジュールや住所を携帯電話で打ち込むのは苦痛である。こんなものはMacintoshでさっさと書いて携帯電話に転送するのが便利・スマートというものだ。
6.デザインの見直し。
そもそも、今のような携帯電話のスタイルが最良なのだろうか?電話をかけることよりメールが主になっているのなら、それに便利なようなキーボードスタイルになっても良いはずだと思う。
とまあ、書き始めるといろいろ出てくるものだ。そういうわけで、私はAppleの携帯電話を待ち続けているのである。
[PR]
by hiroi22 | 2006-10-15 20:31 | じっと思う

ブログパーツ

  • →:次の記事へ
  • ←:前の記事へ
  • Home:このページの先頭へ
  • End:最後の記事へ

最新のトラックバック

「オバマファクター」米国..
from 米流時評
シティバンク危機脱出!連..
from 米流時評
経済氷河期に春一番? C..
from 米流時評
警告!北朝鮮が即時臨戦態..
from 米流時評
作家フォーサイス 次の小..
from 米流時評
「事実は小説よりも奇なり..
from 米流時評
オバマのマンモス再生予算..
from 米流時評
ウォール街の真冬はいつま..
from 米流時評
ウォール街ブリザード!ダ..
from 米流時評
自由への厚い扉/エジプト..
from 米流時評

リンク

タグ

(119)
(60)
(49)
(45)
(45)
(39)
(32)
(26)
(26)
(24)
(16)
(15)
(14)
(12)
(10)
(9)
(8)
(8)
(5)
(2)

ライフログ


青の時代


オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える


風味絶佳


Antonio Carlos Jobim's Finest Hour


セゴビアの芸術

カテゴリ

全体
じっと思う
ずっと思う
Macintosh
iPhone

検索

以前の記事

2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧