ボーッと何かを・・・ 日々の考えの備忘録


by hiroi22

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

タグ:TV ( 12 ) タグの人気記事

M. ジャクソンを潰す「教育」関係者

 M. ジャクソンのニュースはその朝のベッドの中で読んだ.私は毎日NYTimesから主要ニュースがメールで送られてくるように登録しているのだ.(ほとんど真剣に読まないのだけれど.)そのメールで今朝の7時前にM. ジャクソンがLAの病院に運ばれたというのが飛び込んできた.そしてそのたった30分余り後,7時半過ぎには死亡のニュースが配信された.眠気も吹っ飛んで「ぎょえええ〜,なんじゃこれは〜」とびっくりした.
 私は,正直M. ジャクソンの音楽は好みじゃない.しかしアメリカだけでなく,日本でもとても人気があることは認識している.追悼のため,盛んにテレビで放映していたスリラーのプロモーションビデオも,どこでだったか何度か見たことがある.大ヒットしただけあってノリのよい歌だったが,それにもましてM. ジャクソンのダンスは素晴らしいと思った.スマートなスタイルを持ち,リズム感と切れのよいダンスパフォーマンスは,胴長短足の日本人にはどうしようもない差がある.エンターティナーとしての才能の豊かさは私のような素人でも感じることができる.
 M. ジャクソンのような才能に出会えることは現代人の特権でもあるが,M. ジャクソン本人にとっても幸運なことだ.いくらエンターティナーとしての才能があっても,奴隷制度のある時代や身分制度で身動きが取れない封建時代では,彼のような才能は日の目を見ることは決してなかっただろう.個人の才能を尊重して,それを開花させようというのは,程度の差こそあれ真っ当な市民社会では当然のことであり,その実りの果実は本人だけでなく,社会全体に共有されうる.これには「教育」が大きな役割を果たしているのは言うまでもない.才能だけで何かを成し遂げるほどの人は稀だ.
 M. ジャクソンが死んだその日にこんなニュースが流れていた.

 <車椅子中学生>町立中入学を義務付ける仮決定 奈良地裁
 奈良県下市町の町立下市中への進学を希望したのに、設備の不備などを理由に町教委が進学を認めなかったとして、車椅子生活を送る谷口明花さん(12)=同町在住=が入学を求めて起こした訴訟で、奈良地裁(一谷好文裁判長)は26日、町教委に対し、同校への入学を義務付ける仮決定を出した。谷口さん側の弁護士によると、中学入学を巡る仮決定は異例という。正式な入学を求めた訴訟は続いており、判決までの措置となる。

 一谷裁判長は「町教委の判断は著しく妥当性を欠き、特別支援教育の理念を没却する」と述べた。

 地裁の決定などによると、谷口さんは脳性まひのため、両足と右腕が不自由。手押しの車椅子で日常生活をしているが、字を書いたり、会話することに支障はなく、今年3月まで介助員2人の付き添いを受けて地元の小学校に通っていた。
 この町の教育委員会は一体何を教育と思っているのだろう.記事によれば,中学入学を拒否した理由として;
 同級生と一緒に町立下市中へ進学することを希望したが、町教委は「成長期で体重が増えるため、階段が多い下市中では、本人と介助員の命の保障ができない」などと入学を認めなかった。
ということが書かれている.バリアフリーを考えるよりも,事故でも起こしてくれては困る,と思ったというわけだ.そこには個人の才能を開花させようという思いはない.ただ,自分たちにとって都合の悪い存在は排除しようという考えしか無い.そういう風に感じる.
[PR]
by hiroi22 | 2009-06-27 22:12 | ずっと思う

「姑息な手段」ねぇ・・・

Excite エキサイト : 政治ニュース <安倍元首相>総裁選前倒しに反対 「麻生降ろし」をけん制
 自民党の安倍晋三元首相は21日、フジテレビの報道番組で「麻生太郎首相は辞める気持ちが全くない。総裁選を前倒しすることは国民に姑息(こそく)な手段だと見られる」と述べ、次期衆院選前に首相を交代させるべきではないとの認識を示した。麻生首相に近い立場から、党内にくすぶる「麻生降ろし」の動きをけん制する狙いがある。
 安倍元首相・・・・あれだけ無責任な行動をしておいて,まだ何かものを言おうとするのだからある意味スゴい.008.gif

 「姑息な手段」とまるで人ごとのように言うが,年金問題で内閣支持率が下がったと見るや,何の裏付けもなく「一年で5000万件の年金記録の照合を終えます」と”宣言”したことはお忘れか?思いっきり参議院選挙を引き延ばせば年金問題への関心が薄れ、投票率は低下すると,おバカな認識で選挙日程を決めたことはお忘れか?参議院選挙であれだけの惨敗を喫しながら「私たちの政策は支持されている」とのたまって,政権にしがみついたことはお忘れか?
[PR]
by hiroi22 | 2009-06-21 22:06 | じっと思う

はあ?「水際作戦」?

 豚インフルエンザ,swine fluで大騒ぎである.無論,不気味なインフルエンザには違いない.数日前,いつものように朝起きがけにベッドでiPhoneでインターネットラジオを聞いていると,「メキシコ市ですべての学校が閉鎖された.だけども,子供は公園で遊んでるけどね」みたいな英語のニュースが流れていた.そのときはこちらのヒヤリング力の貧弱さで,実際に何が起こっているのか分からなかった.ただ,メキシコ市で学校が閉鎖されるほどの何かが起きているんだなあと眠たい頭で思っていたに過ぎなかった.それがこの大騒ぎである.
 確かにメキシコの数字を見る限り感染者数に関して死亡者が多いように見える.さらにWHOもフェーズを5に上げたというので,いつも深刻なNHKの9時のニュースの男女ペアの顔がさらに深刻になってしまった.で,わがニッポンは「水際作戦」と称して,空港での検疫を強化している.まあ,その様子がこれでもかというくらいにニュースで流れている.しかし,これっていったい何だあ?と思うのは私だけか?
 この「水際作戦」とやらは航空機の乗客一人一人の体温など風邪の症状を見るというものらしい.私にはこんなものになんで「水際作戦」という仰々しい名前を付けるのかも分からない.そもそもほとんどすべての病気には潜伏期間というものがある.その潜伏期間中であれば,こんな検査は意味をなさないではないのか?おまけに,この病気は新種のウィルスである.従来の検査が有効という保証はどこにもない.やらないよりはマシではある.しかしこんなに仰々しいものか!?ああ,また政治家のパフォーマンスだろうね.
 そんなことを思っていたら,バイオの専門家からメールが来ていた.彼が言うには

・今回のウィルスの「毒性」(この言葉は噴飯するほどに曖昧だが,全身のどの程度の細胞で増殖しやすいか,各タンパク質の個人差にどれほど関わらずに増殖するかといった意味)については,まだわからないことが多い.
・いまNIH(NCBI)のサイトにウィルスのDNA配列が数十例だけ出されているが,だいぶこれまでのH1N1とは違っていて予測がつかない.

ということらしい.私も非専門家なので,彼の言うことはあんまり分からないが,彼が今回の「水際作戦」については

・swine flu用ではない、ただのA型感染検査キットで成田で「検疫?」しているのはザル.保菌者は指摘できずに、スルーパスさせている.これだけは確実.

やっぱりね.そうだろう.しかし「こんなアホなことに手間隙をかけ,しかもこれが通用すると思うのは能天気なことだ」とどうして専門家は誰も言わないのか?政治家が人気取りにはしゃいでいるからかぁ?
[PR]
by hiroi22 | 2009-04-30 23:31 | じっと思う

昭和を振り返ってしまった

 今日は「昭和の日」ということらしい.数年前までは「みどりの日」だったようだが,ある種の政治的理由で「昭和の日」ということになった.その理由はまあ懐古主義と言ってよいだろう.その前は「天皇誕生日」だったのだから,どんな人々がそれを望んだのかはおおよその察しはつく.その「昭和の日」にNHKで昭和を振り返る番組をやっていた.これがなかなか味わい深いものだった.
 普通,この手の番組は”昔を懐かしみましょう”みたいなprincipleで構成されることが多いように思う.今日見た番組もそんな香り・エンターテイメントとしての要素はにじませていたものの,作り手の哲学を感じさせる内容だった.まず,驚いたのは東京オリンピック以前の東京の街の汚さだ.ゴミは町中に溢れかえり,川は異臭を放っていた.これは実際に映像で見ると実感する.日本人が元来綺麗好きなんてのは真っ赤な嘘であった.むしろ経済の発展・先人の努力でここまでの町並みになったと言うべきなのだ.
 80年代の終わりに仕事で中国に滞在する機会があった.そのとき,中国の町のあまりの汚さに辟易し,帰国後年配の人にそのことを話したことがある.すると,その人が答えるに
「戦後すぐの日本もそんなもんだったよ.」
と言うのだ.私は戦後生まれで,そんな話は記憶にもないし,聞いたこともなかったので
「まさか,あそこまでヒドくはないでしょう」
と反論したのだが,今日の映像を見てその人の言ったことは正しかったのだと納得した.それほど説得力がある映像だった.
 また,番組は「砂川闘争」「安保闘争」と二つの昭和の大きな政治闘争にスポットを当てた.これも当時の「闘争」の映像とともに語られるので臨場感がある.警官隊・機動隊がデモ隊などを「取り締まる」映像が生々しい.これを見て,高校のときのある教師の言葉を思い出した.
「安保闘争のときはテレビが無抵抗な国民に対する警官隊・機動隊の暴力を全国に流し,それが国民の反感を呼んだ.しかし,今のテレビはそれを写さない.国家権力の暴力を訴えなくなった.」
というものだ.確かに警官隊が丸腰の学生や市民を警棒で殴る蹴るの暴行を加える映像が当時の映像でははっきりと見て取れた.「砂川闘争」では農民・支援者に対するこの暴力が国民の反感を買い,結局農民側の勝利で終わるのだが,おそらく権力側はこのことを教訓としてメディアに対する規制を強めたのだろう.しかし,ここではっきりしたのは,日本人は昔から「もの言わぬ羊」ということではなかったということだ.こんなことを思い出させる番組を「昭和の日」に流されたのでは「昭和の日」の命名を勝ち取った人々にとってはとても都合が悪いのに違いなのだけれどもね.
 そうそう,今日も映されていた池田勇人首相の
「所得倍増計画とは(所得の)高い人ではなく低い人を引き上げるものだ」
という言葉を記しておかねばならない.ふむ,昔はこういう姿勢もあったのである.
[PR]
by hiroi22 | 2009-04-29 22:11 | じっと思う

とりあえず関京戦と甲子園ボウルをNHKへ

 私はこれでもアメリカンフットボール,特に学生のアメリカンフットボールのファンである.今でこそ関東圏に住んでいて観戦の機会は激減しているが,かつて関西に在住していたときには,シーズンともなればスタジアムに足を運んだものである.今ではどうか知らないが,アメフトは当時は関西ではもっとも人気のあるアマチュアスポーツであった.観客数も多く,競技人口も多かった.ところが近年人気が低迷して,競技人口が減っているそうである.そのため,人気挽回の策として甲子園ボウルのオープン化が決まったと伝えられている.オープン化とは,つまり,これまで関西と関東の一部リーグの覇者で戦われていた甲子園ボウルを北海道,東北,北陸,中四国など全国の大学リーグの覇者のトーナメントの決勝として甲子園ボウルを開催するという案である.
 ずいぶんと乱暴な案である.なぜかと言うと,名古屋北陸以西では関西1部リーグ以外の中四国とかのリーグは2部リーグと位置づけられているからだ.つまり,これらのリーグの一位の選ばれたチームが関西1部リーグの入れ替え戦に出場資格を得るというシステムだったのだ.今度の案ではそれらの格下のチームが関西1部リーグの覇者と(同等ではないが)同じトーナメントにいきなり出場するのである.
 アメリカンフットボールは体力・戦術の総合力が問われるスポーツだ.また,防具をつけているとはいえ,激しいコンタクトがあり,危険なスポーツである.したがって,実力差が極端にあるチームの試合は大差になってつまらないし,選手にとって危険でもある.このオープン化が人気回復の起爆剤になるかどうかは分からないが,私はあまり賛成しない.
 人気回復のためには,個人的には,甲子園ボウルの中継をNHKに戻し,関京戦などの関西リーグの好カードをやはりNHKの全国放送で流す努力をすべきだと思う.甲子園ボウルはかつてはNHK(教育TV)が放映していたのだが,あるとき,スポンサーを得たためだろうが,民放に放映権が移ってしまった.するとどういうことが起こったか?フットボールの試合が得点シーンを中心としたダイジェストになってしまったのだ.アメフトというのは戦術が重要なのは先に述べたが,試合全体を通しての戦術,プレーが組まれている.したがって,得点というものにはそれに導く様々なプレーが存在する.それらを見なければ,本当に楽しんだとは言えない.むしろ底の浅い観戦になってしまい,弊害が多い.こういったプレーを見せるには完全中継しかない.これは民放には難しい.特に人気が低迷している現状では不可能である.甲子園ボウルを管轄している関西協会さんよ,放映権料は安いかも知れないが,長い目で見て希望のあるNHKに放送してもらうように働きかけなさい!
[PR]
by hiroi22 | 2009-04-27 23:46 | ずっと思う

彼の論評を聞きたかった

 いつものように帰りの電車の中でiPhoneでニュースを見ていた.突然,筑紫哲也さんの訃報が飛び込んできた.
Excite エキサイト : 社会ニュース:<訃報>筑紫哲也さん死去 TBSニュースキャスター
これには驚き,かつ悲しくなった.ガンということはもちろん知っていたが・・・

 何か大きなことが起こった時,よく彼の論を傾聴していた.時にはその論に賛成し,また別の時には手ぬるいと思ったこともある.しかし,信頼すべき論者であった.先ほどのニュース23で,鳥越俊太郎氏が
「彼の意見を聞くと,自分の位置がわかる.時には羅針盤になる人」
という表現をしていたが,なるほどと思う.昨日はアメリカ大統領選挙で歴史的な結果が起こった.彼は病床でそのことを知ったのだろうか.ブッシュからオバマへと変わったアメリカ大統領選挙について彼の論評を聞きたかったものだ.
 残念だけれど,彼のことは忘れないでおこうと思う.
[PR]
by hiroi22 | 2008-11-08 00:55 | じっと思う

「民間なら当たり前」となぜ言わぬ?

 先日TVのNHKのニュースで女性アナウンサーが「また,公務員の不正が明らかになりました.」ととても深刻な顔で話し始めたので, 「いったい何事か」と思ったら
「深夜タクシーで運転手から金品・ビールなどを受け取っていたことが発覚した.その額は・・・」
と言うものだった.
 正直言って,これを聞いて僕の頭は混乱した.状況が理解できなかったのだ.タクシーはもちろん乗ったことはあるが,たいていはワンメータそこそこしか乗らない.深夜の長距離利用などの経験は全くない.だからタクシーの運転手がビールを振る舞う,しかもタダで,ということがまったく理解不能だった.なぜそんなことをするのかと.そして,その理解できないことの一体どこが問題で,何ゆえ件の女性アナウンサーがそれほど深刻な顔になるのだろうかと思っていた.厳密に言えば,「公務員の倫理規定」とかいうものに違反するのかも知れない.しかし,たかがビールとおつまみ程度で「また,公務員の不正が明らかになりました.」とわざわざ言うほどのものなのか?それとも,それ以上の何か大きな不正があるのだろうか?
 このニュースが報道されて数日が経過し,多少は理解出来たが,本質的に僕の疑問は解けない.深夜まで残業して,これから長い時間をかけて自宅まで帰らなければならない.そんな時に乗り合わせたタクシーでビールをサービスされたら喜んでいただくだろう.少なくとも僕はそうである.このことを批判している人達がいるが,彼らはそういう状況でビールを敢然と断るのだろうか.当人が下戸でない限り,そんなことは僕には到底信じられない.自分のことは棚に上げて他人を批判するなんてことは僕にはできない.
 今度のことを「接待」または「賄賂」みたく言う人もいるが,これも理解できない.金権やビールをもらう代わりに,運賃を余計に払ったり,わざと高い料金のタクシーを使ったりしたのなら問題かも知れないが,今までの報道ではそのようなことは聞かない.つまり,ビールを飲んでも飲まなくても支払いは同じなのだろう.ならば,運転手がサービスしてくれるビールを受けて何が問題なのだろう?税金云々と言うが,差し出されたビールを税金で買ったわけでもあるまい.

 僕は「タクシーチケット」何ぞは使ったこともないし,お目にかかったこともない.ただし,いつだったか友人が「この間の飲み会の帰りにAさんの会社のタクシーチケットで一緒に送ろうかと言ってくれた.」と言う話を聞いて,なかなか便利なものなんだと思っていた.会社で使われているタクシーチケットがどれほど適正に使われているかは関知しないが,少なくとも深夜残業で疲れた体で乗り合わせたタクシーでビールを振る舞われたら,民間の皆さんは喜んでいただくのではないのか?ならばなぜ今回のことも「民間なら当たり前」となぜ言わぬ?それとも赤の他人がうまいことをしているのは許せない妬み嫉みか?
 残業が多くそんなにタクシーチケットを使うことが問題と言う意見もあるが,それはそれで問題が別だ.確かに伝えられる残業時間は異常だ.民間ならば労基局が適切に指導すべきものだ.
[PR]
by hiroi22 | 2008-06-07 01:28 | じっと思う

試合が始まる前にとりあえず書き留める

 今日はキリンカップサッカー,日本対コートジボワール戦が行なわれる.キリンカップは招待試合なので日本チームにとって有利な条件であることは毎年のことだが,今年はそれが特に強く感じられる.
 アフリカから遠来のコートジボワールは既に一昨日パラグアイとの試合を行ない,中1日おいての試合という強行スケジュールが組まれている.ホームである日本チームに初戦で勝たせたいという気持ちはわかるが,単なる親善試合で,これほどコンディションに差をつけるようなやり方は試合そのものの意味を失わせるのではないのか.しかもコートジボワールは主力の一部が不参加で,戦力的にBクラスと見られているのだ.
 僕は岡田ジャパンになって,日本チームは弱くなったと思っている.これは僕がオシムファンであるということを割り引いてでもである.チームとしての連動した動きは明らかに劣っている.チームとして動く指示はあるのかも知れないが,それが発揮されていない.他方,ジーコジャパンのように個人の突破力を前面に押し出しているのかというと,そういう人選でもないし,そのような戦術も見られない.結局のところ方向性が見えない.したがってワールドカップ予選も不安が一杯である.
 そういう観点から,今回のキリンカップは楽しみにしていた.チーム構成も一から練り直したようだし,岡田ニュージャパンの実力を見たいと思っていた.だが,上のような理由で少なくとも今晩の試合は評価の対象とはならないだろう.今回の本番は27日のパラグアイ戦ということになる.そこでどんなパフォーマンスを見せてくれるか見届けよう.
 もっとも,今晩のコートジボワール戦で苦戦したり引き分けたりしたら(負けはないだろうけど)大変だ.
[PR]
by hiroi22 | 2008-05-24 15:42 | じっと思う

人ごとではない,原発という爆弾を抱えた日本

 中国の今回の大地震には全く言葉もない.ニュースで見る状況は悲惨でこれからどれだけ被害者が増えるかもわからない.数万人以上の規模になることは間違いないだろう.被害に遭われた人達にはお見舞いの言葉をかけるしか今のところ術がない.今はメールというものがあるので,私も中国の知人にお見舞いのメールを送ったが,テレビで流される映像を見るとほんの気休めにしかならないと痛感する.これからどんどん悲惨な状況が明らかになるのではないだろうか.日本としてできるだけの援助をしたいものである.
 今回の地震は阪神淡路大地震の数十倍の規模であったという.地震国日本でも人ごとではない.これは個人的に備えが必要という意味もあるが,原発というやっかいなものを抱える国としての危機感もある.先だっての北陸での地震で柏崎原発が「想定外の揺れ」で大きなダメージを受けたことは記憶に新しいが,柏崎原発だけでなく地震列島日本には危険な原発が至る所にあるといっても過言ではない.もっとも問題なのは,柏崎原発と浜岡原発だろう.特に浜岡原発は想定される東海大地震の断層の上にあると聞く.仮に東海大地震で浜岡原発がポンとお釈迦になれば静岡名古屋は壊滅するのだろう.
 いったい原発というものは一旦大事故になれば,その被害はローカルなものでは収まらない.例えば,今回の中国の地震でも被害が震源地付近が深刻だが,その地域以外での被害は小さい.しかし,原発での大きな事故ともなればそうはいかない.その時の風向きにも依るが,百キロ程度の範囲であっという間に放射能被害が広がってしまう.しかも半減期が数千年数万年という単位の放射性元素による汚染である.広範囲に渡り末代までも被害が及ぶのである.
 原発というのはこういう大事故だけでなく廃棄物処理の問題も抱えている.たぶん,平時(?)にはこちらの方が問題として深刻だろう.いずれにせよ,こんなあぶない綱渡りをどうして続けるのか,私には理解できないのである.
[PR]
by hiroi22 | 2008-05-14 23:00 | ずっと思う

言論人の見識を示した「クローズアップ現代」

 このblogでも問題視した映画「靖国」の上映妨害問題.今日のNHK「クローズアップ現代」でも取り上げていた.冒頭,国谷裕子キャスターは

「いろいろな意見があるから公開して議論する.それが表現の自由だ」

と真正面からきっぱりと断言した.

すばらしい!カッコいいぃ〜

言論人として当然の見識かもしれない.しかし,かくも明確に述べられる人は尊敬に値する.彼女は続けて,このような妨害活動には「今の日本の社会の閉塞感を感じる」と表現した.また,ゲストの作家吉岡忍氏は「(いろいろな意見があるということを許さないというのは)文化の豊かさの危機」という趣旨の発言をしていた.これらの意見もまったく同感である.ただし,私は“文化の豊かさの危機”=日本の知的貧困と言い換えたい.
 番組では上映予定の映画館に対する様々な妨害・嫌がらせの実例が報告されていた.右翼街宣車による卑怯な嫌がらせ,迷惑電話とともに紹介された名古屋の映画館に抗議に訪れた男性の酷い話には怒りを通り越して笑ってしまった.
 その男性は映画「靖国」を上映予定の映画館の支配人を呼び出して,「靖国神社に行ったことがあるのか?」と問い,(反日として問題がある)映画の上映中止を迫ったそうである.しかし,その支配人が「あなたはこの映画を見たのか?」と尋ねると.「ない.」と答えたという.もうこの兄ちゃんは

天下太平,日本晴れのアホである

公開する映画の題材になった場所に行かねばならんのなら,映画の支配人は体が持たんだろう.批判するのは結構だが,自分で映画は見ていないという.もうメチャメチャである.理性も何もあったものではない.こういう状況をもって私は“日本の知的貧困”と言いたいのである.おヒマならこのblogでこの問題を取り上げたエントリー(↓)とそのコメントをご覧あれ.
日本を恥ずかしい国に貶める輩
寄せられたコメントは,訳の分からんアダルトサイトの宣伝以外は一切削除していない.はっきり言わせてもらえば,このエントリーに寄せられた一部のコメントに上の男性と同じ“日本の知的貧困”を私は感じてしまう.
 番組の最後で,この問題の契機となった週刊誌の記事と稲田朋美らの国会議員の活動を遠回しながら批判していた.公共放送としてはあまり厳しい言葉での批判は無理かも知れないが,それでも視聴者には十分この下品な週刊誌とアホな国会議員の実体は伝わったのではないだろうか.

 ところで,私も先日公開中の「靖国」を見に出かけたのである.しかし,「本日のチケットは完売しました」の貼紙にあえなく沈没.考えてみれば,人口1千万を越す東京の中でたった一つの映画館でしか公開されていないのだ.この現状では観賞は難しいだろう.いつか日をあらためてチャレンジはするけれども.....
[PR]
by hiroi22 | 2008-05-08 00:24 | ずっと思う

ブログパーツ

  • →:次の記事へ
  • ←:前の記事へ
  • Home:このページの先頭へ
  • End:最後の記事へ

最新のトラックバック

「オバマファクター」米国..
from 米流時評
シティバンク危機脱出!連..
from 米流時評
経済氷河期に春一番? C..
from 米流時評
警告!北朝鮮が即時臨戦態..
from 米流時評
作家フォーサイス 次の小..
from 米流時評
「事実は小説よりも奇なり..
from 米流時評
オバマのマンモス再生予算..
from 米流時評
ウォール街の真冬はいつま..
from 米流時評
ウォール街ブリザード!ダ..
from 米流時評
自由への厚い扉/エジプト..
from 米流時評

リンク

タグ

(119)
(60)
(49)
(45)
(45)
(39)
(32)
(26)
(26)
(24)
(16)
(15)
(14)
(12)
(10)
(9)
(8)
(8)
(5)
(2)

ライフログ


青の時代


オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える


風味絶佳


Antonio Carlos Jobim's Finest Hour


セゴビアの芸術

カテゴリ

全体
じっと思う
ずっと思う
Macintosh
iPhone

検索

以前の記事

2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧