ボーッと何かを・・・ 日々の考えの備忘録


by hiroi22

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

タグ:野球 ( 24 ) タグの人気記事

日韓戦の分析

 6−0で3試合目にしてようやく韓国に勝った日本だが、野球というものの勝ち方を知っていたのはどっちだったんだろう。
 野球というのは基本的に投手の力と打者の力との戦いだが、点を取るかどうかには両者の力の比のどこかに“分水嶺”があると思う。たとえばバッターの力が100、投手の力が200でまったく打てない状態であったとする(ちょうど今日の韓国打線と上原投手の関係)。しかし、投手の力が150ぐらいに落ちれば、点を取る可能性は高くなる。これは当然の話だが、プロの好打者・強打者が切れ目なく揃っている日本のようなチームでは、この変化が両者の比のどこかで劇的に上がると思う(ちょうど日本の7回の攻撃のように)。したがって、「平均的な力」のピッチャーを数多く揃えても失点は抑えられない。
 打撃陣が明らかに日本より劣る韓国の戦い方としては、とにかく日本打線を抑えられる投手を揃えて接戦に持ち込み、少ないチャンスを生かすというものだった。それは過去二戦、見事に成功したのだ。そして、この試合でも前半戦はこの戦い方は成功していた。そういう観点から見ると、この試合の日本の一番の殊勲者は、前半戦韓国打線に付け入る隙を与えなかった上原投手だろう。もし彼が前半戦1点でも先に相手に与えていれば、日本打線に妙な空気が流れて、どうなったかわからない。
 しかし、WBCの投手起用に関する制限は意味がよく分からない。今日の試合も韓国の2番手投手が(訳の分からない大会ルールで投げられない)ドジャースの朴投手だったなら、もっと試合がもつれたことだろう。

 余談だが、この試合はCS放送の英語音声で見たのだが(日本の民放のうるさい放送は嫌い)、向こうのアナウンサーが、どこで覚えたのか王監督をO-san(オーサン)と言っているのが面白かった。もちろん、向こうのコメンテイターも言っていたが、イチローの3番、福留の代打など、変更策(moveというらしい)が全て当たった、王監督も殊勲者だ。
[PR]
by hiroi22 | 2006-03-19 17:17 | じっと思う

あはは 準決勝進出だって(WBC)

  日本にぼろ負けしたメキシコがなんとアメリカを2−1で負かした。このおかげで、日本はメキシコ、アメリカと1勝2敗で並んだものの「失点率」で上回り(下回り?)準決勝進出が決まった。昨日はもうダメと思っていたのだが、棚からぼたもちとはこういうことである。笑うしかない。
 しかし、釈然としない。ほんとに喜んでよいのか?「失点率」とは全く変なルールだ。初めて聞いたぞ。この方式だと、同じ勝利でも5−2で勝つより失点の少ない2−1で勝つ方が有利になる。変な方式。どう考えても5−2の方が強い勝ち方ではないのか?しかも、今回の場合アメリカは日本に対しサヨナラ勝ちをしたので、サヨナラの時点でアメリカの攻撃はストップしている。サヨナラではなくイニングを3アウトまで終えていたらもっと日本が失点していたかも知れないのである(逆に押さえて日本の「失点率」が良くなった可能性もある)。誰が考えた方式か知らないが、説得力に欠けるね。コールドゲームのことでも配慮したのか?得失点差の方がまだ説得力があるだろう?
 ともかくも、これで準決勝の韓国戦はエラいことになって来た。「仏の顔も三度」というやつである。「もう負けられない」と緊張するか、「一度は死んだ身だ」と開き直るかで勝敗は左右されるだろう。あとは監督の采配次第。名前(=過去の実績)尊重主義の監督の考えに柔軟性がないのが心配だ。先発?当然松坂でしょう!

 この展開では、開催国のアメリカの関心はさらに下がるだろうし、WBCの大会としての権威にも疑問が投げかけられるだろう。今後も続けられるのだろうか、WBC。
[PR]
by hiroi22 | 2006-03-17 16:04 | じっと思う

勝負事ですからね

 WBCで韓国に負けた。1−2で惜敗。勝負事なので、片方が勝てばもう一方は負ける。当然と言えばそうだが、アジアでは日本野球がNo.1と信じ込んでいた人たち(私を含む)には理解し難い負けだった。
 ここで、疑問に思うのは藤川投手の起用だ。確かに彼は去年はすばらしい働きをしたが、それは(あえて言う)ルール違反の二段モーションでの成績だ。今シーズンは、投球フォームを変えて臨んでいる。つまり、今の藤川投手のフォームは実戦での実績はゼロに等しい。この件に関しては、結果論でなく人選または起用法が間違っていると思う。ルール云々のことで言えば、日本でしか使わない球、狭い球場はもうやめるべきだろう。また、夏の炎天下に高校生の若い投手に連投を強いる高校野球の日程も再考されるべきだろう。
 いずれにせよ、この現実を見せられると、「アジアでは日本野球がNo.1」というのももはや疑わしい。確たる根拠があるわけでもない。妙な思い込みは捨てて、この現実を直視することから出発すべきだろう。先日も書いたが、この敗戦が目先のことばかり考えている日本の野球界への警鐘となれば、そんなに悪い結果でもない。なかなか現状ではそれは期待出来ないのだが・・・・
[PR]
by hiroi22 | 2006-03-17 01:29 | じっと思う

野球とサッカー

 野球少年だった。炎天下甲子園を目指した頃もあった。だから野球は好きである。だけど、今の日本の「プロ野球」は心から好きにはなれない。
 昔は好んでプロ野球を見ていた。いつの頃からこんな気持ちになったんだろうと思い起こしてみた。J−リーグの登場だ。サッカーが野球に取って代わったわけではない。J−リーグとプロ野球の理念・姿勢の差を認識したのが原因だ。企業名をチーム名から外し、「地域密着」を掲げ、指導者育成・底辺の拡大など長いスパンで行動しているJ−リーグ。プロ野球は依然として企業のチームで、相変わらず目先のことばかり考えている。そして妙な「商業主義」がはびこっている。
 WBCも素直な気持ちで見れない。WBC自体に何となく割り切れないものを感じているからだ。今回の「誤審事件」も怪しげな商業主義の影を感じる。アメリカでの大会でアメリカ代表が決勝に出なければ意味がない、との判断がどこかで働いても不思議はあるまい。
 ついでに言えば、昔から私はTVのアナウンサーが興奮すると逆に醒めた気持ちになる。そういう意味ではバレーボールも全然ダメ。ああいう風に視聴者を煽らないと面白くない競技なのかと思ってしまう。サッカーでも時々うるさいのがいるが、それを批判するファンが大勢いる分まだ健全かな。
[PR]
by hiroi22 | 2006-03-14 00:59 | ずっと思う

ブログパーツ

  • →:次の記事へ
  • ←:前の記事へ
  • Home:このページの先頭へ
  • End:最後の記事へ

最新のトラックバック

「オバマファクター」米国..
from 米流時評
シティバンク危機脱出!連..
from 米流時評
経済氷河期に春一番? C..
from 米流時評
警告!北朝鮮が即時臨戦態..
from 米流時評
作家フォーサイス 次の小..
from 米流時評
「事実は小説よりも奇なり..
from 米流時評
オバマのマンモス再生予算..
from 米流時評
ウォール街の真冬はいつま..
from 米流時評
ウォール街ブリザード!ダ..
from 米流時評
自由への厚い扉/エジプト..
from 米流時評

リンク

タグ

(119)
(60)
(49)
(45)
(45)
(39)
(32)
(26)
(26)
(24)
(16)
(15)
(14)
(12)
(10)
(9)
(8)
(8)
(5)
(2)

ライフログ


青の時代


オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える


風味絶佳


Antonio Carlos Jobim's Finest Hour


セゴビアの芸術

カテゴリ

全体
じっと思う
ずっと思う
Macintosh
iPhone

検索

以前の記事

2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧