ボーッと何かを・・・ 日々の考えの備忘録


by hiroi22

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

タグ:社会 ( 39 ) タグの人気記事

日本を信じたい

 NHKでゴールデンタイムで社会問題化している派遣労働者の首切り問題を議論していた。その後の午後9時のニュースでもこのことを真っ先に取り上げていた。小泉竹中「改革」で押し進められた派遣労働者の拡大は新たな貧困層“ワーキングプア”を作り出したと批判を浴びたが、今や“ワーキング”すら出来ない状態に多くの人々が陥っている。これはもう悲惨としか言いようがない。その一方で--これは今日偶然にも知人と話題にしたのだが--サービス残業で過労死さえしかねない人々がいる。いったい、この滑稽なまでの労働の状況は一体なんなのだ!?確実に言えるのはこの日本の資本家の労働者に対する非人間的な扱いである。これはまるで社会主義の揺籃期の19世紀の資本主義に逆戻りだ。またそれを許してきた政治も厳しく批判されるべきである。まるで歴史に学んでいない。「派遣労働者問題」は、今日の問題を招いた責任問題も含めてマスコミなどで厳しく批判してほしい。というのは、こういう状況を見てかつての公害問題を思い出すからだ。
 20世紀後半の日本の高度経済成長の負の遺産として「公害問題」が大きく影を落としたことがある。きっかけは「水俣病」などだが、今日の「派遣労働者問題」のように企業が利潤のみを追求した挙げ句、人々が周りを見渡してみると日本の自然、日本の環境は大変なことになっていた。四日市をはじめとする工場地帯の海、都会の空気は汚染され。「田子ノ浦に打出て見れば..」と和歌に歌われた富士が見える美しい海はヘドロで埋め尽くされていたのだ。唱歌「ふるさと」にある「山は青きふるさと、水は清きふるさと」などは今や「公害列島」日本から消え去りつつあると言われたのである。
 あれから何十年か経った今では「公害問題」は大きく改善された。川には清流が戻った。あの当時腐臭、それも化学薬品かなにかの強烈な臭いで満ちていた大阪の神崎川も見違えるような川になった。都会の空気もかなりよくなったと言えよう。企業では公害防止に多大の費用をついやしたことだろう。その結果として企業活動は停滞したか?そんなことはあるまい。そもそも人々が快適に暮らせない社会において企業も何もあったものではない。経済活動が人間生活より優先されるのは本末転倒である。当時この公害問題は市民やマスコミから厳しく批判された。国と企業活動の両方に対してである。マスコミによる公害キャンペーンはかなり執拗で力強いものだったと記憶している。
 現在、曲がりなりにでも当時の状況から大きく改善されたのは、企業側の努力はもちろんだがこの社会を動かしたマスコミや市民の側の強い批判によるところが大きいと思う。私は昨今の「派遣労働者問題」にもこのようなことを期待したい。理不尽なこと非人間的なことはわれわれの社会を良くするものでは決してない。それをマスコミ・市民の側から告発すべきなのだ。そうすることで公害問題の時のように国や企業が動き事態が良くなる、われわれの社会はまだそれだけの知性はあると信じたい。
[PR]
by hiroi22 | 2008-12-16 00:21 | ずっと思う

あの喧噪はなんだったんだろう

今でも僕は思い出すのさ あのときのこと あの日の人

というのは、私の好きなフォークソング「まぼろしの翼とともに」の歌いだしだが、麻生内閣の惨状を見るにつけあの喧噪の自民党総裁選挙を思い出す。

いったいあのとき何人が立候補したんだろうか--もう覚えていない

いったいあのとき誰がどんな主張をしたんだろうか--もう覚えていない

あのとき麻生総裁誕生に熱狂した人々はいったい何に熱狂したんだろうか--私は知らない

麻生首相自身の数々の信じられない問題発言(あえて失言とはいわない)を聞けば支持率の低さもむべなるかなと思う。今回の支持率の低下について、記者の質問に「危機に対応すべくしっかりした政策を進めていかなければならない」と答えたそうだが、この期に及んでもまだそんなことを言っているとは議会制民主主義というものが何だか分かっていないと考えざるを得ない。この内閣発足のときの言を繰り返そう:
この種の議論をすると「政治空白を避けるために解散は避けるべきだ」という意見が出る。私に言わせればこの意見は欺瞞もいいところである。国民から真の付託を受けていない権力者が勝手にわれわれの税金を使い、その政策を押しつけるくらいならば、選挙のための政治空白など問題ではない。第一、選挙のための政治空白やらを恐れていては選挙など出来はしないではないか。

[PR]
by hiroi22 | 2008-12-08 22:43 | じっと思う

これほどわかりやすい自己保身もないなあ

 理性というものがあるならば,物事の道理は,たとえそれが自分にとって不利な場合でも,通さなければいけない.ただ自分の利益を得るためにその道理をないがしろにするならば,それは情けなくも身勝手な行為と言わねばならない.我が日本の宰相がその情けなくも身勝手な行為に出た.それも,「景気対策」という言いがかりをつけてである.
Excite エキサイト : 政治ニュース:解散見送り表明 首相、景気対策を優先
 麻生「首相」と言うが,実際にその権力基盤は国民の審判を仰いで得たものではない.したがって首相の座は全く民主主義のルールに則っていない.すみやかに解散して,その権力基盤を民主主義のルールから明らかにすべきなのだ.ところが麻生「首相」は総選挙は負け戦として解散を引き延ばす道を選んだ.つまりは腰抜けなのである.そのような状況で,麻生「首相」が「景気対策」と称して税金を好き勝手に使うことは許されない.しかもその「景気対策」とやらが選挙対策のバラマキのオンパレードなのだからあいた口がふさがらない.不当な権力にしがみついて解散時期を遅らせ,選挙対策のために血税を自分たちのために使うのだ.まったく見苦しい自己保身の姿である.いくら何でもこれはおかしいと思わないのだろうか,自民党の先生方よ!それぐらいの理性・判断力は皆さんお持ちではないのか?それともまたぞろ大臣病とかで物が言えないのか?だとしたら,そんなの政治家じゃありませんぜ!
[PR]
by hiroi22 | 2008-10-31 00:03 | じっと思う

これからもうちょっと考えまひょ--府民の皆様

 ちょっとテレビに出て面白いこと言うてはるからいうて、ちょっとハンサムで私のタイプやわぁやからいうて、それだけの理由で大阪府知事選挙に投票するのはやめてんか!そこのヒョウ柄のおばちゃん!あんたのことやで!

橋下知事「くそ教育委員会」 学テ公表問題で
 大阪府の橋下知事は7日、同府箕面市で地元FM局の公開生放送に出演。全国学力テストの結果公表に消極的な市町村教育委員会などを指して「くそ教育委員会が、みんな『発表しない』と言うんです」と発言した。集まった府民に公表の是非を問い掛け、拍手を受けたところで飛び出した。記者団に発言の真意を問われ「今の教育制度全体を指している。ずっと言っていることだ」と、問題ないとの認識を示した。
 FM放送ちゅう公共の電波を使て、自分の意見だけを一方的に言うわ、おまけに汚い言葉で罵るわ、まともな人間のやっとることとは思えまへん。こんなことさせる放送局も悪いわ。責任者出てこい。
もっとひどいのはこれですわ。
橋下知事「自主的に公表しないと予算つけぬ」 学力調査(朝日新聞)
 全国学力調査の結果を公表しない市町村教委には「予算で差をつける」方針を明らかにしている大阪府の橋下徹知事は8日、報道陣に対し、教委が情報公開請求により結果を開示したとしても、「自主的に公開したとみなさない。予算をつけるときは『非公開』と判断する」と話した。

 橋下知事は、府が年間30億円負担して維持する35人学級編成について、非公表の教委には来年度、予算をつけない意向を示している。今回の発言は、教委が情報公開請求を受け開示した場合について言及。「いやだいやだと言っていて、無理やり公表になったからといって、それは公表と判断しない」と述べた。

 ただ、記者から「中央集権的なやり方では」と質問されると、「予算執行をちらつかせてというのは、もしやり方がまずいというのなら考えます」と答え、方針の見直しにも含みを持たせた。

 言葉は悪いけど、簡単に言えば「俺の言うこときかんと、お前んとこぶち壊したるわぁ!」と言うてんねんやわ、この府知事さんは。こらもうヤクザと一緒ですわ。大阪府民の代表、大阪府庁のトップがヤクザまがいの人間に成り下がったちゅうことですわ。
くどいけど、もう一遍言わさして。
ちょっとテレビに出て面白いこと言うてはるからいうて、ちょっとハンサムで私のタイプやわぁやからいうて、それだけの理由で大阪府知事選挙に投票するのはやめてんか!

 横山ノックで懲りたはずやと思てたんやけど、甘かった?まさか今度は桂三枝やなんて言わんといてやぁ。
[PR]
by hiroi22 | 2008-09-09 00:10 | じっと思う

オーソライズされない“権力者”

 今の日本は一応「民主主義」ということになっている。つまり、政治は国民の意思によって決定されるというシステムである。その「国民の意思」は選挙を通して、それを確認することになっている。では、その意思を確認した前回の衆議院選挙とは何であったか?言うまでもなく2年前の小泉内閣での郵政民営化選挙である。そのときの結果がどうであれ、ともかく国民の意思決定はなされている。ただし小泉内閣とその当時に掲げる政策に対してである。ここでその選択の妥当性は問わない。ともかくも、当時の小泉内閣は国民から権力を付託されたといって良い。
 あれから2年が経った。しかし、時間は問題ではない。その中身である。内閣総理大臣は2回変わった。そして、今3人目が決まろうとしている。ところが、これらの「内閣総理大臣たち」およびその候補者の選択に対して「国民の意思」は全く示されていない。いや、正確に言えば昨年の参議院選挙で与党は惨敗を喫しているのである。したがって、制度上はともかく、民主主義の精神から見て、彼らが権力を行使する正当性は全くない。
 一昔前の自民党の愛すべき古狸の政治家たちはこういう時には「憲政の王道から解散すべきだ」と言った。「憲政の王道」とは時代がかったやや大げさな言葉である。古狸が好きな言い回しである。しかし、彼らの言わんとすることは正しい。国民の意思決定を経ずして得られる政治権力があるとすれば、それは独裁である。麻生だ小池だと名前は挙がっているが、彼らが自民党総裁選挙というものだけを経て総理大臣となり、そして2年前の彼ら自身の政策など一言たりとも口にしなかった選挙結果の上にあぐらをかいて、政治権力を行使しようと考えているのならば、彼らは民主主義の徒ではない。単なる権力主義の輩である。そうでないならば、直ちに衆議院を解散して民意を問わなければならない。
 この種の議論をすると「政治空白を避けるために解散は避けるべきだ」という意見が出る。私に言わせればこの意見は欺瞞もいいところである。国民から真の付託を受けていない権力者が勝手にわれわれの税金を使い、その政策を押しつけるくらいならば、選挙のための政治空白など問題ではない。第一、選挙のための政治空白やらを恐れていては選挙など出来はしないではないか。
[PR]
by hiroi22 | 2008-09-04 00:10 | ずっと思う

なぜ沈黙する「自己責任論者」たちよ

 私はもうそれは呆れるくらい生活力・たくましさに欠ける人間で,少し住環境,食環境が変わったところに行くとすぐに立ちいかなくなってしまう.だから,生活環境や文化の全く異なる海外へ渡って,ボランティア活動をしている人々には常々大きな尊敬の念を抱いている.特にイラクやアフガニスタンなど,身の危険さえある場所での活動に自ら進んで身を投じるという人々に対してはことさらだ.我が身の意気地なさと勇気のなさに恥じ入るばかりである.
 アフガニスタンで長年ボランティア活動をしてきた伊藤和也さんにも同じ思いを持っている.地元の人に慕われていた彼の捜索には,1000人以上の住民が進んで捜索活動をしたという.伊藤さんは,活動していたペシャワール会への入会動機に次のような言葉を残している(抜粋).
 私の現在の力量を判断すると、語学は、はっきりいってダメです。農業の分野に関しても、経験・知識ともに不足していることは否定できません。ただ私は、現地の人たちと一緒に成長していきたいと考えています。

 私が目指していること、アフガニスタンを本来あるべき緑豊かな国に、戻すことをお手伝いしたいということです。これは2年や3年で出来ることではありません。

 子どもたちが将来、食料のことで困ることのない環境に少しでも近づけることができるよう、力になれればと考えています。

 甘い考えかもしれないし、行ったとしても現地の厳しい環境に耐えられるのかどうかもわかりません。

 しかし、現地に行かなければ、何も始まらない。

 そう考えて、今回、日本人ワーカーを希望しました。
彼は不幸にして31年の短い生涯を閉じたのだが,私などよりもはるかに多くの人々を救ったのだと思う.彼のような若者の存在は,われわれの社会もまだ捨てたものではないということをあらためて認識させる.そして、何も出来ないわれわれは,せめて彼らのサポートをと思うのである.
 ここで私が忘れられない、決して忘れたくないのは,数年前イラクで同じようにボランティア活動をしていて人質になった人々に対する「自己責任論」をかざしての激しいバッシングである.イラクでストリートチルドレンの世話を献身的に行なっていた高遠菜穂子さんらの活動は,今回の伊藤さんの活動と何ら変わらぬ尊敬すべきものだ.当時私は、この激しいバッシングを見ていたたまれなくなり,「イラクで人質になった方々への敬意表明と激励の緊急アピール」というものに参加した.全くささやかな抵抗というべきものだったが...
 私は言いたい,当時あれほど高遠菜穂子さんらのバッシングを続けた読売新聞,週刊新潮,週刊文春よ,今回も沈黙せずに「自己責任論」をかざして伊藤さんや家族に対して激しいバッシングをするがよい.出来ないのならば、当時の自分たちの言説の誤りを認めなければならない.それをせずして沈黙することを卑怯と言う.
[PR]
by hiroi22 | 2008-08-30 14:21 | ずっと思う

レトリックの虚しさ

 オリックスの清原選手が「引退も視野に入れて」1軍復帰するという.

<オリックス>清原、引退も視野に 3日に2年ぶり1軍復帰

ここ2年間,野球選手として何も働いていないにもかかわらず1億5千万もの年俸をもらっている選手である.自分が支払っているわけではないからとやかくは言わないが,まあ日本球界というのは甘い世界である.いやいや,甘いのは球団だけではない.

2シーズンぶり1軍の打席 清原復帰、三振にも拍手
 プロ野球オリックスの清原和博内野手(40)が3日、昨年受けた2度の左ひざ手術を乗り越え、京セラドーム大阪で行われたソフトバンク15回戦の7回、代打で出場した。1軍戦出場は06年9月8日以来。同内野手の名前がコールされると、球場全体から大きな歓声が起こった。今でもプレーの際には、ひざの周辺に約1キロの器具を装着しなければならない。三振に打ち取られたが、スタンドからは大きな拍手を送られた。
代打で出てきて三振した1億5千万もの高給取りの選手に拍手をするファンも甘い.オリックスに限らず,若手からベテランまで揃っているチームということを考えれば彼のような存在にはもっと厳しい目が向けられるべきだ.

 最初に挙げた記事の中で、清原選手が面白いことを言っている.彼の考え方が見て取れる.
 「自分から話させてほしい」と切り出した清原内野手は、「以前のようなバッティング、プレーができるのか。無様な姿をさらけ出すかもしれない」と不安な胸の内を吐露。「このままの状態では、来年はグラウンドに立てないと思う」と悲壮感をあらわにした。
(中略)
――(背水で臨む)決意を家族に伝えたか。

 ◆やっぱり両親に伝えるのがつらかった。1軍復帰が決まり、先祖の墓参りに行った時に母親をおんぶしながら伝えた。(母親は)泣いていました。

 ――高校野球も始まった。壮絶な戦いが始まるのか。

 ◆それ以上の僕も経験したことがないような、23年間の最後の一番の壮絶な戦いが始まると思っている。
自ら切り出した話の内容は,私に言わせれば,自分で自分をドラマ化している,と思う.はっきり言って、私はこういうのはあまり好きではない.
 ドライな言い方をすれば,一人の選手が衰えて引退間近なだけである.無論,彼の個人的なファンの人達にはそれ以上の感慨があるだろう.しかし、野球ファンは彼の個人的ファンだけではない.したがって、上述のようなことをとうとうと述べるのはある種の思い上がりを私は感じる.

 野球というのは,ボールを投げてそれをバットで打って、走って得点を競うというものだ.速い球を投げる,ボールを強く上手く叩く.ただそれだけである.それをお金を払ったファンがどう感じるかはファン一人一人の問題である.それに対して選手の側が「23年間の最後の一番の壮絶な戦いが始まると思っている。」と言い放っても鼻白むだけである.選手のプレーをどう感じるかは見ている側の領分で,プレーする側が規定する話ではない.これは今開催されている高校野球でも同じで,高校生には「感動を与えるプレーをします」などと宣言して欲しくないのである.(一体いつからあんな言葉をいけしゃあしゃあと言うようになったんだろうか?)誰かが知恵をつけたのかも知れないが,変なレトリックは虚しい.
[PR]
by hiroi22 | 2008-08-04 00:24 | ずっと思う

やれやれ またパフォーマンスか

 小泉元首相の言動で味をしめたのかどうか知らないが,浅薄なスタンドプレーでもすれば人気がでるとでも思っているのだろうか.
「不服なら職かえて」 給与カットで橋下府知事
 大阪府庁で12日開かれた朝礼で、8月から職員の給与を16-4%カットする府の財政再建策に対し、男性職員が「士気が下がった」と猛反発。橋下徹知事が「私のやり方が合わないなら職をかえて」とやり返す一幕があった。朝礼には健康福祉部などに所属する46歳以上の約140人が任意で参加。知事は「団体交渉の場ではない。上司としてその言い方に注意する。民間では考えられない」と反論したという。
 財政が危機的な状況ならば,経費節減は必要だろう.大阪府のトップとして選挙で選ばれたのだから,その重責と信頼を感じて職務にあたることはよしとしよう.しかし「私のやり方が合わないなら職をかえて」という言はあるまい.気に入らぬものは出て行けと言わんばかりだ.「民間では考えられない」とのことだが,民間では社長の言うことしか聞かないイエスマンばかりを集めているとでも思っているのだろうか.大組織のトップならばトップにふさわしい言動があるだろう.
 言うまでもなく,大阪府は橋下知事が独裁者として君臨する団体でもないし,彼の私的企業でもない.これではそこらの居酒屋でクダを巻いている酔っぱらいのオヤジの論理である.また,いやしくも弁護士の肩書きがあるのならば,日本では公務員の労働三権が制限されていることも承知の上だろう.そういったことを考え合わせると,またぞろ人気取りのパフォーマンスを感じさせる今回の言動だ.
 私は橋下知事の政策に100%賛成ではないが,まったく認めないというわけでもない.しかし,大阪府の財政状況が深刻であるのならば,真摯に物事にあたり,このような薄っぺらなパフォーマンスはやめるべきだ.この程度のパフォーマンスで計算通り喜ぶような人達の方を向いて政治を語るべきではあるまい.
[PR]
by hiroi22 | 2008-06-12 23:16 | じっと思う

北欧に恋して

 日本は世界有数の経済大国という.世界で何番目かどうかそんな数字はこの際どうでもよい.この経済的“発展”は,戦後の焼け野原から懸命にこの国を建て直してきた人々の輝かしい成果だ.そしてその功績は勤勉さと高い教育水準にその主たる要因を求めることができるだろう.では,その経済発展は一体何のためだろう.エコノミックアニマルと蔑まれ,欧米の技術を盗んで改良しただけと非難されようが人々は汗水出して懸命に働いた.一体何のために?それはいうまでもなく幸福のためだ.GNP,GDPであるとか成長率といった数字を競ったわけではない.それは結果として後からついてきたものだ.
 では,その経済発展を遂げた結果,いったい我々はどういう状況にあるのか.一言で言えば,極めて貧しい.医療,社会福祉,教育.どれをとってもすべての国民が経済発展の恩恵を被っている状態とはとても言えない.何もない焼け野原から豊かな社会を目指して突き進み成功を収めたはずなのに,満足に医療が受けられないたくさんの人々がおり,明日の生活も見えない人々,授業料が払えずに学業を断念する若者が絶えないのはどういうことなのか?いったいどうしてこんなことになってしまったのか?われわれの先輩,そしてわれわれは一体どこで間違ったのだろうか?

 もう10年ほど前だが,北欧に短期間だが滞在したことがある.高福祉でどんな人も原則として手厚い保護が受けられる.そのためか,稀に昼間から酒をあおって町をうろつくお年寄りも見かけた.もちろん大多数の人達は勤勉であるが,当時の私は市中でアル中の人を見かけると,そういう人達さえもサポートする制度に疑問を抱いたこともある.しかし,今になって,ワーキング・プアという搾取される弱者が存在し,様々な形で弱者が切り捨てられ,そして社会全体がぎすぎすしたこの日本の現状を見ると,アル中の老人さえも許すその国の懐の深さ,社会の暖かさがうらやましいと思うようになった.
 当時ある町で,現地の人を奥さんにもらってそこで暮らしている日本人のおじさんと知り合いになった.その大きな自宅で話しているとき,彼が
「こんな小さな町でも自前のオーケストラを持っている.経済的な数字で見れば日本の方がずっと上かも知れないが,こんなことは日本の町では考えられないだろう.この文化的な豊かさの差をもっと考えなければいけない」
といった風なことを力説していた.
 ある調査では,国民の幸福度はデンマークが世界1だという.国民の全てが平等に高い教育と医療などの福祉を受けられる,100%とはいえないまでもそういう哲学で進んでいる国々が,夢物語,理想論ではなく,実際に存在するということだ.人々の能力・才能を開花させる制度に今の日本がなっているかというとまったくそうではあるまい.経済的弱者には勉学の機会は限られている.競争によって生き残ったものだけが利益を受ければよい,そういう社会は間違っていると思う.少なくとも目指した方向ではなかったはずだ.
[PR]
by hiroi22 | 2008-05-26 23:47 | じっと思う

ブログパーツ

  • →:次の記事へ
  • ←:前の記事へ
  • Home:このページの先頭へ
  • End:最後の記事へ

最新のトラックバック

「オバマファクター」米国..
from 米流時評
シティバンク危機脱出!連..
from 米流時評
経済氷河期に春一番? C..
from 米流時評
警告!北朝鮮が即時臨戦態..
from 米流時評
作家フォーサイス 次の小..
from 米流時評
「事実は小説よりも奇なり..
from 米流時評
オバマのマンモス再生予算..
from 米流時評
ウォール街の真冬はいつま..
from 米流時評
ウォール街ブリザード!ダ..
from 米流時評
自由への厚い扉/エジプト..
from 米流時評

リンク

タグ

(119)
(60)
(49)
(45)
(45)
(39)
(32)
(26)
(26)
(24)
(16)
(15)
(14)
(12)
(10)
(9)
(8)
(8)
(5)
(2)

ライフログ


青の時代


オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える


風味絶佳


Antonio Carlos Jobim's Finest Hour


セゴビアの芸術

カテゴリ

全体
じっと思う
ずっと思う
Macintosh
iPhone

検索

以前の記事

2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧