ボーッと何かを・・・ 日々の考えの備忘録


by hiroi22

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

タグ:日々 ( 45 ) タグの人気記事

甲子園ボウル

 今回は日曜日に行なわれた甲子園ボウルの感想である.でも,アメリカンフットボールに興味のある人向け.

 関学対日大の甲子園ボウルを見た.深夜枠で中継録画であったが眠気が吹っ飛んだ.まるでアニメを見ているような凄い試合だった.41−38の3点差で関学の勝利.しかし,試合を決めた最後の逆転タッチダウンは終了3秒前に決まっり,それも関学の第4ダウンの攻撃.現実にこんな試合になったことは,見ていなければウソだと思うだろう.

 始まる前から,「赤と青の対戦」ともてはやされた試合だった.赤=日大,青=関学.これまで嫌というほど甲子園ボウルの対戦があったが,ここ最近は日大が入れ替え戦の危機に陥るほどの不振で甲子園ボウルどころではなかった.今シーズンはその日大が名門を立て直して久々の対戦が実現したのだ.
 試合前はこの試合はそんなに期待はしていなかった.日大=故篠武監督のスパルタ練習というイメージでいけ好かないチームだったし,何より久々に甲子園ボウル登場ということで,実力的には関学が一枚上だと思っていたからだ.関学というのはアメリカンフットボールの作戦に長けた試合運びのうまいチームだ.甲子園ボウルで試合運びで実力以上の結果を出すことはあっても,自分より実力が下のチームに取りこぼしをするような試合にはならないだろうと思っていた.しかし,試合を見て驚いた.日大の守備ラインが凄い.大きくて速い.前半は予想に反して点が入らない.10−10で折り返した.

 両チームのフォーメーションはショットガンである.QBがセンターの5,6ヤード後方に位置することは両チームとも同じだが,RBの位置が少し違う.日大はRBがQBのさらに後方にセットする.関学はRBはQBの少しだけ後方にセットして,ほぼ並んでいると言ってもいい位置である.私は最近あまりアメリカンフットボール,特に学生のそれは見る機会がない.そのせいか,両チームのフォーメーションには少し驚いた.篠竹監督直伝のショットガンVともかけ離れている.
 ClassicalなIフォーメーションやTフォーメーションではFBのダイブプレーという武器がある.これが基本となって様々なランニングプレーが展開される.QBがスクリメージラインのはるか後方に位置するショットガンではこの武器が使えない.したがって守備側にランニングプレーをアジャストされやすいという欠点があった.過去ショットガンを使うチームは,ランニングプレーにおいてこの欠点をどう克服するかに腐心していたように思う.例えば,RBをQBとセンターの中間に置いて,センターからのダイレクトスナップでダイブプレーを行なうということもあった.ところがこの両チーム,特に日大のショットガンはこのクイックヒットによるランプレーはもう完全に放棄したフォーメーションだ.この点に関しては開き直っているといってもよいかもしれない.
 実際に展開されるランニングプレーでは,QBはRBに直接ハンドオフして走らせるという単純なものだったが,常にプレーアクションパスを警戒しなければならないということ,QBのフェイクの巧みさ,RBのスピードとオフェンスラインの能力で進んでいるように見えた.他方,このフォーメーションでオプションプレーは難しい.まあ,その裏のパスプレーがあるのだろうけれど,オプションプレーはあまり有効には見えなかった.個人的には,カレッジフットボールらしいオプションプレーや,ラン&シュートが好きなのだが,ともあれショットガンはショットガンで進化していることが見て取れた.

 試合の後半は点の取り合いになった.これは両チームのオフェンスが相手のデフェンスを分析して,後半にその弱点を突いたこともあろうが,デフェンスの疲労ということも大きかったと思う.QBが後方からパスを投げるショットガンでは,デフェンス,特にラインはQBに対してプレッシャーをかけることを毎回要求される.そのために通常のオフェンスのフォーメーションよりもさらに長い距離を突進する.これはかなりスタミナを使う守備になる.しかも,この試合はリーグ戦よりも長い1Q15分である.ただし,そういうことを考慮に入れても,日大のオフェンス人は最高のパフォーマンスを見せた.関学に10点差を付けられた直後のキックオフリターンでTDをあげたRB金(こん)のスピードには目を見張った.自陣奥深くからストリークに走るWR秋山への大胆な逆転TDパスは関学デフェンスの度肝を抜いたことだろう.また,最後のTDとなったリバースのトリックプレーは,これに引っかかった関学の守備としてはややお粗末の感を免れないが,スペシャルプレーとしてまんまと決まった.
 しかし,相手がこれだけのプレーをしても最後に勝ってしまうのが関学のいやらしく,かつフットボールをよく知っている戦い方といえるかもしれない.それを演出したQB三原の冷静なプレーぶりは驚嘆するしかない.こういう選手を信頼しての関学逆転のシナリオが書かれたのだろう.その信頼に応えるのもさすがである.

 とにかくよい試合を見せてくれた両チームの健闘を讃えたい.しかしTV局はいけない.深夜枠は諦めるとしても,得点シーンを中心に編集するというのはやめて欲しい.フットボールは作戦の競技である.得点できないシリーズにも意味がある.全プレーノーカットで放送して欲しい.なにしろ「毎日」甲子園ボウルなのであるから.もし,そういう放送が無理ならば,関西協会は放送権をNHKに戻すべきだ.
[PR]
by hiroi22 | 2007-12-19 01:03 | じっと思う

「スイカ一枚どこまでイコカ」

 今朝の朝日新聞「スイカ一枚どこまでイコカ」というICカード乗車券についての記事が載っていた.私は故あって最近スイカからPASMOに乗り換えたのだが,そのPASMOが先日訪れた関西のJRで使えないことを発見した.「スイカ=PASMO」と思い込んでいたので,これはちょっとショックだった.そんなことも手伝って,この記事は興味深く読んだ.
 販売枚数はスイカが断然トップなのは当然としても,今年の3月に発行されたPASMO(577万枚)が4年前に発行された関西のイコカ(327万枚)を上回っているのには驚いた.関東圏の市場の大きさ・勢いを示しているのだろうか.関西出身の私にはちょっと寂しい数字だ.ただし,今のところは汎用性という点では,PASMOよりもイコカの方が上回っている.
 そういう“実用的”な情報もさることながら,今や各地で発売されているこの手のカードのネーミングが面白い.関東圏のスイカとPASMO.ワタクシ的にはつまらんネーミングである.関西のイコカのインパクトの前には霞んでしまう.最近関西で発行されたカードは「PiTaPa」というが,これもイコカには負ける.JR東海のものはTOICA(=トイカ)というらしいが,これはSuicaに輪をかけてつまらん名前だ.一方JR九州のカードはスゴカ.これには笑ってしまった.座布団一枚あげたいくらいだが,少し考えると,ちょっと日常語的過ぎで使いにくい気もする.来年JR北海道で導入予定のカードはキタカ.う〜ん,ちょっと二番煎じの味で芸がないかな?
 こうして見ると最初のSuicaの名前が悪すぎるという感がある.(ライバルはいなかったのだからもっと大胆な名前でもよかったはずだ.)イコカのネーミングとの差に関東と関西の気質が現れているような気がする.ちょっとかしこまった関東.そういうお固い感じを嫌う関西.そういえば,初めて関東にやってきた頃,毎日のTV番組が「真面目」なのに違和感を持ったものだ.吉本新喜劇がないからというわけではない(それもあったが).何となく全体的なイメージがおとなしく窮屈で,予定調和に向かって進んでいるような気がしたのだ.そんな雰囲気がスイカというネーミングを呼んだのかも知れない.
[PR]
by hiroi22 | 2007-12-01 01:14 | ずっと思う

大阪の町で「武士道」を思う

 先週末から関西方面へ出張に出かけたのだが、そのついでに、ちょっとした物見遊山で大阪をブラブラしてみた。大阪というのは何も考えずに歩き回っても面白い町なのだけれど、今回は「大阪まちあるき」という音声ガイドのポッドキャストをiPodに入れて、それを聞きながら歩き回ってみた。「大阪まちあるき」の音声ガイドというのは、ホームページのPR文によれば、
「大阪まちあるき」音声観光ウォーキングは、音声ガイドプレーヤー(i Pod)に取り込んだ音声ガイドを聴きながら、大阪の観光スポット、歴史スポットなどを巡っていただき、大阪の魅力を再発見していただく、全く新しい「まちあるき」のシステムです。
というものである。現在、「レトロ中之島タイムトラベル」「真田幸村と大阪の陣」「上方落語の舞台を歩く」という3つのコースがある。
 今回は、「真田幸村と大阪の陣」のコースを回った with 博学の美人。上方講談四代目旭堂南陵の音声ガイドを聞きながらのまちめぐりである。途中でこの写真のような真田幸村の碑にも巡り合ったりして、歴史にはあまり詳しくない私には興味深いものだった。連れの博学の美人にはちょっともの足りない内容だったようだったけれど...。
d0007533_2285677.jpg

 このガイドで見て回るのは、「大阪冬の陣・夏の陣」にまつわる場所である。講談師旭堂南陵さんが語るお話には聞き入ってしまうのだが、よく考えると中身は戦、つまり殺し合いで、血なまぐさいことこの上ない。血を見ただけで卒倒しそうになる私には,実はものすごく気持ちの悪い話なのだ。いちおう,私のご先祖様は武士ということになっているので、生まれてくる時代を間違えていれば、私自身がとても情けないことになっていたはずだ。それはともかく、この血なまぐさい殺し合いをしていた武士の規範としてあったのが「武士道」というものだとしたら、「 なんだかなあ 」と思いながら私は歩いていた。
 真田幸村が生きていた戦国時代に「武士道」の考え方が完成したわけでもなく,武士の役割も時代とともに変化したことは知っているが、基本的には武士というものは主従関係を基に、主人が何かあれば自らの身を差し出すということを前提に成立つ身分だ。つまり,主人から領地などをもらう代わりに主人のために殺し合いをいとわぬという階級である。しかも初期の頃を除き、武士階級は何の生産力も持たない支配階級であった。そして男子のみの身分である。つまり,とっても特殊な立場にあるほんの一握りの人々からなる階級なのだ。
 世の中には「武士道」といったものをもてはやす人がいるけれども、こんな武士の状況を考えてみると、そんなにありがたがるものでもないと思うのだ。また,「武士道」というものを日本人の心に流れている通奏低音のように語る人もいるけれども、本当にそうなのかは怪しい。むろん,当時と今とでは社会通念も全く異なる。だから,当時の考え方としては何も批判すべきものではないが、歴史は歴史としてみればよいと思うのである。現代には現代にふさわしいものの捉え方があるはずだ。美人の連れが披露してくれた博識に上の空では決してなかったのだが、こんなことをそぞろ考えていた。

******************
 大阪のとある地下鉄の駅でこんな注意書きを見た。
d0007533_22211999.jpg

携帯用の防犯ブザーを駅が貸してくれるとは驚いた。大阪の町と人間は面白いと思うのだけれど、治安は予想以上に悪いようだ。
[PR]
by hiroi22 | 2007-11-23 23:17 | じっと思う

消費税についての覚え書き

 私は消費税なんてその存在そのものがトンデモナイと思っている。まして消費税増税なんぞは言語道断だ。ここで消費税の問題点について私なりの見解を記しておく。ただし、私は経済のことはまったく門外漢なので、頓珍漢なことを書く可能性もあることを断っておく。このblogは私の備忘録である。なあに、頓珍漢なことを書いた場合は、後で「あの時は何も知らなかった」と自分で反省すればよいのである。
[消費税の問題点]
1.益税である。売り上げが一定金額以下(現行では1000万円以下らしい)であればその事業者は消費税を納めなくてもよいのである。こんなとんでもないことがどうして許されるのか、私にはさっぱり理解できない。税金は国庫に対して支払っているので、商売人の財布を潤すために支払っているのではない。
 これに関してWikipediaは次のように書いている。
「売り上げが1000万円以下の事業者は消費税を納めなくていいのに、消費税を消費者から取っているのはずるい」というような言説がよくみられる。しかし、商品の仕入れ時に消費税がかかっており、仕入れ時の消費税額は、納税業者の場合は納める消費税額から差し引いている。非納税事業者の場合は自身で消費税を納める必要は無いものの、仕入れ時に消費税を支払っているため、消費者から消費税を受け取る必要があるのである。 例えば、本体8000円+消費税400円で仕入れて、本体10000円+消費税500円で売った場合、納税事業者が納める消費税額は500円-400円の100円である。一方、非納税事業者の場合、受け取った500円の消費税は納税しなくてもいいが、仕入れ時に400円の消費税を支払っているため、懐に入るのはまるまる500円ではなく、差額の100円が入ることになる。
ここで「400円だけ消費者から徴収すればよい」と言う者もいるが、
400円という徴収金額から顧客に仕入額を否応なく知らせなければならなくなる(通常は仕入額というのは商売上の秘密である事が多い)
遡って顧客に返金するにしても膨大な事務処理が必要となる(益税問題は、消費税納税事務の繁雑さを小規模事業者に課する事を避けるための免税措置により生じている為、本末転倒となる)
等から、非常に非現実的である。
益税そのものには大きな問題があるため時折社会的関心は集めたものの、現実的な解決案が無いために免税業者でも売価に対する消費税相当額を徴収せざるを得ない状況が続いている。
 この部分は誰が書いたか知らないが、500円とか100円とか少額の数字を持ち出して、いかにも些末な問題に見せようというあざとい書き方だ。しかも、突然「ここで『400円だけ消費者から徴収すればよい』と言う者もいるが、」と益税という問題から論点をずらしているのも狡猾だ。「仕入額は秘密」だとか「事務処理が煩雑になる」というのは、まるで答えになっていない。それに、なぜ1000万円より売り上げが多い事業者との差別がつくのか?財務省側に立った詭弁である。庶民、特に低所得者層や年金生活者は消費税によって苦しい生活を強いられているのである。それに対して、こんな馬鹿な制度はないし、この説明もまったくふざけたものだとしか言いようがない。
2.官僚の数字は信用できない。消費税増税を言い出すのは、財務省の役人を筆頭とする役人である。彼ら自身、あるいは彼らの後ろ盾を受けた政治家は、あの手この手を使って消費税増税の必要性を説得しようとしてくる。その説得の根拠となるのは各種のデータである。しかしである。今までお役所のデータ、説明なりがいい加減であったことが何度も繰り返されてきたではないか?お役所側は税金が多ければ多いほど都合が良いのである。彼らが自分の都合のいいデータのみ、あるいは一部を都合よく改変して説明していないとどうして言い切れようか。
3.政府は金持ち、大企業から税金を取らない。説明不要。だから消費税は反対である。
[PR]
by hiroi22 | 2007-11-14 00:42 | ずっと思う

日本のオジさんは大丈夫か?

 今日、帰りの電車の中で「何だかなあ」という3人のおじさんの姿を見てしまいました。
 一人目は、電車の中で下品なスポーツ新聞(東○スポーツ)に載っている、女性の下品な写真を堂々と広げて読んでいるおじさん。まあ、私も男ですから、そういう写真を見る気持ちは分かります。しかし、このおじさんは年格好から分別あることを期待されているお方のようです。そうだとしたら、この態度何とかならないでしょうか。二人目は、つり革につかまっている時に斜め前に立って本を読んでいたおじさん。後ろからなので、顔は見えませんでしたが、中年のおじさん。しかも、持っている鞄が立派なものでしたので、会社でもそれなりの地位の方と見えました。で、その読んでいる本が目に入ってきて、読むともなしに眺めて仰天。後ろからなのでタイトルや著者はわかりませんでしたが、ハードカバーの単行本で、その主題はどうも日本とアメリカの関係についてのようです。ところが書いてある内容がトンデモナイ。
”原爆を落とされたことによって日本が利益を得た”(はあぁ?)
とか
“本土決戦を準備していた日本が、原爆投下によってやむを得ずポツダム宣言を受入れた。そのことで、本土決戦に臨まなかったアメリカは助かった。(だから日本はアメリカに恩を売った。どうだ、えっへん!)”(はあぁ?)
といったような「アホかいな」ということが書いてあります。ところが、このおじさんは脇目もふらずに一心不乱にこの本を読んでいます。その姿を見て、この本を取り上げて窓から捨ててやろうかなと一瞬思ってしまいました。それほどアホな本でした。職場では、きっと分別のある考え方をしていると思うのですが、どうしてこうなっちゃうんでしょうか。三人目は、そのそばに立っていたおじさん。満員電車の中で競馬週刊誌を熱心に読んでおられました。はあ〜、そうですか。競馬週刊誌ねー。普段ならばどうということもない光景ですが、前二者を見たので「あなたもですか」という心境になりました。
 そんな気落ちした私にとどめを刺したのが、テレビで見たこのニュースでした。
Excite エキサイト : 政治ニュース:12年間でゴルフ200回超 「不適切行為」と守屋前次官
 これだけ接待を受け、しかも接待した方が莫大な利益を上げている事実があります。にもかかわらず、
便宜を図ったことは「一切ない」と否定した。
とは!こんなことでは子供もだませません。
 「近頃の若いものは...」というのは、年寄りの万国共通の口癖ですが、まったく、そんなことは口が裂けても言えないような、本日の日本のおじさんたちの醜態でした。
[PR]
by hiroi22 | 2007-10-30 00:22 | じっと思う

ブログパーツ

  • →:次の記事へ
  • ←:前の記事へ
  • Home:このページの先頭へ
  • End:最後の記事へ

最新のトラックバック

「オバマファクター」米国..
from 米流時評
シティバンク危機脱出!連..
from 米流時評
経済氷河期に春一番? C..
from 米流時評
警告!北朝鮮が即時臨戦態..
from 米流時評
作家フォーサイス 次の小..
from 米流時評
「事実は小説よりも奇なり..
from 米流時評
オバマのマンモス再生予算..
from 米流時評
ウォール街の真冬はいつま..
from 米流時評
ウォール街ブリザード!ダ..
from 米流時評
自由への厚い扉/エジプト..
from 米流時評

リンク

タグ

(119)
(60)
(49)
(45)
(45)
(39)
(32)
(26)
(26)
(24)
(16)
(15)
(14)
(12)
(10)
(9)
(8)
(8)
(5)
(2)

ライフログ


青の時代


オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える


風味絶佳


Antonio Carlos Jobim's Finest Hour


セゴビアの芸術

カテゴリ

全体
じっと思う
ずっと思う
Macintosh
iPhone

検索

以前の記事

2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧