ボーッと何かを・・・ 日々の考えの備忘録


by hiroi22

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

タグ:新聞記事 ( 119 ) タグの人気記事

いささか とうが立った話だけれど

 今更麻生首相の言動に何か非難めいたことを書いてもむなしいだけだし、何も期待できないこの人に思いめぐらすのは時間の無駄というものだけれども、かつてはこんな人もいたんだという記録のために書いておこうと思う。

 麻生首相がブッシュ政権の北朝鮮に対する政策に不満をワシントン・ポストのインタビューで漏らしたそうである。
<麻生首相>北朝鮮核でブッシュ前米政権に不満…米WP紙
 【ワシントン及川正也】米紙ワシントン・ポストは25日、先に訪米した麻生太郎首相とのインタビュー記事を掲載した。首相は北朝鮮の核問題をめぐるブッシュ前米政権の対応について「検証問題で少しあいまいな文言にしようとする傾向があった」と述べ、前政権の方針に不満だったことを明らかにした。

 日本政府はブッシュ前政権が核検証で焦点のサンプル(試料)採取を一時、北朝鮮との「口頭合意」にとどめたことなどに懸念を示していたが、前政権とはいえ、首相が公に米国の外交方針に不満を表明するのは異例。一方、オバマ政権については「クリントン国務長官が検証可能な査察の重要性を明確にしている」と歓迎の意向を示した。

 また、北朝鮮のミサイル発射準備とみられる動きについて「(発射した場合には)国連安保理が直ちに対応をとることが重要だ」と述べた。
ブッシュ政権の政策に不満だったと言うが、言っている本人はそのブッシュ政権時代、安倍内閣で日本の外務大臣を務めたその人だろう。その時にはへいこら尻尾を振っておいて、ブッシュがいなくなった今になって不満を漏らし、現政権を持ち上げる。どこの会社でもいるんだろうな、こういう人。上司におべっかを使っているけど、その上司が左遷でもされて、その後釜が入ってきたとたんに前の上司の悪口を言って、新しい上司は持ち上げる。そういう人は陰口の対象にはなっても尊敬はされない。ましてや一国の宰相の取るべき態度ではあるまい。一言でいえば男らしくない。

 もう一つは先日、麻生首相が「日教組と戦う」とか勇ましく講演をしたそうだが、例によって深く考えずに勇ましく拳を上げたものだから後になって弁明に追われて大変恥ずかしい姿になったというお話。
首相VS記者団:教科書“政治介入”、「そういう意味ではありません」 2月23日午後7時2分~(毎日新聞)
その情けないやり取りを抜粋しよう。
Q:朝日新聞です。総理は昨日の青森の講演で、我々はいい加減な教科書を変えた、というような発言をされたと思うんですが。政治の力で内容を変えさせたとも受け止められる発言なんですけれども検定制度の趣旨からして、政治的介入はあってはならないと思うのですが。

A:それは当然ですよ。それは当然です。教科書検定っていう制度がありますんで、それによって。確かあれはペットを家族の一員というような話だったんじゃないすかね、あれは。それはちょっと違うんじゃないかということで、あれは検定に関して、ペットに対する表現は変えた、たぶんその例だったと思いますけどね。私の記憶です。

Q:教科書を変えさせたということについては。

A:いや、変えた。いや変えさせたと言ったのか知りませんけど。あれは教科書検定、検定委員会だったっけな。教科書検定委員会が変える、ここが責任です。

(中略)

Q:今の件ですけれども、変えさせたということは、言葉通り聞くと政治介入をしたという風にしか受け取れないんですけれども。

A:そういう意味ではありません。教科書検定、え、なんだったっけ。検定委員会だっけ。検定委員会が変える。そこが、責任を持って変えるということです。
 麻生太郎のしどろもどろの状態が目に浮かぶようなやり取りである。で、本人は実際に何を言ったか?ありがたいことに東奥日報が全文を掲載してくれている。それによれば当該箇所は次の通り。
教育基本法の話でも、また、今のソマリアの話1つにしてもちゃんとまとまって答えてくれない。そいういった所は、われわれにとってあのいい加減な教科書をわれわれは教育基本法を変えてあのいいかげんな教科書を変えました。覚えていない人もいるかもしれませんが、おじいちゃんとおばあちゃんと一緒の写真、こちらは犬と子供と一緒の写真で、両方家族ですと。うまいように書いてあるように見えるでしょう。犬と子供もおじいちゃんとおばあちゃんも一緒の扱い。おばあちゃんは犬と同じか、こんなふざけた話がどこにあるのか、と言って当時やりあったことがあります。相手はご存じ日教組です。
 「検定委員会」の「け」の字も出てこない。それどころか「教科書を変えた」と自慢しているのである。
 勇ましい話も結構である。しかし後で言い訳をするようなミットモナイことになるのなら、あるいは抗弁する度胸もないのなら初めから止めとけと言いたい。上の話で看破出来ないことがもう一つある。麻生太郎は犬を家族の写真から外したことを自慢している。なぜ愛犬を家族として認めてはいけないのか?「おじいちゃんとおばあちゃんと一緒の写真」を愛犬と一緒の写真と並べたら「おばあちゃんは犬と同じか、こんなふざけた話」にどうしてなるのか?愛犬を家族と思うのが日教組の考え方でおかしいというのならば、全国の愛犬家そして愛猫家は皆日教組を支持するだろう。

 初めに書いたように、こんなことを書くのはむなしいし時間の無駄なだけなんだけど・・・
[PR]
by hiroi22 | 2009-03-03 01:10 | じっと思う

もう何でもいいからさっさと総辞職して!

 カラスの鳴かぬ日はあっても麻生内閣の呆れたニュースを聞かぬ日はない。

「百年に一度の非常事態だ」と宣う割には、経済政策の要たる財務大臣がほとんど人事不省の状態でインタビューに臨んで国際的失笑を買って、日本中を呆れさせて、誰しも「こんな大臣はダメだ」と思ったところが、なんと
17日にも財務相問責提出 首相は続投を指示
麻生太郎首相は16日夜、中川氏に「体調を管理して職務に専念してほしい」と続投を指示。
 はあ?なに?”続投を指示”だってぇ〜?

 悪いけどさあ〜 キミタチ二人とももう終わってるわ〜 解散総選挙をする勇気がないんなら、もうさっさと総辞職して辞めてくんない?それが国益のためだからさあ〜
[PR]
by hiroi22 | 2009-02-16 22:34 | じっと思う

造反?そんな根性あるわけないやん

 わが偉大なる宰相様は元首相を「奇人・変人」、「非常識」と断定するという極めて”常識的な”国会答弁で驚き呆れさせてくれたが、その答弁に名指しされた元首相がブチ切れ、まったく政府与党の政権運営はどうしようもない状況である。とてもじゃないが我ら国民の大事な税金を使って国家大計を任せられるオッサン・オバハン集団ではない。こんな内閣はとっとと引き払ってもらいたい。安倍内閣も相当酷いオッサン・オバハン集団だったが麻生内閣も負けていない。
 一部では、今回の小泉元首相の定額給付金の再可決に関する発言で、自民党の中で造反が起きるのではないかという観測があるようだが、1小市民の立場でいえば、冗談ではない、そんな根性が今の自民党の議員の中にあるわけがない、と言いたい。今の自民党の議員のセンセイの頭にあるのは、
今度の選挙で議席を減らすのは明らかである。何十人も落選する。自分はその落選組に入りたくはない。少なくともそんな事態は出来るだけ先に延ばしたい。
という自己保身の気持ちで一杯なのだ。すべての行動原理はそこにある。だからその政策・能力は放っておいて、ただ「国民に人気があるだろう」といういい加減な未確認情報だけで安倍、麻生を選んでしまったのだ。それがこのていたらくを招いたのだが、それについても反省の声は一切ない。「反省」だけなら猿でもするのだが。そんなセンセイ方が定額給付金の再可決に臨んで造反などしないね。腐りつつある木でも寄らば大樹という気持ちが先に立つ。砂漠に水を撒く、焼け石に水のような定額給付金と分かっていても、声を上げて反対するような根性などあるわけないやん。
[PR]
by hiroi22 | 2009-02-15 17:56 | じっと思う

アホらしく やがて悲しき 日本かな

「しかし、小泉内閣の一員として最終的に賛成した。(旧郵政省を管轄する)総務相だったんだけど、私は反対だと分かったので、郵政民営化担当ははずされた。ぬれぎぬをかぶされるとオレもはなはだおもしろくない」
 これが我ら日本国臣民が首相として戴く人物の公の場、国会での言葉である。ご立派なほどアホらしすぎて言葉も出ない。場末の居酒屋で酔っぱらってクダを巻く冴えないオヤジの愚痴と間違えてしまうほどだ。
 国会議員としてのそれぞれの考え方はあってよい。しかし先の衆議院選挙の争点として戦われて、ともかくも支持が得られた政策に対する行政府の長としての発言としては全く適格性を欠くものだ。ましてや本人は内閣総理大臣として解散権を有し、自らの政策を国民に問う権利を持っているのである。国会の場でぐだぐだボヤクくらいなら、自らの見識を明らかにしてさっさと解散してみればよいのだ。ところが自己保身が先にたち、そんな度胸もない。つまりは腰抜けなのである(これほどわかりやすい自己保身もないなあ)。

 今回の発言にはさすがに与党からも批判の声が大きく上がっているようだが、それでもまだ手ぬるい。自ら選んだ総理総裁だ。不適格ならばなぜ辞めさせようという声が上がらないのだ?それともまだこの内閣を支持して衆議院での3分の2可決に賛成して協力するつもりか?これは隣町の町会長の話ではない。国民の血税によって成り立ち、その権力を付託されている国政の話である。アメリカのオバマ大統領のような無い物ねだりはやめるにしても、どうして普通の良識を持ったリーダーが選ばれないのか。
こんな悲しい日本がいつまで続くのだろう・・・
[PR]
by hiroi22 | 2009-02-07 13:48 | じっと思う

坂本さんたちがアホなことをやらかしました

 たまたまなんだけど、二人の坂本さんがアホなことをやらかしました。一人は言わずと知れた坂本政務官。首を切られて行き場をなくし、師走の寒空の公園でテント暮らしを余儀なくされている人々を見て;
「本当に働こうとしている人か」
ってさ。口をあんぐり。
坂本政務官「深くおわびしたい」 失業者めぐる発言を撤回、謝罪
 坂本哲志総務政務官は6日午前に総務省で記者会見し、東京・日比谷公園の「年越し派遣村」に集まった失業者らをめぐり「本当に働こうとしている人か」とした自らの発言について「関係者に迷惑をかけた。発言を撤回して深くおわびしたい」と謝罪した。責任の取り方については「地方をもっと活性化させる意味で職責を全うしたい」と述べ、辞任を否定。発言に関しては、激励の電話があったとも強調した。
トンデモ発言で開き直った中山某よりはマシかもしれないが、謝罪しておきながら「発言に関しては、激励の電話があったとも強調した。」とは往生際が悪い。こんな発言を支持するのはまともな判断力・人間性の持ち主じゃなく、おバカなネット右翼風情しかいないのがわからないのだろうか。いろんな意味で愚かじゃのう・・・・

 二人目の坂本さんは「大」産経新聞のローマ特派員の坂本鉄男記者。彼が新年早々発信したイタリアからのコラムでの主題がなんと
日本人はイタリア人より怠け者(!?)
してその理由が
イタリアに比べ日本は祝日が多いから(!?)
 アホだね〜(^_^) 実をいうとこの記事のことはdj19さんのblog(↓)
産経の坂本鉄男記者の外信コラムがひどい
で知った。この記事の突っ込みどころはdj19さんのblogを見て欲しいが、しかしまあこの坂本記者はローマ特派員として一体何を見聞してきたのだろうかと思ってしまう。また、こんなアホな記事を公然と掲載する産経の編集者も編集者だ。朝日新聞ならこんなことはあるまい。これが入社試験における朝日と産経の偏差値の差だとしたら、おじさんはとても悲しいぞ。
[PR]
by hiroi22 | 2009-01-07 00:06 | じっと思う

最近の鳩山由紀夫は冴えてるなあ

 民主党の鳩山由紀夫幹事長といえばどうも滑舌が悪く,そのせいか演説もなまぬるいという印象を持っていたのだけれど,近頃はなかなか面白い.先日笑ってしまったのは「定額給付金」についての麻生内閣の迷走ぶりを
二転三転四転五転六転七転八倒だ
と述べたことだ.なかなかうまいことを言う.今年の流行語大賞にいかがでしょうか (^_^)(右翼な人達が触れて欲しくない過去参照)
最近も相変わらずなかなか冴えているようだ.
Excite エキサイト : 政治ニュース:<全国町村長大会>定額給付金巡り不満噴出 首相にやじも
 一方、首相の退席後にあいさつした鳩山氏は、定額給付金の担当閣僚である弟の鳩山邦夫総務相を引き合いに出して「兄弟がますます仲良くなった。釈然としない思いを共有しているからだ」などと給付金批判を連発し、会場をわかせた。
 さらに、首相が「頻繁(ひんぱん)」を「はんざつ」と読み違えたことに引っかけて、鳩山氏が「市町村の事務量がひんぱんじゃなく、煩雑(はんざつ)になる」と述べると、町村長らは爆笑。給付金に充てる2兆円を全市町村に10億円ずつ支給するよう最後に提案し、大きな拍手を浴びた。
 もう誰もが認めるように与党が選挙目当てに考えたのが「定額給付金」.税金を使った選挙対策でとんでもないものだが,アホな首相がぐずぐずしているものだから勝機を失い&正気を失い,もはや選挙対策の意味は薄れ,いったい何がやりたいのかわからない状況になっている.そんな「お上」の不手際のとばっちりを食らった全国町村長大会のお歴々のやるせなさもわかろうかというものだ.
 こういう状況でも相変わらず内閣を擁護するblog群も痛々しいが,漢字の読み違えだけでなくあらゆることを「読み違えている」我が宰相の惨状を考えると笑ってばかりもいられず
 やがて悲しき鳩山由紀夫の皮肉 
と感じざるを得んのです(sigh).
[PR]
by hiroi22 | 2008-11-26 22:57 | じっと思う

これほどわかりやすい自己保身もないなあ

 理性というものがあるならば,物事の道理は,たとえそれが自分にとって不利な場合でも,通さなければいけない.ただ自分の利益を得るためにその道理をないがしろにするならば,それは情けなくも身勝手な行為と言わねばならない.我が日本の宰相がその情けなくも身勝手な行為に出た.それも,「景気対策」という言いがかりをつけてである.
Excite エキサイト : 政治ニュース:解散見送り表明 首相、景気対策を優先
 麻生「首相」と言うが,実際にその権力基盤は国民の審判を仰いで得たものではない.したがって首相の座は全く民主主義のルールに則っていない.すみやかに解散して,その権力基盤を民主主義のルールから明らかにすべきなのだ.ところが麻生「首相」は総選挙は負け戦として解散を引き延ばす道を選んだ.つまりは腰抜けなのである.そのような状況で,麻生「首相」が「景気対策」と称して税金を好き勝手に使うことは許されない.しかもその「景気対策」とやらが選挙対策のバラマキのオンパレードなのだからあいた口がふさがらない.不当な権力にしがみついて解散時期を遅らせ,選挙対策のために血税を自分たちのために使うのだ.まったく見苦しい自己保身の姿である.いくら何でもこれはおかしいと思わないのだろうか,自民党の先生方よ!それぐらいの理性・判断力は皆さんお持ちではないのか?それともまたぞろ大臣病とかで物が言えないのか?だとしたら,そんなの政治家じゃありませんぜ!
[PR]
by hiroi22 | 2008-10-31 00:03 | じっと思う

久々に切れました

 このblogは特に政治のみを語るものでもない.その時々に自分が考えたことを書き綴っている.したがって橋下大阪府知事のみを特に狙い撃ちして批判するということでもない.しかし,これには怒りが込み上げて来た.↓

橋下知事、高校生と熱く議論 財政難訴え「皆で我慢を」(朝日新聞)
橋下知事「日本は自己責任が原則」…私学助成の不安を訴える女子高生を泣かす (dj19の日記)
橋下氏、教育でも新自由主義の権化 (Afternoon Cafe)

「お金のない家庭の子供は教育を受けなくてよろしい.さっさと就職なり,定時制でも行けばよろしい.貧乏人は我慢せよ.」
というご意見だそうです,この知事さんは.「教育立国」とか「教育は国家百年の計」といった言葉が虚しく響きます.
 いったいわれわれの社会が,曲がりなりにも先進国として通用しているのは,子供には真っ当な教育を受けさせたいという人々と,その思いを支えようとして来た社会の力ではないのでしょうか.確かに,過去日本が貧しい時代には家庭の貧しさゆえ学業をあきらめた人々は数多くいたことでしょう.それは貧しい国の悲劇だったといえます.しかし,この現代日本でそんなことは許容する発言をするとはなんという政治家なんでしょう.一介の政治家ではありません,大阪府という行政のトップなのです.彼は教育ということは何にもわかっていません.政治家失格です.
 朝日新聞が伝えたこの言葉もヒドイものです.
 また、無駄な道路整備などでなく教育に税金を回すべきだという女子生徒の話には、知事は腕を組んで聴き入り、「あなたが政治家になって変えればいい」。女子生徒が「それじゃ遅いんですよ」と涙をみせても、「必要か不必要かは最終的に政治判断」と返した。

高校生に対してのこの言動は人間としても軽蔑すべきものです.大阪府民はとんでもない人間をとんでもない役職につけてしまいました.自業自得というにはあまりに悲惨な事態というべきでしょう.

 そういえば,橋下知事の出身大学の早稲田大学は国から多額の私学助成をいただいています.彼は在学中は,もちろん助成を拒否して人より高い学費を支払っていたんでしょうね.
[PR]
by hiroi22 | 2008-10-26 20:53 | じっと思う

朝日新聞の社説もこれで本望だろう

Excite エキサイト : 社会ニュース:<橋下知事>「朝日は人の悪口ばかり」 陸自の祝辞で批判

 当たり前なんだけど,人には立場というものがあり役割・責任がそれによって異なるんである.数百万の府民が住む大阪府の行政のトップとして権力と責任を持つ人間は,飲み屋でクダを巻いて不平不満をまき散らしている鼻つまみのオヤジや,見識のないネット右翼ではありませ〜ん.いい年をした大人ならそんなことはわかっていると思っていたけど,ここにいましたそんなことも分からない人が.しかも,それは天下の大阪府知事でござ〜い.
 とか何とか,こんな風に書いてしまうと,またぞろ「あなたの様に面白可笑しく、引き合いに出されるのは屈辱です。」なんてお叱りをうけそうですけど,あまりにアホらしくて真面目に相手をしたくないんですわ.
 大阪府の橋下徹知事は19日、兵庫県伊丹市の陸上自衛隊伊丹駐屯地であった記念行事に参加し、祝辞の中で「人の悪口ばかり言う朝日新聞のような大人が増えれば、日本は駄目になる」と述べた。その後視察した同府島本町のウイスキー蒸留所で、報道陣に対し、朝日新聞3日付朝刊の社説「弁護士資格を返上しては」への批判だったと説明。「一線を越えたからかい半分の批判であり、たいへんな怒りを感じている」と不快感を示した。
 とまあ,こういう記事でありますが,ホントに突っ込みどころ満載の発言です.突っ込み検定試験というのがあれば,8級ぐらいでしょうか.手抜きで申し訳ないけど,最近私がファンになって愛読している「今こそ中国を見習え(大日本帝国復興を目指す愛国ブログ)」さんが面白可笑しくまとめてくれているので,そっちをご覧あれ(ちょっと毒があります).↓
日本の中国化へさらに前進(今こそ中国を見習え(大日本帝国復興を目指す愛国ブログ))
 それにしても,こんな大人げない発言をする橋下知事には,呆れる気持ちを通り越して逆に心配になってきました.こんなことで大阪府知事が務まるのかと.また,こんな子供のケンカみたいなことをしている暇があるんだということも驚きです.毎日府政のことを考えて気が休まる暇がないという状態であるべきなんじゃないんでしょうか?おお,そうか!府知事を支える人々が頑張っているのですね.皆さんお疲れさまです.宮仕えとはいえ,上司がこれでは公務員は辛いのぉ.同情いたします.

 ま,こんな府知事といきり立つネット右翼の皆様の非難を浴びている朝日新聞が一番得をしましたなあ.反対者が変な人達=まとも,という公式が成り立ちますから.橋下知事にあんな風にいわれて,「ハイそうですか」と購読をやめる読者もいないだろうし,逆に骨がある社説だという宣伝になったかもね.それを狙っての朝日新聞の頭脳作戦だったかも知れん.そうだとしたら,まんまと挑発に乗りましたな、橋下知事.
[PR]
by hiroi22 | 2008-10-22 00:01 | じっと思う

日本の税金

 今日の朝日新聞の夕刊の一面の見出しは「介護保険料甘い見積もり」とあった.内容はといえば,介護保険料が実態よりも高すぎて,約6割の自治体が黒字だというものだった.おもに,自治体が提供する介護サービスに見込み違いがあるという書き方で問題提起をしているようだ.
 しかし,むずかしい話である.介護サービスの検討は確かに必要かも知れないが,赤字ー黒字の議論とリンクさせるべきではないと思う.例えば,これが逆にほとんどの自治体が赤字だったとすれば,それはそれで非難の対象になるのだろう.世の中には「赤字」か「黒字」の二つしかないのだから,どっちに転んでも問題視されることになる.黒字というのは議論のきっかけにすべきなんだろう.
 もう一つ,これは朝刊の読者の声欄で,税金逃れの人達に対する非難の投書があった.これは朝日新聞の特集で,高額所得(1千万円)でありながら帳簿上で計上出来る経費を操作して,税金逃れをして,さらに低所得者対象の補助まで受けている人々の記事があったが,これに対する反応である.まことにもっともな投書である.
 もうずっと前から思っているのだけれど,なぜこんなに税金というものは不透明なものなんだろう.税金の入り口に関しては,所得の補足率というものがどれだけあるのか誰も知らない.ただわかっているのはサラリーマンはほとんど100%の補足率だということだけだ.消費税にしても申告しなくてもよい場合があるなど,ザル法である.この状況は未来永劫変わるまい.なぜなら,政治家が全ての所得をガラス張りにするということを口に出した途端選挙で大敗するからだ.
 税金の出口,すなわち使い道についても同様だが,少なくとも今の与党の考え方は,「景気の浮揚=金持ちと大企業の儲けを優先」であるといっても過言ではない.最近の株価暴落や円高で麻生首相は「景気対策」をぶち上げているが,株などは持たない私には全く関係ない話である.多くの庶民の感覚も同じではないか.経済の専門家はこのような手当は必要だというかも知れない.そうしないと結局庶民に被害が及ぶというのだろう.しかし,そのためにまずは資本家を助けるという論理なのだ.また,マネーゲームで不労所得を貪っている連中の為に何ゆえ税金を使うのかと思ってしまう.日頃税制上で優遇している彼らの損害を税金で穴埋めしようとしか見えないのだ.この点からみれば,大統領の金融対策法案を一旦は否決したアメリカの下院はむしろ健全だと思う.
 かつて,景気対策といえば「公共事業」でバラマキをするというのが定番であった.つまり,景気を良くするためにまずは建設業界とそれに繋がる業種に儲けさせるというわけである.結局は,この発想は今も変わっていない.
[PR]
by hiroi22 | 2008-10-18 01:51 | ずっと思う

ブログパーツ

  • →:次の記事へ
  • ←:前の記事へ
  • Home:このページの先頭へ
  • End:最後の記事へ

最新のトラックバック

「オバマファクター」米国..
from 米流時評
シティバンク危機脱出!連..
from 米流時評
経済氷河期に春一番? C..
from 米流時評
警告!北朝鮮が即時臨戦態..
from 米流時評
作家フォーサイス 次の小..
from 米流時評
「事実は小説よりも奇なり..
from 米流時評
オバマのマンモス再生予算..
from 米流時評
ウォール街の真冬はいつま..
from 米流時評
ウォール街ブリザード!ダ..
from 米流時評
自由への厚い扉/エジプト..
from 米流時評

リンク

タグ

(119)
(60)
(49)
(45)
(45)
(39)
(32)
(26)
(26)
(24)
(16)
(15)
(14)
(12)
(10)
(9)
(8)
(8)
(5)
(2)

ライフログ


青の時代


オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える


風味絶佳


Antonio Carlos Jobim's Finest Hour


セゴビアの芸術

カテゴリ

全体
じっと思う
ずっと思う
Macintosh
iPhone

検索

以前の記事

2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧