ボーッと何かを・・・ 日々の考えの備忘録


by hiroi22

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

タグ:新聞記事 ( 119 ) タグの人気記事

ホンマかいなの民主300議席

 衆議院選挙の予想で民主圧勝が大勢だ.やれ単独過半数,300議席だのという威勢の良い話が出ている.しかし,どうも信用出来ないのである,
 ワタクシは.自慢じゃないが,私は選挙権をいただいて以来,一度も自民党に投票したことはない.何しろ,私の祖父は地元の自民党後援会で積極的に活動していたバリバリの自民党支持者であったにもかかわらずである.自由新報は子供の頃よく目にした.自民党支持者の理想的な環境で育ったにも拘らず,不肖の孫である.そういう投票行動をしてきたので,選挙の度に毎回失望させられてきた.選挙結果もさることながら自民党に大量の支持票が集まるということに対する失望感である.こういった辛酸(?)を嘗めてきた身には,今回の予想をにわかに信じるわけにはいかないのである.
 確かに今の麻生内閣は酷い.程度が低いと言った方が当たっているかもしれない.選挙運動にしても,先日の日の丸に対するつまらない非難などを見ても完全にズレている.ああいったことをまるで鬼の首を取ったのごとく言うかね?天下の宰相たるものが....それにそういったことは政策の本質ではない.今回の選挙日程にしても,これまで「景気を良くするために政治空白を作らない.したがって選挙は出来ない」といって民意を問うことを先延ばしにしておきながら,解散が決まったら投票日は憲法で許される最大の期間を置いて設定するのだから自己矛盾も甚だしい.投票期間が短かれば負けることは確実なので,最大限の引き延ばしたという党利党略の行動がミエミエ.つまり,今までの弁明が嘘っぱちであったということを自ら証明したのだからおめでたい.
 しかし,どんなに自民党が酷くても,有権者が延々とそれを支持してきたのも事実なのだ.今回もし与党が過半数を万が一確保すれば,また麻生首相が居座るという可能性があり,そのことの嫌悪感はあるだろう.しかし,多くの予想にある民主党300議席とかそういうところまで達するのだろうか・・・
 それが小選挙区制というものなのかもしれないが.
[PR]
by hiroi22 | 2009-08-22 15:32 | じっと思う

「お前が言うな」ですね

私は民主党のマニフェスト,全部きちんと読んだわけではないが,100%支持というわけではない.宗教団体の信者でもない限り,そんなことは当たり前である.しかし,教育面での支援など,あるべき方向性はとらえていると思っている.この民主党に対する与党の反応がこれだ:
Excite エキサイト : 政治ニュース:<民主マニフェスト>「ポピュリズムの極み」閣僚ら批判
 麻生太郎首相は28日午前の閣僚懇談会で、民主党のマニフェスト(政権公約)について、「特に安保・外交政策が極めて不安だ。このような民主党に政権を委ねるわけにはいかない」と、強く批判した。河村建夫官房長官は同懇談会で、各閣僚に民主党のマニフェストを精査し意見をまとめるよう指示した。

 各閣僚の閣議後会見でも批判が相次ぎ、甘利明行政改革担当相は税金の無駄遣いをやめることなどで財源を捻出(ねんしゅつ)するとした点に関し「ポピュリズムの極み。突然、何十兆円も捻出される魔法の種を教えてもらいたい」と語った。

 与謝野馨財務・金融担当相は「マクロの財政、経済政策が入っていない。極言すれば、選挙用のフライフィッシング」と痛烈に批判した。

 中曽根弘文外相は外交安全保障政策について「平和と安全をないがしろにする無責任極まりないもの。『現実的対応』という発言を聞いたが、自分たちの変節をどう説明するのか」と厳しく指摘。斉藤鉄夫環境相は、民主党が温室効果ガスの排出量を20年までに90年比で25%削減するとしたことについて「ガソリン税の暫定税率の廃止は方向が逆ではないか」と批判した。【坂口裕彦】
「ポピュリズムの極み。」というが,自らの政権延命のためにバラマキ予算を組んだのはどこの誰なんだい?ホント,よく言うよな〜 呆れた.「財源,財源」というが,自分らは与党で好き勝手に予算をバラマキに使ってたんじゃない.納税者から預かったお金を与党で赤字国債連発してでも勝手に使えるんだから「財源」の心配はないわなあ〜 
 批判は結構だが,それは自分たちの過去の行いを総括してからの話ではないか?「責任政党」と胸を張るのならば.
[PR]
by hiroi22 | 2009-07-28 22:24 | じっと思う

そうだったのとガックリ

 毎日新聞のWebでこんなニュースを見た.
箕面大滝:光の涼 落差33m 大阪・箕面
 大阪府箕面市の箕面公園一帯で18日夜、夏恒例のライトアップが始まった。落差約33メートルの箕面大滝は、投光器4基のスポットライトで浮かび上がり、涼を求めて集まった人々を楽しませている。

 07年5月に開通した「箕面グリーンロード」のトンネル工事の影響などで水量が減り、わき水をポンプでくみ上げて川の上流に返していることから「人工滝」との批判もあるが、美しさは以前のままだ。ライトアップは8月31日までの毎日、日没~午後10時に行う。【武井澄人】
 知らない人には恐縮だが,大阪府中北部,とりわけ北摂に住んだことのある人間にとって「箕面の滝」はかなり有名だ.昔からこの滝を見に多くの人が箕面を訪れる.特に紅葉の頃が賑わう.阪急電車は最初「箕面有馬電気鉄道」と名乗っていたほどなのである.箕面の滝へは阪急箕面駅から歩く.子供の頃何度か訪れたが,けっこうな距離で子供の足ではかなりの運動になった記憶がある.それでショックだったのは
 07年5月に開通した「箕面グリーンロード」のトンネル工事の影響などで水量が減り、わき水をポンプでくみ上げて川の上流に返していることから「人工滝」との批判もあるが、
という事実だ.実はこの記事にある2007年の11月,久々に箕面に紅葉狩りに出かけたのだ.もちろん滝も見て,子供の頃に見た思い出に浸っていたのだが,どうもその頃には既に人口滝になっていたようである・・・だまされた・・・
[PR]
by hiroi22 | 2009-07-19 17:29 | じっと思う

ここに至っても見識のないバラマキ

 アメリカの高官が民主党の幹部と会談するなど,世の中の動きはもはや民主党政権を見越して動いているように見える.もちろん,いくら事前の情勢が有利とはいえ,これから選挙があるのだから確定した事態ではない.しかし,少なくとも来月以降も当然のように自民党が政権を担当するという仮定で物事を考えるべきではあるまい.ましてや麻生首相がこのまま政権を担当するというのはほとんどあり得ない想定なのだから,首相たるものはこの期に及んでは不要不急の事業について決裁するようなことはすべきではない.それが真の責任というものだろう.国民の税金を預かる最高権力者として,そんなことは当然の判断だと私は思うのだが,この国の内閣総理大臣はそうは思わないらしい.
 今日の朝日新聞の夕刊の小さなコラムに,今週末で応募が締め切りになる科学研究費の話が載っていた.何でも一件あたり90億の研究資金を30件ほどのプロジェクトに今後3〜5年間支給するというものだそうだ.総額は最大で約2700億円(!!).これをたった1ヶ月で決めるというのだ.その選考は政府の総合科学技術会議というところが中心だが,議長は麻生首相で,自ら「私の責任で決める」と述べているとのことだ.このコラムでは,こんなことを今の内閣が駆け込みで決めることではない.もっと長い期間をかけてじっくり選考すべきだと主張している.これには私も100%同意する.しかし,そもそもこの計画自体,麻生首相お得意のバラマキで,その適切性は疑わしいと思う.
 いったい麻生首相が科学技術研究にどれほど見識があるのだろうか.私はほとんどないと断言する.今回の1件当たり90億を30件,という計画自体どういった必然性があるのか彼には絶対に説明出来ないだろう.研究にはお金がかかる.しかし,お金を掛ける研究が質が高いというわけではない.必要な研究費の多寡は,研究の質ではなく研究の性格による.一般に実験系は理論系よりもお金がかかる.同じ実験系にしても研究対象の規模に研究費の額は左右される.今回の計画はすべての理論系と大半の実験系の研究を排除するものだ.社会科学系の学問は当然ながら想定外だろう.本当に年間90億も必要になる科学研究が日本にいくつあるのかは知らぬが,それが日本にとって必要な上位30の研究とはとても思えない.大した考えもなく,ただ自分が大きな予算配分を決めたという手柄が欲しいのだろう.つまり,目先の人気取りのために巨額の税金をばらまくことがまた行われようとしているのだ.それも今後5年間に渡ってだ.
 このコラムではオバマ大統領の方針も紹介されていた.全米科学財団に今回とほぼ同額の2800億円が配分されたそうであるが,その3分の2で既存の研究プログラムで,予算が足りずに却下されたものを救い上げるという.オバマ大統領と麻生首相とでは能力が違いすぎるのは重々認識しているが,地味ながらも足下を見たしっかりした予算の使い道で,毎度のことながら彼の健全さを実感してしまう.
 麻生首相は極端なことを言えば,自分の政権延命の人気取りのために税金を惜しげもなく使っているとしか私には思えない.「予算が足りずに却下されたものを救い上げる」などという地味で自分の宣伝にもならないようなことは,たとえそれが日本の科学研究にとって健全であっても,予算を振り分けるということは考えつきもしないのだろう.
[PR]
by hiroi22 | 2009-07-18 23:18 | じっと思う

自民党は詰んでしまった

 いくら有利な状況でも悪手に悪手を重ねては相手の反撃に会い,ついには自分が詰んでしまう.悪い手を放っても冷静に対処すれば挽回は可能なのだが,悪手が悪手を呼んでどうしようもない状況になってしまう.将棋ではよくあることだ.これが安倍内閣から現在に至るまでの自民党の姿だ.今回の都議選の敗北でとうとう詰んでしまった.どういう手を考えても負けてしまう.
 例えば,麻生首相が衆議院を解散したとしよう.前回勝ちすぎた議席を大きく減らすばかりか,下手をすると歴史的大敗北を喫することさえある.自民党は瓦解するだろう.では,自民党が「麻生おろし」に成功した場合はどうか.これも歴代3人の首相を有権者の審判を仰がずにたらい回しにしてきたツケが効いている.たった2年間で信任されない首相を4名も許したことになる.そんなことはまったく支持されないだろう.ということで,これも来るべき選挙での大敗は確実だ.麻生首相の代わりに新しい人を選んでその人気を期待する向きもあるかもしれないが,これには東国原宮崎県知事を担ごうとした悪手が効いている.人気取りで有権者の目をごまかそうとする姿勢が見透かされてしまうのである.
 そもそも,よく考えもせずに安倍元首相のようなボンクラを選んでしまったことから自民党の間違いは始まる.彼のおかげで参議院選挙は大敗したわけだが,それでもまだ挽回の余地はあった.民意を受けて首相を交代させればよかったのだ.ところが当時のボンクラ首相は何を思ったか,この歴史的大敗を受けても「われわれの政策は支持されている」と血迷った言明をして,われわれを呆れさせてくれた.更に呆れさせてくれたのは突然の内閣放り出し.知性ばかりか責任感すら欠如していることを白日の下にさらしてしまった.これで首相になった福田氏もすぐに選挙をすべきだったのだが,大連立を画策して失敗.その失意かやはり自ら辞任.注目を浴びるために派手な総裁選挙を演じて,新たに「国民的人気」を期待して選ばれたのが麻生首相.ところが発足当時のご祝儀人気があったにもかかわらず解散しない.時が経つに連れて化けの皮がはがれてか,支持率は急降下.信を問うどころか,折からの不景気に乗じてばらまき政策を続け,ずるずると政権にしがみつく始末.その間にも閣僚の泥酔記者会見など馬鹿馬鹿しい事態とそれに適切に対応出来ない無能ぶりをさらけ出すなど,もう目をそむけたくなるほどのありさまであった.
 とまあ,振り返ってみると自民党はよくまあ酷い手ばかりを指してきたものだ.このblogでも何度か指摘したけれど,いくら自民党といえども少しは理性のあるものの分かった政治家はいるだろう.彼らは何をしてきたんだろう.まー,ワタクシ的には自民党の中のネット右翼如きの議員はどんどんいなくなっていただきたいと願ってますが.
 冒頭,将棋の喩えをしたが,勝負が決まっていても相手がポカをして大逆転が起こる,これも将棋でよくあることである.だから勝負は最後まで分からないとはいえるのだが,願わくばそんなことは起きて欲しくはないけれど.もう一つ,民主党といっても中身は自民党と同じく幅がある.そういう意味では全幅の信頼は置き難い.
[PR]
by hiroi22 | 2009-07-13 01:23 | ずっと思う

なんでこのオッサンが・・・

 先頃通った15兆円もの補正予算という名の「選挙対策ばらまき」を見てもそうなんだけど,有権者が今まで一度も支持を表明したことがない麻生太郎というオッサンが勝手に我が物顔に税金を使う,そんな理不尽なことがいつまで続くのだろうか.今日もまたそんな風に嘆息をつく記事に出会ってしまった.

「可視化すれば直ちに冤罪が減る感じはない」4日の首相(朝日新聞)

この記事の全内容は記録として最後に載せるが,まあヒドイ内容だ.こんなやり取りがあったそうである.
 ——総理、そうは言っても、無実の人が捕まって刑に服することはあってはならないことだと思いますが…。

 「それ今答えた通りです」
 ——そういった国家のあり方を考える上で…。

 「国家のあり方ってどういう意味です?」

 ——冤罪が起きないような国にするために、総理は被疑者の言い分や自白がちゃんと録音されている可視化というのは必要だと思いませんか。

 「僕は、基本的、基本的には、一概に、可視化すれば直ちに冤罪が減るという感じがありません」(軽く頭を下げて立ち去る)
国家権力が罪もない人間を17年間も刑務所に放り込んでおいたのだ.このことを国家の最高権力者として身に染みて受け止めている様子ではない.ただ単にそれらしい言葉を操っているだけである.一体今までどれだけの人々が密室での違法捜査,自白の強制によって冤罪にされてきたのか.このオッサンはそんなことには一向に頭が回らないらしい.おそらく自分の保身で手一杯で,いかにしたら人気が出るのか,そんなことしか考えられないのだろう.

 iPhoneユーザーにはワクワクドキドキの今日この頃なのだが,そんな気分に冷や水を浴びせられてしまった.あ〜 不愉快.

【足利事件】

 ——よろしくお願いします。

 「はい」

 ——足利事件で服役していた菅家さんが今日釈放されました。再審が始まる前の釈放は極めて異例ですが、総理の受け止めをお願いします。

 「再審請求に関する、いわゆる司法手続きってのは、今から開始されるんだと思いますけれども、私の知っている範囲で、これは極めて異例って言うけど、前例はないと思いますけどね。まあいずれ、いずれにしても、無実の罪で十…七年? 服役したというのは、こういったようなことはあっちゃいかん、つくづくそう思いますね」

 ——総理、似たようなケースがないとは言い切れない中で、日本で再審請求が認められるのは非常にレアケースだと思いますが、総理はどうお考えですか。

 「そうですねえ。あのー、今回の場合は、DNAの鑑定っていうのが大きなき、決め手になったんだと思いますけれども、昔のDNA鑑定のいわゆる科学的なレベルと今のレベルとは全然、あの倍率がまったく違うことになってるんで、そういったケースもあるんだと思いますが、これ一概に一般論としてちょっと答えるのは難しいです」

 ——総理、この件を受けて、冤罪防止のためにさらなる取り調べの可視化を求める議論が強まると思いますが、総理のお考えをお聞かせ下さい。

 「あ、可視化が、かの、必ずしも、それにつな、可視化にしたからといって途端に、あの、よ、それが良くなるという感じはありません」

 ——総理、そうは言っても、無実の人が捕まって刑に服することはあってはならないことだと思いますが…。

 「それ今答えた通りです」
 ——そういった国家のあり方を考える上で…。

 「国家のあり方ってどういう意味です?」

 ——冤罪が起きないような国にするために、総理は被疑者の言い分や自白がちゃんと録音されている可視化というのは必要だと思いませんか。

 「僕は、基本的、基本的には、一概に、可視化すれば直ちに冤罪が減るという感じがありません」(軽く頭を下げて立ち去る)

 ——総理、杉村太蔵議員が…。(無視して立ち去る)

[PR]
by hiroi22 | 2009-06-04 23:00 | ずっと思う

つまり結局は何も考えずにムードだけ

 連休ボケで漫然と過ごしているうちにずいぶん長い間blogをほったらかしにしていた....

 小沢民主党代表が辞任した.このblogでは今回の捜査に大きな疑念を表明してただけに残念な結果と言わざるを得ない.今日の朝日新聞の朝刊でも元検事の郷原弁護士が「捜査の問題点,徹底検証を」と題する意見を載せていた.郷原氏は,今回の件が違反にあたるかどうか疑問だし,仮に違反だとしても罰則を適用するほど悪質かどうかとの疑問を呈している.さらに捜査についても,単なる見込み捜査で誤算によるものではないかと述べている.
 私はこの郷原氏の意見に賛同する.今回の辞任劇はこういった検察側の不当捜査に加えて,それをほとんど問題にしないメディア報道が大きな役割を果たした.検察側の情報の無批判な垂れ流し,根拠のない感情論が横行し,理性的な論調・記事は全く見られなかったと言っても過言ではない.例えば,いつだったかあるTVで今回の事件を批判するのに,
「企業が何の見返りも期待せずに献金なんかするはずはない.賄賂は明らかだ.」
といった風なことを自慢げに発言しているコメンテイターを見かけたが,もう心底アホと断定.政治献金規制法のこともなんにも分かっていないし,企業献金の話をするならば政権与党の自民党,それももう何十年も財界べったりで,企業献金で成り立っている政党を批判すべきだろう.こんなことは昨日今日の話ではないのだ.
 私をさらに失望させたのは,こういったことを無批判に受け入れる「世論」というやつである.何だ怪しいというムードだけで判断している.周りを見るだけで自分で何も考えていない.そんな「世論」だ.この事件の当初,漆間巌官房副長官(当時)が、西松建設の違法献金事件について「自民党議員には波及しない」と発言した.現在の情勢はまさに彼の言った通りのことになっているが,もう誰もそんなことは忘れて問題にもしない.さらに言えば,職務権限という観点から考えれば,ずっと問題が大きい与党議員の献金は検察側は本気で手を伸ばさない.そんな状況に頭が回らないようである,この「世論」というやつは.
 私はあまり「日本人というのは...」という総括的な言い方は好まないのだが,日本人というのは情緒的で論理的なものの見方が苦手なようである.マッカーサーに看破されたという精神年齢12歳からどれほど成長したんだろうね....そうだね,親の跡を継いで子供が代議士になるんだもんね.特に本人が亡くなった後だったら,夫人だろうが孫だろうが親族ならば当選確率はぐっとアップだもんなあ.
[PR]
by hiroi22 | 2009-05-14 23:23 | ずっと思う

はあ?「水際作戦」?

 豚インフルエンザ,swine fluで大騒ぎである.無論,不気味なインフルエンザには違いない.数日前,いつものように朝起きがけにベッドでiPhoneでインターネットラジオを聞いていると,「メキシコ市ですべての学校が閉鎖された.だけども,子供は公園で遊んでるけどね」みたいな英語のニュースが流れていた.そのときはこちらのヒヤリング力の貧弱さで,実際に何が起こっているのか分からなかった.ただ,メキシコ市で学校が閉鎖されるほどの何かが起きているんだなあと眠たい頭で思っていたに過ぎなかった.それがこの大騒ぎである.
 確かにメキシコの数字を見る限り感染者数に関して死亡者が多いように見える.さらにWHOもフェーズを5に上げたというので,いつも深刻なNHKの9時のニュースの男女ペアの顔がさらに深刻になってしまった.で,わがニッポンは「水際作戦」と称して,空港での検疫を強化している.まあ,その様子がこれでもかというくらいにニュースで流れている.しかし,これっていったい何だあ?と思うのは私だけか?
 この「水際作戦」とやらは航空機の乗客一人一人の体温など風邪の症状を見るというものらしい.私にはこんなものになんで「水際作戦」という仰々しい名前を付けるのかも分からない.そもそもほとんどすべての病気には潜伏期間というものがある.その潜伏期間中であれば,こんな検査は意味をなさないではないのか?おまけに,この病気は新種のウィルスである.従来の検査が有効という保証はどこにもない.やらないよりはマシではある.しかしこんなに仰々しいものか!?ああ,また政治家のパフォーマンスだろうね.
 そんなことを思っていたら,バイオの専門家からメールが来ていた.彼が言うには

・今回のウィルスの「毒性」(この言葉は噴飯するほどに曖昧だが,全身のどの程度の細胞で増殖しやすいか,各タンパク質の個人差にどれほど関わらずに増殖するかといった意味)については,まだわからないことが多い.
・いまNIH(NCBI)のサイトにウィルスのDNA配列が数十例だけ出されているが,だいぶこれまでのH1N1とは違っていて予測がつかない.

ということらしい.私も非専門家なので,彼の言うことはあんまり分からないが,彼が今回の「水際作戦」については

・swine flu用ではない、ただのA型感染検査キットで成田で「検疫?」しているのはザル.保菌者は指摘できずに、スルーパスさせている.これだけは確実.

やっぱりね.そうだろう.しかし「こんなアホなことに手間隙をかけ,しかもこれが通用すると思うのは能天気なことだ」とどうして専門家は誰も言わないのか?政治家が人気取りにはしゃいでいるからかぁ?
[PR]
by hiroi22 | 2009-04-30 23:31 | じっと思う

オバマ大統領はすごい

 少し日にちが経ってしまったけれども,オバマ大統領が5日,チェコの首都プラハで演説で「核兵器のない世界に向けた具体的な措置を取る」と宣言したのには唸ってしまった.彼はこの演説のなかでアメリカは,
核兵器を使用した唯一の核保有国として行動する道義的責任がある
と言ってのけたのである.これはそんじょそこらの青二才の発言ではない.世界一の権力者のアメリカ大統領の発言である.重い責任と強い影響力のある立場の人間の発言である.そういう立場にあれば,いくら理想が高くても素直にそれを言葉に出すことが出来ないものだ.いや,その前に青臭い理想は「現実」という壁の中に埋没してしまいがちになるものだ.ところが彼は臆することなく,自分の信念を語る.理想を追求するように見える.
 昨年民主党の指名争いの際,急激に人気を伸ばしてきたオバマ氏を,私は何となく信用がならないと感じていた.その人気は一過性の上滑りなものではないかとの気持ちがあったからだ.しかし,ここでそれが誤りであったことを認めよう.彼は素晴らしい.選挙期間中に本命であるヒラリー・クリントンを凌駕する熱狂を呼び起こしたのもうなずける.彼は知的である.才能豊かな人間である.しかし,弱者の立場を理解している.そしてどんな相手にも誠実に対応しようとしている.彼は現代に現れたジーザス・クライストにさえ見える.
 
 ああ,どこかに漢字も読めず,親の七光りでのしあがった首相がいる.そういえば,さっきのニュースで贈与税を減税するとか言ってたな.住宅の居住用家屋の取得(同時に取得する敷地・家屋の増改築)に充てるために金銭の贈与は500万円まで無税にするという案らしい.ハハ,
バカ息子にはマンションを買ってやれ
という金持ち減税ね.2世議員が思いつきそうなことで大変分かりやすい.よーく覚えておこう.

悲しいなあ・・・日本は.
[PR]
by hiroi22 | 2009-04-10 00:34 | じっと思う

罪刑法定主義ってなんんだっけ?--西松建設事件

 罪刑法定主義
罪刑法定主義(ざいけいほうていしゅぎ)は、ある行為を犯罪として処罰するためには、立法府が制定する法令(議会制定法を中心とする法体系)において、犯罪とされる行為の内容、及びそれに対して科される刑罰を予め、明確に規定しておかなければならないとする原則のことをいう。公権力が恣意的な刑罰を科すことを防止して、国民の権利と自由を保障することを目的とする。事前に法令で罪となる行為と刑罰が規定されていなければ処罰されない、という原則であり、遡及処罰の禁止などの原則が派生的に導かれる。刑罰に限らず行政罰や、損害賠償等の民事罰にも適用されると一般的に解される。
 この記述はWikipediaから拾ってきたが、他のところを当たってみてもほぼ同じであり、私の従来の知識と大差はないのでこれは正しいものだろう。で、今回の小沢民主党代表の事件を見てみる。この罪刑法定主義に鑑みて、私には検察側を支持することが出来ない。少なくとも「政治資金規正法」というものの私の理解の範囲内では。
 法律では企業による献金は禁止されている。しかし、いわゆる政治団体からのものは容認されている。しかも今回のばあい、問題とされる政治団体は個人からの献金を集め、小沢代表だけでなく他の国会議員(多くは自民党だが)にも献金しているという。政治団体からの献金が規制されているのなら分かる、しかしそうでない場合、それを検挙するのは「事前に法令で罪となる行為と刑罰が規定されていなければ処罰されない」という罪刑法定主義から言っておかしい。また、そのほかの議員は不問で小沢民主党代表を狙い撃ちするような操作は検察は権力の走狗なったのではないかと思わせる。
 実際に事件が公にされて以後、新聞などで目にするこの事件に関する情報は意味のない感情論、噂・妄想の域を出ないものばかりで、何を問題として捜査を進めているのかその本質的なものが出てこない。多くの情報は検察側から流されているものだろう。今回のような状況ではそれをそのまま垂れ流すマスコミの罪も重いが、まるで非本質的な情報で、疑心暗鬼の感情のみをあおり立てる検察側のやり方を見ていると、結局小沢氏側の言う「国策捜査」という批判が正当なように思える。
 政権交代を目前にして野党の党首が逮捕される。まるで北朝鮮かアフリカかどこかの非民主的独裁国家の絵である。これが21世紀の日本で起こっているとすれば恐ろしくもあり、情けない話でもある。もっとも、かつての指揮権発動による疑獄事件からの自民党幹事長の放免に見られるように、指揮体系からは検察と言えども権力の走狗になり得るのだ。
[PR]
by hiroi22 | 2009-03-05 23:19 | ずっと思う

ブログパーツ

  • →:次の記事へ
  • ←:前の記事へ
  • Home:このページの先頭へ
  • End:最後の記事へ

最新のトラックバック

「オバマファクター」米国..
from 米流時評
シティバンク危機脱出!連..
from 米流時評
経済氷河期に春一番? C..
from 米流時評
警告!北朝鮮が即時臨戦態..
from 米流時評
作家フォーサイス 次の小..
from 米流時評
「事実は小説よりも奇なり..
from 米流時評
オバマのマンモス再生予算..
from 米流時評
ウォール街の真冬はいつま..
from 米流時評
ウォール街ブリザード!ダ..
from 米流時評
自由への厚い扉/エジプト..
from 米流時評

リンク

タグ

(119)
(60)
(49)
(45)
(45)
(39)
(32)
(26)
(26)
(24)
(16)
(15)
(14)
(12)
(10)
(9)
(8)
(8)
(5)
(2)

ライフログ


青の時代


オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える


風味絶佳


Antonio Carlos Jobim's Finest Hour


セゴビアの芸術

カテゴリ

全体
じっと思う
ずっと思う
Macintosh
iPhone

検索

以前の記事

2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧