ボーッと何かを・・・ 日々の考えの備忘録


by hiroi22

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

タグ:平和 ( 15 ) タグの人気記事

夜桜 in 千鳥ケ淵

 先日、千鳥ケ淵に夜桜見物に出かけました.デジカメでうまく撮れたので,記念にアップしておきます.
d0007533_18413520.jpg

これは地下鉄九段下の出口を出たところの風景.まだ,薄暮だったのでライトアップとの微妙なトーンが綺麗に写せました.


d0007533_18441694.jpg

少し暗くなったときの写真.手ぶれ写真ですが,うまい具合に面白い効果になってます.


d0007533_1846888.jpg

ちょうどライトアップのライトの真下から撮りました.幻想的(?)な一枚.


d0007533_184781.jpg

このあたりは,ライトの色に変化がついている場所でした.それで桜の色合いが違って見えています.


d0007533_18481039.jpg

対岸の桜もライトアップのおかげで綺麗に見えています.ボートがおもちゃのようでした.
[PR]
by hiroi22 | 2008-04-05 18:49 | じっと思う

卑劣な恫喝と脅迫を蹴散らし自由を守る

 映画「靖国 YASUKUNI」の上映問題で新しいニュースがあった.(記事は末尾に)
<映画「靖国」>大阪「第七芸術劇場」など予定通り上映へ(毎日新聞)
映画「靖国」 全国21館が5月以降に上映へ(朝日新聞)
 社民・福島氏、「靖国」自主上映を検討(朝日新聞)

 この問題をしつこく書くけれど,表現の自由を封殺しようとするようなことは絶対にまかり通ってはならない.まずは大阪と京都の映画館(そういえば京一会館ってあったなぁ〜・・・遠い目)で封切りになりそうだ.反権力の大阪と大学町としての知性の京都の面目躍如というところか.上映する映画館はどんな陰湿な嫌がらせがあってもそれを蹴散らして欲しい.上映する映画館が増えれば,社民党の福島党首が提唱する超党派の議員による自主上映は不要だろうが,「『事前検閲だ』とか『表現の自由を侵害している』などと批判されたが、私の意図とは違い、残念だ」などと述べた稲田センセ,
その言葉に偽りがないのなら,真っ先に賛同するべきでしょう!それとも「残念」はやっぱりポーズでしたか?

<映画「靖国」>大阪「第七芸術劇場」など予定通り上映へ
 靖国神社を描いたドキュメンタリー映画「靖国 YASUKUNI」の上映中止問題で、大阪市淀川区の映画館「第七芸術劇場」や京都市下京区の映画館「京都シネマ」などは映画を予定通り上映することを決めた。「見てもらわないと評価できない」などと説明している。

 映画は日本在住の中国人監督、李纓(リイン)さんが、8月15日の靖国神社など、10年かけて撮った映像を編集したもの。週刊誌に「反日的内容」との記事が掲載され、一部の国会議員が問題視。劇場には上映中止を求める抗議などもあったといい、トラブルの未然防止などを理由に、東京と大阪の計5館で上映が取りやめになった。

 一方、第七芸術劇場は当初の日程通り5月10日から7日間上映する予定。また京都シネマも8月に上映を予定している。第七芸術劇場の松村厚支配人は「これで全国で中止なら、嫌がらせや抗議で取りやめにできることになる。批判する人がいていいし、その通りと思う人がいてもいい。上映しなければ議論にもならない」と話している。広島サロンシネマ(広島市中区)も6月に上映する方針という。

 配給元のアルゴ・ピクチャーズによると、東京でも新たに上映を希望する映画館が出てきており、日程などを調整中という。【中村一成】
映画「靖国」 全国21館が5月以降に上映へ

 12日に封切り予定だった映画館が相次いで上映を見合わせたドキュメンタリー映画「靖国 YASUKUNI」をめぐり、配給・宣伝会社のアルゴ・ピクチャーズは4日現在で全国の21館が5月以降に上映予定であることを明らかにした。4館が見合わせた東京都内でも、1館で公開する見通しになったという。

 ほかにも検討中の映画館があり、新たに上映の打診をしてきた館もあるという。

社民・福島氏、「靖国」自主上映を検討
 社民党の福島党首は2日の記者会見で、超党派の国会議員に呼びかけ、ドキュメンタリー映画「靖国」の自主上映を検討する考えを示した。

 福島氏は「日本の表現の自由の危機だ。全力を挙げておかしいと言う」と語った。国会議員向けの異例の試写会が開かれた後、上映予定の映画館が街宣車などによる抗議を受けたとして、福島氏は「上映前に国会議員が介入して、結果的に中止に追い込ませた」と批判した。

[PR]
by hiroi22 | 2008-04-05 00:27 | じっと思う

日本を恥ずかしい国に貶める輩

 エイプリルフールのウソであって欲しいと願ったのがこれ.
Excite エキサイト : 社会ニュース <映画>「靖国」上映、映画館が相次ぎ自粛
 3月18日に東京・新宿のバルト9が上映取りやめを決定。その後、銀座シネパトス、渋谷Q―AXシネマ、シネマート六本木、シネマート心斎橋も中止を決めた。銀座シネパトスを経営するヒューマックスシネマは「上映中止を求める電話がかかったり、周辺で抗議行動があった。近隣や他の観客に迷惑がかかるため、中止を決めた」としている。一方、Q―AXシネマの営業責任者は「具体的な抗議や嫌がらせはないが、不特定多数の人が集まる施設なので、万が一のことがあってはならない」と、上映見送りの理由を語った。
 「周辺で抗議行動」とはおおかた街宣右翼の馬鹿騒ぎだろう.彼らの行動には伏線があって,自民党の稲田朋美衆院議員をはじめとするわけの分からん連中が,「反日的」と騒いでこの映画に難癖を付けたのが始まりだ.これに単細胞右翼が飛びつかぬはずはない.姑息な嫌がらせで映画館に圧力をかけ,上映中止に追い込んだというわけだ.こういった脅しに屈する映画館側にも我慢がならないが,一番許せないのは単細胞右翼よりも自民党の稲田朋美衆院議員たちだ.
 彼女は今回の事態を受けてしおらしいポーズをとっている.
 ドキュメンタリー映画「靖国 YASUKUNI」について、文化庁の所管法人から助成金が出ていることから、試写会を開くよう求めた自民党の稲田朋美衆院議員が28日、日本外国特派員協会で記者会見した。稲田議員は、予定していた上映を中止した映画館が出たことについて「『事前検閲だ』とか『表現の自由を侵害している』などと批判されたが、私の意図とは違い、残念だ」などと述べた。
まあ,恥ずかしげもなく「残念だ」とよく言うよと思う.厚顔無恥とは彼女のためにある言葉と断言しよう.この映画の上映前に,ああいう形で単細胞右翼を煽れば,彼らがどういう行動をとるかはわかっていたはずだ.知らぬとは言わせぬ.もしそんなことも知らぬ世間知らずなら国会議員の資格はない.そういうストーリーは織り込み済みで,「シメシメうまくいったわい」と喜んで,後ろを向いて舌でも出しているのだろう.
 思想・言論の自由は民主主義の根幹だ.それがこんな形で蹂躙されてしまった.この事態を世界の心ある人たちはどう見るだろう.日本はまだこんな野蛮なことが許されるのかと軽蔑するに違いない.まったく,アホな国会議員のおかげで恥ずかしい姿をさらしてしまったと言う他はない.
 この件で「こんな書きっぷりではまだ甘い!」と思われるお方は以下のblogでもごらんくあれ.
日々雑論 屑議員稲田とか屑ウヨとかがこんな馬鹿な事やってるから日本はいつまでたっても4等国なんだよ
[時事]映画「靖国 YASUKUNI」上映中止反対!みせてくれ!
[時事][産経ヲチ]狂ってる腐ってる終ワットルそれが今日の産経「主張」!
[PR]
by hiroi22 | 2008-04-01 21:49 | ずっと思う

法律よりも正義よりもヤクザの要求に頭を下げるのか?

 日教組の教育研究全国集会で、会場使用を拒否したグランドプリンスホテル新高輪(東京都港区)の経営陣らの記者会見があったそうな.その内容を伝える記事を読んで呆れた.ここ数日忙しくて睡眠不足気味だったのだが,思わず目が醒めた.
日教組への謝罪なし プリンスホテル会見 使用拒否問題(朝日新聞)

 少し長いがこの記事を引用する.
 日本教職員組合(日教組)の教育研究全国集会をめぐり、グランドプリンスホテル新高輪(東京都港区)が、いったん予約を受けた会場の使用を拒んだ問題で、ホテル側が26日、初めて会見を開いた。宿泊客やホテル周辺への「安全」を重視したことを繰り返し、会場使用を認める司法判断に従わなかったことや日教組への謝罪はなかった。 ホテル側には400通ほどの意見が届き、うち賛同は130通ほど。残りは「集会の自由をおかすのはおかしい」などの批判だったという。後藤社長は「憲法論議をするつもりはない。ホテル業としての安心安全を考えることも道義的責任と考える」と説明した。

 山田明文・顧問弁護士は、日教組側がどれほど混乱を招くか説明を事前に十分にしなかったという民法上の説明義務違反があると主張。他の客に迷惑をかける場合は利用規約上、解約できるとし、会場使用を認めた仮処分について「正しいとは思っていない。日教組が11月まで何の説明もしてこないのは異常。裁判所にもそこを分かってほしい」と述べた。

 日教組はこれに対し、「右翼の街宣車が例年来ていることや、警察に警備を依頼していることは、契約の段階からホテル側に説明している」(広報担当)と話す。

 一方、ホテルは組合員の宿泊も断っており、港区は旅館業法違反の疑いで調査中。渡辺社長は「宴会場と一体となった宿泊なのでお断りした」とこれまでの説明を繰り返した。
 早い話が,ヤクザに恐喝されてその要求を飲んだのだが,それを恥ずかしげもなく,いけしゃあしゃあと記者会見で開き直っているのだから呆れた.
「相手の要求が間違っていても,長いものには巻かれろでございます.」
と胸を張って述べているのだから,さぞかし子供たちのよいお手本になることだろう.
033.gif
 裁判所の仮処分に対しても
「正しいとは思っていない。」
で済ますのだから豪傑である.へー,
みんなの決めたルールなんて自分たちの都合で勝手に破っても構わないんだ〜
 なるほど,こんな根性だから右翼暴力団の暴力は見て見ぬ振り,一切不平なし.言論・集会の自由の価値は無視.さぞかし子供たちのよいお手本になることだろう.
033.gif
私はこんな大人にはなりたくありません.
[PR]
by hiroi22 | 2008-02-26 23:59 | じっと思う

ブット元首相の暗殺,福田首相の訪中・・・

 パキスタンのブット元首相が暗殺された.それに抗議してパキスタン各地で暴動が起こっているという.ニュースで見る限り,めちゃくちゃな事態が起こっているとしか言いようがない(日本でも長崎市長が背後から拳銃で撃たれたり,加藤紘一議員の実家が放火によって全焼させられたりということがあり、胸を張って自慢出来るものではないが).遠い地の果ての出来事だが,パキスタンという国は,曲がりなりにも核保有国なのである.いったいこれからどうなってしまうのだろうと思う.
 社会を成り立たせて,健全に機能させるのは一人一人の人間だ.そこに社会常識と社会正義がなければヒトの社会ではない.自分と違う意見の人間を暴力で抹殺しようとする人間を許してはならない.今の事態を見ると,パキスタンの社会が崩壊するのではないかという危惧さえ覚える.

 そんな中で、福田首相の中国訪問と首脳会談のニュースを見た.首脳会談後の記者会見で福田首相は「信頼」ということを何度も口にした.そしてそのための人的交流の必要性も説いていた.また北京大学での講演では「日中関係の歴史や様々な経緯、国際情勢の流れに思いを致さない大局観の欠如、折々の感情に流されて事を進める危険性も指摘しなければならない」とも述べた.これは日中両国に存在する偏狭なナショナリズムを公然と批判したものだ.
 中国側の破格の厚遇に答えた面もあるにせよ,同時に起こっているパキスタンの情勢と比較して,福田首相の一連の発言に深い理性を感じ,安堵感が心の中いっぱいに広がった.朝日新聞の社説では
 ねばり強く交渉し、利害を調整する。それが外交であり、政治家の役割、責任だ。民族感情の対立にせず、実務的に処理していこうという今の両国指導者の姿勢を評価したい。
という一文を寄せているが,まったく同感だ.
 福田政権発足の折、「個人的には少しは期待はしている.」と書いたが,今回は期待以上だったなァ.はい、素直に賞賛いたします.049.gifご苦労様でした!
[PR]
by hiroi22 | 2007-12-29 23:04 | じっと思う

ブログパーツ

  • →:次の記事へ
  • ←:前の記事へ
  • Home:このページの先頭へ
  • End:最後の記事へ

最新のトラックバック

「オバマファクター」米国..
from 米流時評
シティバンク危機脱出!連..
from 米流時評
経済氷河期に春一番? C..
from 米流時評
警告!北朝鮮が即時臨戦態..
from 米流時評
作家フォーサイス 次の小..
from 米流時評
「事実は小説よりも奇なり..
from 米流時評
オバマのマンモス再生予算..
from 米流時評
ウォール街の真冬はいつま..
from 米流時評
ウォール街ブリザード!ダ..
from 米流時評
自由への厚い扉/エジプト..
from 米流時評

リンク

タグ

(119)
(60)
(49)
(45)
(45)
(39)
(32)
(26)
(26)
(24)
(16)
(15)
(14)
(12)
(10)
(9)
(8)
(8)
(5)
(2)

ライフログ


青の時代


オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える


風味絶佳


Antonio Carlos Jobim's Finest Hour


セゴビアの芸術

カテゴリ

全体
じっと思う
ずっと思う
Macintosh
iPhone

検索

以前の記事

2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧