ボーッと何かを・・・ 日々の考えの備忘録


by hiroi22

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

私のストリップ体験

 エキサイトのニュースをでは,何とかと言う元グラビアアイドルが,浅草のロック座というストリップ劇場に出演するのしないのということが話題になっている.元グラビアアイドルには全く興味がないが,このニュースを見て,はるか昔の立った一度の体験を思い出してしまった.
 若いまだ駆け出しの頃東京に出張があった.その日は,夕方以降全く予定が入っていなかったので一人浅草に出かけた.当時井上ひさしの小説を愛読していたので,彼が若い頃アルバイトをしていたという「フランス座」というストリップ劇場を見てみたかったのだ.ただし場所などを調べず,浅草あたりにフラッと立ち寄った記憶がある.それからの記憶はどうも曖昧なのだが,多分,フランス座を見つけられなかったように思う.ともかく「フランス座」ではなく「ロック座」の観客席にいた.
 世の男性諸氏が一体平均どの程度この手の場所に足を運ぶものか知らない.しかし,私にとってこれまでたった一度の体験はなかなか強烈な印象を残している.ただし,それは「ストリップ」という出し物自体ではない.
 観客席はほぼ満席だったと思う.舞台の中央が観客席に突き出して「特別な場所」になっている.「おお,これは井上ひさしの説明通りじゃ」と感激していたかどうかは定かではないが,私は後方,壁に近い所に座っていた.ところがそのそばで--3,4席離れていただろうか--しきりに野次を飛ばすお客がいた.ひょいと見てみると,とても変わった格好をしていた.一昔前の大学生の格好なのだ.黒い学生服,それも応援団風ではなくきちんとしたサイズの学生服を着て,古くさい感じの黒ブチの眼鏡をかけているのだ.年は若くはないが,8年ほど留年しています,とでも言い張れば通用するように見えた.その学生風の男がしきりに大声で野次を飛ばすのだ.酒に酔っているようでもない.野次の内容はもちろん覚えていないが,格段下品でもなく面白いものでもなかったように思う.つまりただ単にうるさいのだ.たった一人の人間の野次なのだが,もうそれだけで「何だかなあ〜」という雰囲気が充満してしまった.私は,この井上ひさしの学生時代に逆戻ったかのような古くさい格好をした「大学生」とその野次のおかげで完全に異次元体験モードに入ってしまっていた.
「珍しいもん見てしもたぁ〜」
しかし異次元体験はこれだけではなかった.
 その「大学生」が飽きもせずに野次を飛ばしていると,突然数名のお兄さんたちがやってきて,その「大学生」に殴る蹴るの暴行を始めた!!多分彼らは劇場関係者なんだろう.こんなはた迷惑な「大学生」は見捨ててはおけない,という訳だ.当の「大学生」といえば,まるで無抵抗で半泣き状態で,最後にお兄さんたちによって連れ出されてしまった.とまあ,こういったことが私の目の前で繰り広げられていたのであった.ひょいっと入った劇場で二つも珍しいものを見たのである.

 当時もそして今でも思うのは,「この大学生風の男の一連の出来事はハプニングじゃなく,劇場の“出し物”の一つじゃなかったのか?」あまりに古色然とした大学生&意味のない野次,その結果として当然のように起こったアトラクション.筋書きとしてはよく出来ている.観客席の中にもう一つ舞台を作ったのかもしれない.もはや確かめようもないことだが・・・

 それで,肝心のストリップに何を見たのかということなんだが,それについてはほとんど記憶はない.ただし,強烈に残っているのは,ある踊り子さんが驚くほど痩せていたということだ.そして化粧のせいか青白く.私には完全に病人に見えた.もともと,(自分が痩せっぽっちだったせいか)多少ふっくらした体つきの女性の方が好きだった.それも相まって,エロチシズムを感じるどころか,とても正視出来なかったことを覚えている.個人的に「こんな病人は,いくら何でも仕事を休まなあかんわ〜」と思ったのである.
[PR]
# by hiroi22 | 2009-06-07 18:59 | ずっと思う

期待に胸膨らむiPhone OS 3.0

 来週の月曜日(日本時間火曜日早朝),SFでAppleのWWDC(World Wide Developers Conference)が開催される.その冒頭のキーノートでiPhoneのOSの新しいバージョン3.0が発表されることはほぼ確実だ.既に新しいOSのいくつかの機能はアナウンスされているが,その新機能の他に予想される機能と,もしかして同時に発表されるかもしれない新しいiPhoneへの期待などで,iPhoneとそれを取り巻く人々の間で大変な盛り上がりを見せている.この発表の後,来週はiPhone関連のblogやテクノロジーのニュースサイトはiPhone一色になることは目に見えている.今売れに売れているiPhoneだけど,これでまたさらに売り上げを伸ばすことだろう.(関係のない人は全く無関心だろうけれど....)
 ちょうど1年前,iPhone 3Gの発表前は,私は期待しつつもまだ日本に上陸さえもしていなかったiPhoneにはどこか冷静であった気がする.

心静かにiPhoneを待つの記(2008.5. 20)

今やバリバリのiPhoneユーザーになってしまった私は,当時のように冷静ではいられない.この気持ち,そうだなあ,子供の頃のクリスマスとお正月を目前に控えてワクワクする気持ちに似ている.いや,それ以上かもしれない.なぜだか本人もわからない.たかがiPhone OSのバージョンアップに過ぎないのだが....
 
d0007533_0321095.jpg

[PR]
# by hiroi22 | 2009-06-06 00:39 | Macintosh

なんでこのオッサンが・・・

 先頃通った15兆円もの補正予算という名の「選挙対策ばらまき」を見てもそうなんだけど,有権者が今まで一度も支持を表明したことがない麻生太郎というオッサンが勝手に我が物顔に税金を使う,そんな理不尽なことがいつまで続くのだろうか.今日もまたそんな風に嘆息をつく記事に出会ってしまった.

「可視化すれば直ちに冤罪が減る感じはない」4日の首相(朝日新聞)

この記事の全内容は記録として最後に載せるが,まあヒドイ内容だ.こんなやり取りがあったそうである.
 ——総理、そうは言っても、無実の人が捕まって刑に服することはあってはならないことだと思いますが…。

 「それ今答えた通りです」
 ——そういった国家のあり方を考える上で…。

 「国家のあり方ってどういう意味です?」

 ——冤罪が起きないような国にするために、総理は被疑者の言い分や自白がちゃんと録音されている可視化というのは必要だと思いませんか。

 「僕は、基本的、基本的には、一概に、可視化すれば直ちに冤罪が減るという感じがありません」(軽く頭を下げて立ち去る)
国家権力が罪もない人間を17年間も刑務所に放り込んでおいたのだ.このことを国家の最高権力者として身に染みて受け止めている様子ではない.ただ単にそれらしい言葉を操っているだけである.一体今までどれだけの人々が密室での違法捜査,自白の強制によって冤罪にされてきたのか.このオッサンはそんなことには一向に頭が回らないらしい.おそらく自分の保身で手一杯で,いかにしたら人気が出るのか,そんなことしか考えられないのだろう.

 iPhoneユーザーにはワクワクドキドキの今日この頃なのだが,そんな気分に冷や水を浴びせられてしまった.あ〜 不愉快.

【足利事件】

 ——よろしくお願いします。

 「はい」

 ——足利事件で服役していた菅家さんが今日釈放されました。再審が始まる前の釈放は極めて異例ですが、総理の受け止めをお願いします。

 「再審請求に関する、いわゆる司法手続きってのは、今から開始されるんだと思いますけれども、私の知っている範囲で、これは極めて異例って言うけど、前例はないと思いますけどね。まあいずれ、いずれにしても、無実の罪で十…七年? 服役したというのは、こういったようなことはあっちゃいかん、つくづくそう思いますね」

 ——総理、似たようなケースがないとは言い切れない中で、日本で再審請求が認められるのは非常にレアケースだと思いますが、総理はどうお考えですか。

 「そうですねえ。あのー、今回の場合は、DNAの鑑定っていうのが大きなき、決め手になったんだと思いますけれども、昔のDNA鑑定のいわゆる科学的なレベルと今のレベルとは全然、あの倍率がまったく違うことになってるんで、そういったケースもあるんだと思いますが、これ一概に一般論としてちょっと答えるのは難しいです」

 ——総理、この件を受けて、冤罪防止のためにさらなる取り調べの可視化を求める議論が強まると思いますが、総理のお考えをお聞かせ下さい。

 「あ、可視化が、かの、必ずしも、それにつな、可視化にしたからといって途端に、あの、よ、それが良くなるという感じはありません」

 ——総理、そうは言っても、無実の人が捕まって刑に服することはあってはならないことだと思いますが…。

 「それ今答えた通りです」
 ——そういった国家のあり方を考える上で…。

 「国家のあり方ってどういう意味です?」

 ——冤罪が起きないような国にするために、総理は被疑者の言い分や自白がちゃんと録音されている可視化というのは必要だと思いませんか。

 「僕は、基本的、基本的には、一概に、可視化すれば直ちに冤罪が減るという感じがありません」(軽く頭を下げて立ち去る)

 ——総理、杉村太蔵議員が…。(無視して立ち去る)

[PR]
# by hiroi22 | 2009-06-04 23:00 | ずっと思う

開戦前夜

 北朝鮮の外交を「したたか」だとか「計算されている」とか言う人達がいる.私の見る限り,そう言う発言は日本の外交の「未熟さ」とセットになっている場合が多いように思う.しかし,今回の核実験に始まる一連の北朝鮮の対応は--日本の外交が「未熟」かどうかは別にして--まるでお話にならないほど酷いものだと言わざるを得ない.周りが全然見えていない.自分たちの勝手な思い込みのみで動いている.オバマ大統領が「核廃絶」に歩みを進めている最中にこういった行為に出るのだから狂気としか言いようがない.

 金日成の時代だったか,北朝鮮の内情が日本でも明らかにされ始めた頃,その個人崇拝ぶりを見て私の周りの大人たちは
「まるで戦前の日本のようだ.」
と口を揃えた.当時の北朝鮮の様子が戦前の皇国史観という歪んだ考え方の日本を想起させたのだろう.戦前の日本はさらに無知かつ無責任な支配層により世界の中で孤立して滅亡の道に突き進んだのだが,これは全く今の北朝鮮にあてはまると思う.つまり再び「まるで戦前の日本のようだ」なのである.したがって,自分たちの無知と身勝手さで国際社会から孤立しつつある今,再び戦争を起こすことも十分あり得る.国連による制裁決議という最後通牒を突きつけられたとき北朝鮮がどんな態度に出るのか.戦前の日本のように憤然と退場するのだろうか?想像したくないが,朝鮮半島で再び火の手が挙がることも考えられる.アメリカ中国を含む国際社会はそんな事態にならないように知恵を絞っているんだろうが,何しろ相手が相手であり,すでに核実験をしているという状況だから打つ手は限られている気がするのだが.

One more thing;
 北朝鮮側から見れば,国際社会が何と言おうと自分たちの行為は自衛のための当然の行為ということなんだろう.安全保障理事会による制裁決議は「陰謀」ということになるのだろう.してみると,戦前の日本は,コミンテルンの陰謀だか何だか,ともかく諸外国によってやむなく「自衛」戦争を始められざるを得なかった,などとのたまう人々は当然北朝鮮の態度を正当化して,彼らに対する制裁決議には反対するんだろうね.

 
[PR]
# by hiroi22 | 2009-05-30 18:46 | じっと思う

いつも思うんだけれど

 いつも思うのだけれど,今の時代はかつてないほど忙しく,またかけ離れた情報と人々の意識がリンクしている時代なのだなあと思うのである.
 こんなことを書くだけではピンとこないが,たとえば俳優なり,タレントが亡くなったとしよう.話をわかりやすくするために,これが文明開化以前の江戸時代なんかだ考えてみよう.勿論,タレントなんかという職業はない.俳優といっても歌舞伎役者か旅芸人クラスしかなかっただろう.したがって,今の時代のタレントがもしそんな時代に生まれていたとしたら,よほどのことがない限り人知れず一生を終えたに違いない.歌舞伎役者であったとしても大同小異だろう.ところが現代では,少し名の通った人なら新聞でその訃報は掲載されるし,それを読んだ多くの人々に何かしらの感慨を呼び起こさせるようになっている.自分がその人と会ったこともないのにである.
 不謹慎な話であるが,私は新聞紙上でそのような人達の訃報を目にするたびに,ほとんどの場合こんなことを考えてしまうのである.そして時代が時代なら,ひょっとしたら水呑百姓として,あるいは地方の名も無い下級武士として一生を終えたかもしれない人達も,その才能とチャンスに恵まれれば人々の注目を集める仕事ができるのだと.
 こんな時代の風景はマスメディアなどの産業と大規模なエンターテイメントの世界の登場が作り出したものだろうけれども,おそらくそれは歴史の必然というよりも歴史の流れが作り出した結果と言うべきものだろうと思う.マルクスは歴史に必然を求めたが,現代科学の複雑系理論はそれを否定するものだ.それはマルクスどころかデカルトの哲学さえも根本的に否定している.長期的指標が否定された世界では眼前の最善策をとるしか無いように見える.

 今日,北朝鮮が核実験に成功したというニュースが流れた.この「ならず者国家」の行く末に歴史的必然はあるまい.また,世界がこの国家を扱う公式というものも無いだろう.実に厄介なことである.はるか昔,自分の身の回りの見聞だけで話が済んでいた時代,そういう時代でなくなったということのトレードオフもあるのだ.
[PR]
# by hiroi22 | 2009-05-25 23:44 | ずっと思う

ブログパーツ

  • →:次の記事へ
  • ←:前の記事へ
  • Home:このページの先頭へ
  • End:最後の記事へ

最新のトラックバック

「オバマファクター」米国..
from 米流時評
シティバンク危機脱出!連..
from 米流時評
経済氷河期に春一番? C..
from 米流時評
警告!北朝鮮が即時臨戦態..
from 米流時評
作家フォーサイス 次の小..
from 米流時評
「事実は小説よりも奇なり..
from 米流時評
オバマのマンモス再生予算..
from 米流時評
ウォール街の真冬はいつま..
from 米流時評
ウォール街ブリザード!ダ..
from 米流時評
自由への厚い扉/エジプト..
from 米流時評

リンク

タグ

(119)
(60)
(49)
(45)
(45)
(39)
(32)
(26)
(26)
(24)
(16)
(15)
(14)
(12)
(10)
(9)
(8)
(8)
(5)
(2)

ライフログ


青の時代


オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える


風味絶佳


Antonio Carlos Jobim's Finest Hour


セゴビアの芸術

カテゴリ

全体
じっと思う
ずっと思う
Macintosh
iPhone

検索

以前の記事

2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧