ボーッと何かを・・・ 日々の考えの備忘録


by hiroi22

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2009年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

高くても安いMac Book

 円高である。しかし、海外旅行などを除いてそんなに円高による恩恵を受けている実感がない。アメリカからの輸入品であるMacintoshにしてもそうである。例えば、アメリカのAppleのホームページではMac Bookの一番安いのは$999である。今のレートだと10万円以下。一方、同じ性能のMac Bookが日本のアップルのホームページでは11万4800円!2万円近い差がある。やっぱりMacintoshは高いんだと思いきや、そうではないという記事もあるから面白い。
いつの間にかモデルチェンジした「MacBook White」は安すぎる?
この記事の結論ではこうなっている。
しかし、それでもこの性能で11万4800円というのは、“お買い得”を通り越して安すぎる印象さえ受ける。同価格帯のWindows機と比べてもコストパフォーマンスは高く、初期状態でたいていのニーズはこなせるため、新生活向けマシンとしてもうってつけだ。「白い新型」という単語に過剰に反応する、FireWireポートの行く末を思うと夜も眠れないという人たちはもちろん、それ以外の人にとっても魅力的なモデルであることは間違いない。
 この手の記事はメーカーの提灯持ちのようなものも見られるので鵜呑みには出来ないが、この記事にあるデータを見る限り、日本のメーカーのWindowsマシンと比べて少なくとも高くはない。してみると、もしこのMac Bookが通常の円高レートで10万円前後で手に入れば、本当に安いということになる。逆に言えば、日本のメーカーのPCは高い。
 今日本のコンピュータメーカは5万円前後の安いマシン、ネットブックを販売している。一口で言って、価格を下げた分性能に目をつぶったマシンだ。利益率も高くない。数が売れても利益が上がらない。大きなメーカーの製品としては首をひねりたくなるマシンだが、今の不況じゃ背に腹は代えられないということなんだろうか?何だか、目先の利益をただ追求しているようにしか見えないのだけれど・・・

 私が家で使っているのは1年半ほど前に購入したMac Bookである。若干スペックが違うが、倍以上の価格で購入している。こんなに安くなった原因の一つはMac Bookの新しい機種が出たことにある。上の記事でも指摘しているように「本機はアルミMacBookの売り文句である『すべてが新しい、13インチMacBook』には該当しない――つまりマルチタッチトラックパッドではないし、LEDバックライトディスプレイでもないし、何よりアルミ削りだしのボディではない。」という不利な点はあるが、価格に比べて大きな欠点ではないだろう。普通のホームユーザにとってのネックは2.27kgの重量だけかも知れない。Appleにしてみればちょっと高めの新しいMac Bookが売れると判断しての価格設定なんだろう。この判断が正しいかどうかはともかく、少し売れたマシンのトレンドにあたふたと追随することなく、Appleのようにメーカーとしての戦略をもう少し考えるべきなんじゃない?日本のメーカーさんよ。
d0007533_21502718.jpg

[PR]
by hiroi22 | 2009-02-24 22:18 | Macintosh

いい映画です

Excite エキサイト : 芸能ニュース:『おくりびと』滝田監督「映画の神が立ち止まった」
いい映画です「おくりびと」。お葬式の映画なんて辛気くさくて、暗そうで何だか心が沈みそうで嫌だなと思ってたけど、見てみたらホントにいい映画でした。ちょっとホロッとさせたけど、全然お涙ちょうだいの映画じゃない。むしろ爽やかな映画でした。
 「映画を見よう!」と思い立って出かけたんだけど、なかなか時間的にうまく合う映画がなくて、やや渋々といった感じで映画館に入ったのだけど、見終わったときにはもう一度見たいなあと思わせる映画でした。

 でもね、こんな感想はアカデミー賞を取ってから書いてはいかんね。そのときにすぐ感動を記すべきだったよなあ・・・
 ともあれ、本木雅弘はいい俳優になった。実感しました。
[PR]
by hiroi22 | 2009-02-23 22:27 | じっと思う

議会制民主主義はどこにある?

 昨日だったか自民党の後藤田議員(名前からするとこの人も2世議員か?)が「反麻生」をぶち上げていた。
自民・後藤田衆院議員、麻生首相退陣を要求(朝日新聞)
どれどれと読んでみて、「こらアカン」
 自民党の後藤田正純衆院議員は18日、「麻生内閣は危機管理能力のなさを露呈し、信頼という誠実さがない。誰が総理であるべきか、しっかりと示さないと、自民党は終わる。できれば禅譲していただき、若い世代に自民党を託してもらいたい」と述べ、麻生首相の退陣を要求した。党本部で記者団に語った。

 後藤田氏は、麻生首相では総選挙は戦えないとの認識を示し、「予算を通し、国会が終わった後、7月のサミットで新しい自民党を世界に発信したうえで総選挙で民意を問う以外にない」と強調。「ポスト麻生」候補として、石破農水相と野田消費者行政担当相の名前を挙げた。
「禅譲」とは一体どういうことか?こういう発言は有権者無視、権力を私物化するとは思わないのか?
ホント、いかにも2世議員の発想である。033.gif こんな私の気持ちを天声人語が代弁してくれていた。
 麻生首相の言葉を聞くにつけ英国の詩人、ウィリアム・ブレイクの名言が浮かぶ。〈キツネはわが身をとがめず、わなを責める〉。失敗のたび、不運や状況のせいにしては進歩なし、という戒めだ▼きのうの衆院。「もうろう会見」で財務相を降りた盟友について、首相は「健康管理が不十分で」と説明した。とがめるべきは「お酒ごっくん」で失敗を重ねる人物を重用したわが身の甘さだ。首相が任命責任に触れたのは、野党に突っ込まれてのことだった▼未曽有の経済危機、ねじれ国会など、「わな」を責めることが多い人である。底なしの支持率も「世論の無理解」と翻訳しかねない。キツネ首相に「国を挙げて危機を乗り切ろう」と言われて、奮い立つ国民がどれほどいよう▼それにしても、自民党内でうごめき始めた「麻生おろし」のキツネぶりにもあきれる。5人の中から党国会議員の56%が支持して麻生氏を選んだのは、つい5カ月前ではないか。選挙の顔を間違えましたと、国民の審判を経ずにドタバタと次を探すなど、厚顔無恥にもほどがある▼今の政治のもどかしさは、選んだ覚えのない首相や内閣が勝手にこけ続けていることにある。そこをわきまえず、懲りずに若手や女性を担いだところで、有権者は踊るまい。なめてはいけない▼何度でも書くが、早い解散しかない。どの党が軸になるにせよ、せめて「選んだ感」のある政権とともに危機にぶち当たりたい。選挙をしている状況ではないというが、踏ん切りをつけるための数週間なら、ちっとも長くない。
「5人の中から党国会議員の56%が支持して麻生氏を選んだのは、つい5カ月前ではないか。選挙の顔を間違えましたと、国民の審判を経ずにドタバタと次を探すなど、厚顔無恥にもほどがある▼今の政治のもどかしさは、選んだ覚えのない首相や内閣が勝手にこけ続けていることにある。そこをわきまえず、懲りずに若手や女性を担いだところで、有権者は踊るまい。なめてはいけない」はまさにその通りである。さらに言うならば、上に後藤田議員が名前を挙げた野田消費者行政担当相は前回の選挙では無所属で自民党の対立候補、いわゆる刺客を破って当選したものだ。つまり、前回3分の2を得た選挙では自民党ではなかったのだ。
 もうここまでくると「議会制民主主義なんて知らないよ」である。「選んだ覚えのない首相や内閣が勝手に」税金の使い道を決めているのである。不況を「人質」に取って解散を遅らせて権力にしがみついている。ただそれだけ。
[PR]
by hiroi22 | 2009-02-21 00:23 | じっと思う

「草枕」を読む

 iPhoneで「青空文庫」の古典を読み始めていることは前に書いたが、それで夏目漱石の「草枕」を読み終えた。「草枕」は有名な「山道を登りながら、こう考えた。智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。」で始まる作品である。夏目漱石の作品は学生時代に有名なものは一通り読んだはずである。「はずである」というのは、自分の本棚に並んでいるし、読んだ形跡もあるが、「我が輩は猫である」などの一部を除いて、話の内容を全くといってよいほど覚えていないからだ。この「草枕」もしかり。
 今回読み直してみて、文章が難しいのに驚いた。例えば下のような文章がこれでもかこれでもかと出てくるのである。
d0007533_23155286.jpg

主人公は画工なのだが、教養が深く俳句もひねれば漢詩も作る。英語だって堪能である。その深く多彩な教養がこの作品の中にちりばめられているのだから、それを読む無教養な人間には苦痛でしかない。これでは青二才であった学生時代の私が何も覚えていないのも当然である。しかし、今回読んでみてもこの作品のテーマがよくわからない。ストーリーは温泉宿の訳ありな若い女将の話なのだが、どうも最後まで要領を得ない。結局話の要点がよくわからないままに終わってしまった感じである。難解な文章を十分理解出来ていないのと、私が理系人間ということが原因なんだろうか...。

 それにしても、学生時代にこんな本をよく読んだものだ。見栄だったのだろうか。しかし、見栄を張る相手はいなかったし、単なる自己満足だったのかも知れない。

今は懲りずに「それから」を読んでいる。自己満足はまだ続いているのである。
[PR]
by hiroi22 | 2009-02-19 23:40 | じっと思う

もう何でもいいからさっさと総辞職して!

 カラスの鳴かぬ日はあっても麻生内閣の呆れたニュースを聞かぬ日はない。

「百年に一度の非常事態だ」と宣う割には、経済政策の要たる財務大臣がほとんど人事不省の状態でインタビューに臨んで国際的失笑を買って、日本中を呆れさせて、誰しも「こんな大臣はダメだ」と思ったところが、なんと
17日にも財務相問責提出 首相は続投を指示
麻生太郎首相は16日夜、中川氏に「体調を管理して職務に専念してほしい」と続投を指示。
 はあ?なに?”続投を指示”だってぇ〜?

 悪いけどさあ〜 キミタチ二人とももう終わってるわ〜 解散総選挙をする勇気がないんなら、もうさっさと総辞職して辞めてくんない?それが国益のためだからさあ〜
[PR]
by hiroi22 | 2009-02-16 22:34 | じっと思う

造反?そんな根性あるわけないやん

 わが偉大なる宰相様は元首相を「奇人・変人」、「非常識」と断定するという極めて”常識的な”国会答弁で驚き呆れさせてくれたが、その答弁に名指しされた元首相がブチ切れ、まったく政府与党の政権運営はどうしようもない状況である。とてもじゃないが我ら国民の大事な税金を使って国家大計を任せられるオッサン・オバハン集団ではない。こんな内閣はとっとと引き払ってもらいたい。安倍内閣も相当酷いオッサン・オバハン集団だったが麻生内閣も負けていない。
 一部では、今回の小泉元首相の定額給付金の再可決に関する発言で、自民党の中で造反が起きるのではないかという観測があるようだが、1小市民の立場でいえば、冗談ではない、そんな根性が今の自民党の議員の中にあるわけがない、と言いたい。今の自民党の議員のセンセイの頭にあるのは、
今度の選挙で議席を減らすのは明らかである。何十人も落選する。自分はその落選組に入りたくはない。少なくともそんな事態は出来るだけ先に延ばしたい。
という自己保身の気持ちで一杯なのだ。すべての行動原理はそこにある。だからその政策・能力は放っておいて、ただ「国民に人気があるだろう」といういい加減な未確認情報だけで安倍、麻生を選んでしまったのだ。それがこのていたらくを招いたのだが、それについても反省の声は一切ない。「反省」だけなら猿でもするのだが。そんなセンセイ方が定額給付金の再可決に臨んで造反などしないね。腐りつつある木でも寄らば大樹という気持ちが先に立つ。砂漠に水を撒く、焼け石に水のような定額給付金と分かっていても、声を上げて反対するような根性などあるわけないやん。
[PR]
by hiroi22 | 2009-02-15 17:56 | じっと思う

ふと思いました

 Macintoshな人は御存じだろうが、今どきはMacintoshを買えばiLifeというたいへん結構なソフト群が初めからついている。この中にはiTunesなど使ってうれしいソフトが並んでいるが、iPhotoという写真管理ソフトはその中でも特に秀逸。写真を管理するだけでなく編集も可能だ。「編集」といってもそこはアップルのソフトである、煩雑な操作は要求しない。「補正」ボタンをクリックすれば結構上手に補正した写真が出来上がる。細かい調整も可能だが多くの場合この補正一発で済む。下の1枚目の写真がオリジナル、2枚目が補正後の写真である。一目瞭然、2枚目の方が明るい。もちろん補正が気に入らなければすぐに元に戻すことができる。
d0007533_22283513.jpg

d0007533_22284846.jpg

 この便利なiPhotoだが最近またバージョンアップしてさらに便利になった。目玉は「Faces」という機能。つまり顔認識である。写真の顔を認識して、ユーザーがその顔の名前(例えば美智子さんとか)をiPhotoに教えてやるとその人が写っている写真をiPhotoがひとまとめにしてくれるというものだ。これについてはアップルのビデオ解説(iPhotoビデオガイド)が断然わかりやすい。
 全く便利な時代になったものだと感心していたが、ふとそれでもなお銀塩カメラを使っている人達がいることに考えがいたった。身近では年老いた両親がそうだし、私の高校の同窓生の機械オンチを自称するおばさん(失礼!)もかたくなにデジカメを拒否している。彼らがこういった便利な機能の恩恵を受けられない理由の一つは彼らの無知ということもあるが、一方依然として彼らにとって高いハードルがあることも事実だ。
 例えば私の両親がデジカメを買ったとしよう。「ともかく写真撮影は簡単だろう、これまでのカメラと同じだから」と思うのは早計だ。私の持っている小さなキャノンのデジカメにはたくさんの小さなボタンがついている。これを彼らが一つ一つ理解するのはほとんど不可能だ。小さなボタンは彼らにとって押すことさえ難しい。モード変換のダイアルは誤動作の元になる。こうして見るとフィルムさえ入れてシャッターを押すだけのバカチョンカメラはよく出来ている。
 もう一つは写真を撮ったあとの処理が問題だ。メモリーカードに記録された写真を現像するのは、まあカメラ屋さんに泣きつけば可能かも知れない。しかし画像データの整理となるととてつもなく困難だ。まずパソコンが必要だ。なければ何も出来ないに等しい。しかしカメラのためにパソコンを買って使えとは言えない。CDなどに保存するといっても、中の写真を確認出来なければ意味がない。これが銀塩カメラならネガが手許に残っているので大丈夫というわけである。
 こんなことを考えていると安易にデジカメを勧めるのも考えものだ。特に同窓生のおばさんには止めておこう。悪くすれば恨まれる。それにデジタルデータといったバーチャルなものも信用がならない。ハードディスクがクラッシュすれば思い出の写真も一瞬にしてパーである。Macintoshな私はTime Machineがあるからと安心しているが、それでも油断は禁物だなあ〜
[PR]
by hiroi22 | 2009-02-12 00:22 | Macintosh

アホらしく やがて悲しき 日本かな

「しかし、小泉内閣の一員として最終的に賛成した。(旧郵政省を管轄する)総務相だったんだけど、私は反対だと分かったので、郵政民営化担当ははずされた。ぬれぎぬをかぶされるとオレもはなはだおもしろくない」
 これが我ら日本国臣民が首相として戴く人物の公の場、国会での言葉である。ご立派なほどアホらしすぎて言葉も出ない。場末の居酒屋で酔っぱらってクダを巻く冴えないオヤジの愚痴と間違えてしまうほどだ。
 国会議員としてのそれぞれの考え方はあってよい。しかし先の衆議院選挙の争点として戦われて、ともかくも支持が得られた政策に対する行政府の長としての発言としては全く適格性を欠くものだ。ましてや本人は内閣総理大臣として解散権を有し、自らの政策を国民に問う権利を持っているのである。国会の場でぐだぐだボヤクくらいなら、自らの見識を明らかにしてさっさと解散してみればよいのだ。ところが自己保身が先にたち、そんな度胸もない。つまりは腰抜けなのである(これほどわかりやすい自己保身もないなあ)。

 今回の発言にはさすがに与党からも批判の声が大きく上がっているようだが、それでもまだ手ぬるい。自ら選んだ総理総裁だ。不適格ならばなぜ辞めさせようという声が上がらないのだ?それともまだこの内閣を支持して衆議院での3分の2可決に賛成して協力するつもりか?これは隣町の町会長の話ではない。国民の血税によって成り立ち、その権力を付託されている国政の話である。アメリカのオバマ大統領のような無い物ねだりはやめるにしても、どうして普通の良識を持ったリーダーが選ばれないのか。
こんな悲しい日本がいつまで続くのだろう・・・
[PR]
by hiroi22 | 2009-02-07 13:48 | じっと思う

かんぽの宿--何だこのうさんくささは?

 山形市にある「かんぽの宿」を一度利用したことがある。非常に立派な施設で、風呂場も綺麗で快適、豪華な温泉ホテルといった観だった。しかも公共の宿ということで利用料も高くなく、なかなかの盛況に見えた。このようなかんぽの宿を一括してオリックス不動産に売却することが問題になっている。伝え聞くニュースではいかにもうさんくさい話である。しかしながらどうもそもそもの事情がはっきりしない。ここでネット社会の便利さを生かそう。朝日新聞のサイトで「かんぽの宿」を検索してみた。するとこの問題は実は新しい。発端は昨年末である。

かんぽの宿事業、オリックス不動産に譲渡 日本郵政
日本郵政グループから「かんぽの宿」譲り受け=オリックス不動産

つまりこのニュースから一月もたたないうちにこの騒ぎになったわけである。その後も「1万円で入札した物件を6000万円で売却した」など捨ててはおけぬ話が出てくる。朝日新聞のサイトで検索するとこんな記事に行き当たった。

改革と現実と〈上〉郵政民営化 合理化へぬぐえぬ不安

前回の郵政民営化選挙の際の記事である。
 温泉街の近くにあるのに、天然温泉はない。04年度、収入を支出で割った収支率は90%で赤字だった。水口順路総支配人は「本来、施設は簡易保険加入者への利益還元が目的。もうけは考えていなかった」と説明する。
「簡易保険で作った施設であるから、加入者への還元をする。したがって利益は考えない。」これはこれで筋が通っている。一方、「採算性を追求」するはずの民営化後の日本郵政がこんなずさんなことをやっていては一体「民営化」とは何だという話になるのは当然だ。

 今度の話に限らないが、いわゆる「小泉・竹中改革」でわれわれの社会は大きく歪んでしまったことはもう大方の認めるところではないだろうか。にもかかわらず、竹中平蔵氏は一切の弁明もなく、いや逆に平然とマスコミに出演して「政治改革」を語っている。その語り口は「攻撃的」に聞こえる。しかし私にはその「攻撃性」が却って彼の精一杯の防御のように感じられる。彼は引くに引けないように思える。そんな余裕はないのだろう。
[PR]
by hiroi22 | 2009-02-05 23:42 | じっと思う

ブログパーツ

  • →:次の記事へ
  • ←:前の記事へ
  • Home:このページの先頭へ
  • End:最後の記事へ

最新のトラックバック

「オバマファクター」米国..
from 米流時評
シティバンク危機脱出!連..
from 米流時評
経済氷河期に春一番? C..
from 米流時評
警告!北朝鮮が即時臨戦態..
from 米流時評
作家フォーサイス 次の小..
from 米流時評
「事実は小説よりも奇なり..
from 米流時評
オバマのマンモス再生予算..
from 米流時評
ウォール街の真冬はいつま..
from 米流時評
ウォール街ブリザード!ダ..
from 米流時評
自由への厚い扉/エジプト..
from 米流時評

リンク

タグ

(119)
(60)
(49)
(45)
(45)
(39)
(32)
(26)
(26)
(24)
(16)
(15)
(14)
(12)
(10)
(9)
(8)
(8)
(5)
(2)

ライフログ


青の時代


オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える


風味絶佳


Antonio Carlos Jobim's Finest Hour


セゴビアの芸術

カテゴリ

全体
じっと思う
ずっと思う
Macintosh
iPhone

検索

以前の記事

2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧