「ほっ」と。キャンペーン


ボーッと何かを・・・ 日々の考えの備忘録


by hiroi22

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2008年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

これも大阪の凋落なんだろうか・・・

 関西,特に大阪の地位の地盤沈下が指摘されて久しい.僕自身大阪の出身だし,今でも地元大阪に愛着があるのでそのような話を聞くと寂しい気持ちになる.“地盤沈下”と言われても,大阪を離れた身としては今ひとつ実感はなかったし,インターネットで情報が飛び交う時代には,インフラさえしっかりしていれば地域格差などないのではないかといぶかしく思っていたほどだった.それでも,出張などで大阪に帰った時に,電車の中が東京ほど混んでいないことなどに出くわすと,空いていて快適だと思う反面,やはり少し元気がないのかと感じることがあった.そんな先日,久々に神戸に物見遊山に出かけたおりにまた“地盤沈下”を感じてしまった.
 神戸というのは昔から僕のお気に入りの街で,眼前に迫った緑の六甲山系は僕を温かい気持ちにさせてくれる.天候も申し分なく,僕は気の合った知人と楽しいひとときを過ごし,同窓会に出かける知人と別れて,三宮から空港バスに乗って伊丹から羽田へ気分よく戻ってきた.ところが羽田空港のロビーに出て,しばし考えてしまった.伊丹空港との落差を感じたのだ.ANAを利用したので,新しい羽田空港第二ターミナルに降り立ったということもあるが,レストランが立ち並ぶ羽田空港に比べると伊丹空港の飲食街は貧弱だ.これでは「大阪の食い倒れ」と言えたものではない.レストランだけではなくその他のショップも含めて圧倒的な差がある.また,そのロビーを行き交う人々の数とアクティビティにも大きな隔たりがあるといわざるを得ない.伊丹空港では人々は出発待ちという風情で,どこかのんびりした雰囲気があるが,羽田空港では多くの人々が活発に往来しているように見えた.
 新しい滑走路も完成して発展中の羽田と関西空港に取って代わられた伊丹とを比較するのは適切でないかも知れないが,そういった事情を考慮しても両者の差のあまりの大きさは,関西の凋落を象徴しているように思えた.
 冒頭にも書いたように,出稼ぎ大阪人としてはこれまで“地盤沈下”をあまり思ったことはなかったし軽視していたが,今回のちょっとした印象で「うむ」と考えてしまった.おそらく,この現象は全国の地方都市で起こっていることなんだろう.それにしても,長い歴史と文化のある関西の凋落の原因は一体なんだろうか.僕の住んでいる最寄りの駅前には最近マンションが建ち並んでいる.人が集まりますます窮屈になる都会.その一方,ビジネスという面からはメリットが大きいのだろう.地方分権っていう言葉がむなしい.
[PR]
by hiroi22 | 2008-04-29 22:49 | ずっと思う

あらためて死刑判決を考える

 昨日話題の事件,光市母子殺害事件の判決が下された.死刑判決となったわけだが,私はこの事件にはさほど興味がない.ただ,死刑という判決にたいしては,妥当なのかも知れないと思っている.私自身刑法にはまったく知見がないが,伝えられる犯罪の残虐性を思えばもっとも重い刑罰は妥当かも知れないと感じている程度である.ただし,私がよく読ませていただいている「世界の片隅でニュースを読む」さんの意見;
 私は一連の群衆心理に、排外主義と同じものを感じる。
 つまり、弱そうな「公認の敵」、いくら攻撃しても反撃されることはなく、権力も認めている「敵」を攻撃することで、絶対的優越感を得るという点で、両者は共通するのである。もし犯人が「少年」でなく「暴力団員」だったら、ここまで世論は高まっただろうか? メディアは報道しただろうか?
 否である。この国の大衆が「少年犯罪」となると、大人の犯罪以上に激昂するのは、自己より絶対的下位にあるべき「少年」が自己の存在を脅かしていると感じるからだ。あえて断言してもよいが、「少年法はいらない」「少年を死刑」にと叫んでいる人ほど、街中で未成年が不法行為をしていても注意のひとつもできず、内心で苦々しく思っているだけの臆病者だ。自分の弱さを誤魔化すために、「少年犯罪」をだしに使っているにすぎない。
という意見は常に心に置いている.卑近な喩えでいえば,恐そうなご仁の電車の中での携帯電話の通話は見て見ぬ振りだが,女子高生の通話は不機嫌な顔で注意するような真似はしたくないのである.
 今回の判決の後,来年から始まる「裁判員制度」のことが話題になっていた.自分が事件を裁き,死刑判決を下せるのかと問うものだ.確かに自分で考えてみても,どういう根拠でこのような重大なことを決めればよいのかわからない.ともかくも来年から問題点が山積のエラい制度が始まる.
 今回の裁判で気になったのは,裁判官が「被告に反省が見られないから死刑は当然」という趣旨の判決文を書いていたことだ.私はもうずっと,それこそ裁判官の判決というものを知って以来というべきかも知れないが,この「被告の反省」とかいう理由で刑の軽重が決まることに疑問をもち続けている.
 何か(刑事)事件があったとき,事件当時またはその前の事件を引き起こす経緯などで「同情すべき」と考えられる点があり,それが理由で刑が軽くなるということは納得できても,事件後の改悛の情によって刑を軽くする,というのは賛成しない.またその逆で「改悛の情が見られないので刑を重くする」というのも賛成しない.人間の心の中まで見て判決をするなどはおよそ不可能と思うからだ.
 裁判員になって,被告または原告である美人がはらはら流す涙を見て心を動かさぬ成人男性は稀だろう.被告が堂々としているのを見て,「罪の意識を感じない」と見る人もいれば,「罪を潔く認めた姿」と見る人もいるだろう.本人の心の中は本人しかわかるまい.そのわからぬ心の中を他人が忖度して刑事事件の判決という重大なことを決めてはならないと思うのだ.今回の裁判官の文章を見てそれを危惧している.特に,今回の事件は異常とも言える報道の中で行なわれていた.その異常さが判決に影響を与えていたとしたらそれは「法治国家」の裁判ではないと思う.
[PR]
by hiroi22 | 2008-04-24 22:47 | ずっと思う

ダルビッシュはすごいな

 ルックスはいいわ,スタイルはいいわ,おまけに球界のエース.CMにも引っ張りだこのダルビッシュ君.モテモテのはずなのに,もったいないことに二十歳そこそこの若さで結婚しちゃいました(おじさんの感想).そんなダルビッシュ君におじさんはうーむと唸ってしまうことが2件もありました.まず最初はこの記事;
ダル「早く帰って早く寝よう」 圧巻2時間18分(朝日新聞)
3ー1で勝ったソフトバンク戦の記事である.
 力感あふれるいつもの姿ではなかった。1回、味方の失策もあって簡単に1点を取られた。「調子は良くない」と相手の松中が感じたほどだ。張りつめるような緊張感は、マウンドではなかった。

 なぜか。ダルビッシュにしてみれば、長いシーズンを9イニングにたとえると、今季5度目となるこの日は、3イニング目を投げているようなもの。体力を使わず下位打線を抑えるような投球で勝つことを、自らに課していた。

 球数を減らすポイントは、ファウルを減らすこと。150キロを超す直球は封印し、打てそうなスピードで投げておいて、手元で少しだけ変化させる。シュート系のツーシームと速いスライダーのカットボール。この2種類でフェアゾーンに打たせ続けた。「甘いボールがあったのに」と川崎は嘆いたが、そう思わせる投球をすることこそ、ダルビッシュの狙いだった。

 試合時間は2時間18分。2時間30分を切るのは今季3度目だ。「明日はデーゲームなので、みんなで早く帰って早く寝よう、ということです」。プロ野球界全体で取り組んでいる時間短縮に、最も貢献している。(志方浩文)
 「打てそうなスピードで投げておいて、手元で少しだけ変化させる。」という投球でプロの強打者を封じ込める.何ということだ.打者を手玉に取るというのはこういうことを言うのだろう.弱冠21歳の若者ができることではない.まったく恐ろしいピッチャーである.「明日はデーゲームなので、みんなで早く帰って早く寝よう、ということです」というコメントも軽快で,よくありがちなウソっぽい生真面目なものでないのもまたいい.
 彼の実力を考えれば,早晩メジャーからスカウトがくるだろう.しかし,彼は当分日本でじっくりピッチングを見て楽しみたい選手である.
 そして,今日またしても「うーむ」と唸ってしまった.
ダルビッシュ、勝ったら10万円寄付 羽曳野市に
 プロ野球日本ハムのダルビッシュ有(21)が、今季から公式戦での1勝につき10万円を、出身地の大阪府羽曳野市に寄付する。子どもの福祉に役立てられるという。

 昨年は同市で野球教室を開くなど、生まれ育った地域に貢献。今回の寄付も「子どもたちの夢を育てるお手伝いができれば」とダルビッシュ側から申し出があった。

 開幕直後に第1子となる長男が誕生し、現在、勝ち星、防御率ともにリーグトップと好調。グラウンド内外で、「子は宝」をアピールしている。
 1勝につき10万円だから,今シーズンはおそらく150万円ほどは寄付されるだろう.有効に使うんだぞ,羽曳野市よ!
 高給取りでスターとはいえ,なかなか出来ることではないと思う(高給取りでもスターでもないおじさんにはその現実感がない).イケメンとか外身だけじゃないんだ,心もやさしいダルビッシュ君.彼のお父さんはイラン人だそうである.なかなかよい育て方をされました.しかし,神様は彼にいったいどれだけの才能と祝福を与えたんだろうか.ともあれ,ダルビッシュ君,この調子でケガなく活躍してくれ給え!
[PR]
by hiroi22 | 2008-04-21 23:16 | じっと思う

いずこも同じ秋の夕暮れ

 チベット問題で言葉の暴力が報道されている.
仲介の中国学生を非難 中国、チベット問題でネット暴力(共同通信)
 【ニューヨーク17日共同】米紙ニューヨーク・タイムズは17日付の1面の記事で、米大学内で起きたチベット支援の学生グループと、北京五輪や中国政府を支援する学生の小競り合いを仲介した中国人女子学生(20)がインターネット・サイトで「反逆者」として写真が掲載されて陰湿、暴力的な非難を浴びていると報じた。本人には「帰国したら死体を細切れにする」との匿名のメールまで送られているという。
 中国でもこの手の陰湿・卑怯な嫌がらせはあるようである.もっとも,この極東の武士道日本でも街宣車を繰り出して,気に入らない映画の上映に対して嫌がらせをするという「ご立派な」活動が話題になったばかりである.
 私には,日中双方で見られるこの手の人達は鏡に映った分身のようなものだと思われるのだが,だからといってお互い手に手を取り合って連帯するというわけではない.むしろ互いに軽蔑しているようだ.鏡に映ったみにくい姿が,まさか相手から見た自分の姿であるとは思いもよらぬのだろう.
[PR]
by hiroi22 | 2008-04-18 22:55 | ずっと思う

なるほど,日本でイジメが無くならないわけだ

<入学式>入学金未納の2人、出席させず 千葉県立高(毎日新聞)
 千葉県八千代市の県立八千代西高校(大迫太校長、339人)が、入学金未納の新入生2人を入学式に出席させなかったことが12日分かった。大迫校長は「授業料滞納が目立ち、未納は負担の先送りと思った」と話すが、県の公立高校教職員組合は「非教育的対応」と批判している。

 県教委と同高によると、新入生159人に、入学金、教材費など9万円を8日の入学式に持参するよう求めていた。男女各1人が「お金が用意できない」などと持参せず、式直前、校長がそれぞれの担任に別室での待機を指示した。2人は約40分の式の間、教室と会議室で待機した。
高校を管理運営する者としては,むろん入学金の未納は看破できないだろう.しかしその責任の追及は保護者たる生徒の親にたいしてなされるべきものだ.経済的に責任のない高校生,しかも新入生として入学してきた生徒に入学式に出席させないという公然たるペナルティーを与える教育的かつ合理的理由は全くない.
 大迫校長は「入学式当日に必要なお金は3月の説明会で伝えている。経済的問題があれば相談するよう話した。苦渋の決断だったが、当然の判断だと思っている」と説明。県教委指導課の田山正人・主任指導主事は「保護者と生徒にはつらい思いをさせてしまった。事前に入学金についての十分な説明をしており、学校としてはやむを得ない判断だったと思う」と話している。
「入学金と教材費が未納なので入学式には出席させない」というのはまったく人間味を欠いた処置である.なぜそれが「当然の判断」なのか?上にも述べたように,入学金の支払いは保護者に対するものであり,入学式の出席は生徒本人に関する事柄である.入学式というセレモニーで生徒の心を傷つけるような行為が教育的といえるのか.入学金未納については「これが支払われなければ高校入学が認められない」と保護者に通告すればよいだけのことだ.また生徒たちには「みんなと入学式を迎えるけれども,まだ入学金や教材費が支払われていないから,正式な入学手続きは終わっていないよ」と話しておけばよい.それだけで状況はすべて確認される.
 教育評論家の尾木直樹・法政大教授(臨床教育学)は「極めて機械的、官僚的対応。学校側は2人だけではなく、生徒、保護者に謝罪すべきだ」と話している。【神足俊輔】
「保護者に謝罪」はともかく,「教育者」という人間を育てる側の対応にしては「極めて機械的、官僚的対応」というのは同感である.

 いい年をしたオッサン,しかも高校の校長というから,長年の教育経験もあり,それなりの分別ももっているだろう.なのに何故こんな思いやりのない対応しかできないのか.校長がこんなお粗末な対応しかできないとは,なるほど,日本でイジメが無くならないのも無理からぬことだ.
[PR]
by hiroi22 | 2008-04-14 00:00 | ずっと思う

野茂という姿勢

 野茂が1000日ぶりに大リーグのマウンドに立った.
<野茂英雄>1000日ぶりメジャー復帰 ヤンキース戦登板(毎日新聞)
しかしその道のりは平坦ではなかった.
 【カンザスシティー(米ミズーリ州)高橋秀明】野茂、1000日ぶりの復帰――。大リーグ、ロイヤルズの野茂英雄投手(39)は10日、当地で行われたヤンキース戦で、05年7月15日以来となる公式戦登板を果たした。解雇、右ひじ手術、再起をかけた南米ベネズエラへの旅。今年8月に40歳を迎える日本人大リーガーの先駆者は「野球をやるならメジャーでやりたい」という一心で長く孤独なリハビリを続けた末、カムバックした。
 文章で書けばこれだけで終わってしまうことだが,ヤワな僕などには絶対まねすることができない.彼はいったいどれほど強靭な精神の持ち主なんだろうか....
 午後9時15分、2番手に指名された野茂は、待機していた右翼フェンス向こうのブルペンから、時折、夜空に雷光が走る雨上がりのマウンドに駆けた。「ヒデオ・ノモ」のコールに、地元の観客席からはどよめきとともに、大きな拍手が起きた。

 野茂は06年6月、ホワイトソックス傘下の3Aチームを解雇された後、大リーグ復帰を目指して右ひじを手術したが、痛みが消えず、投球できない日が続いた。野茂は過去にも酷使してきた右ひじや右肩にメスを入れ、その度に球団から解雇されてきた。

 痛みが消えた昨年秋、大リーグの球団にアピールするため、単身ベネズエラに渡ってプレー。ただ1球団、獲得に名乗りを挙げたア・リーグ中地区4年連続最下位のロイヤルズとマイナー契約を結んだ。日本ハムを日本一に導き、今季からロイヤルズの指揮を取るトレイ・ヒルマン監督は「けがが治っていれば、彼は何かを起こすかもしれない」と野茂の再生に賭けた。野茂は「先発にこだわりはない。昔の自分でないことは分かっている」と救援投手として再出発し、オープン戦15イニングで17奪三振と結果を出した。右足付け根を痛めて開幕メジャーはならなかったが、5日、メジャーに昇格した。

 12人いるロイヤルズ投手陣の12番目に滑り込んだ野茂は、敗戦処理の役回りも回ってくる立場だが、「チャンスを与えてくれて、感謝している。チームの勝利に貢献し、プレーオフを目指したい」。ブルペンという新しい居場所から、復活を期している。
 彼によって勇気づけられたし,彼と同時代に生きたことは僕にとって幸運だった.しかし,実際のところ僕は野茂をどう賛美したらよいのかわからないのだ.陳腐な言葉の羅列で彼を表現したくはない.

 いつの日か彼もマウンドを去る時が来るのだろう.おそらくそのときも野茂らしく,じっと前を向いて去ってゆくに違いない.それまでにファンの一人としてきちんと心の整理をしておこう.
[PR]
by hiroi22 | 2008-04-12 23:15 | ずっと思う

夜桜 in 千鳥ケ淵

 先日、千鳥ケ淵に夜桜見物に出かけました.デジカメでうまく撮れたので,記念にアップしておきます.
d0007533_18413520.jpg

これは地下鉄九段下の出口を出たところの風景.まだ,薄暮だったのでライトアップとの微妙なトーンが綺麗に写せました.


d0007533_18441694.jpg

少し暗くなったときの写真.手ぶれ写真ですが,うまい具合に面白い効果になってます.


d0007533_1846888.jpg

ちょうどライトアップのライトの真下から撮りました.幻想的(?)な一枚.


d0007533_184781.jpg

このあたりは,ライトの色に変化がついている場所でした.それで桜の色合いが違って見えています.


d0007533_18481039.jpg

対岸の桜もライトアップのおかげで綺麗に見えています.ボートがおもちゃのようでした.
[PR]
by hiroi22 | 2008-04-05 18:49 | じっと思う

卑劣な恫喝と脅迫を蹴散らし自由を守る

 映画「靖国 YASUKUNI」の上映問題で新しいニュースがあった.(記事は末尾に)
<映画「靖国」>大阪「第七芸術劇場」など予定通り上映へ(毎日新聞)
映画「靖国」 全国21館が5月以降に上映へ(朝日新聞)
 社民・福島氏、「靖国」自主上映を検討(朝日新聞)

 この問題をしつこく書くけれど,表現の自由を封殺しようとするようなことは絶対にまかり通ってはならない.まずは大阪と京都の映画館(そういえば京一会館ってあったなぁ〜・・・遠い目)で封切りになりそうだ.反権力の大阪と大学町としての知性の京都の面目躍如というところか.上映する映画館はどんな陰湿な嫌がらせがあってもそれを蹴散らして欲しい.上映する映画館が増えれば,社民党の福島党首が提唱する超党派の議員による自主上映は不要だろうが,「『事前検閲だ』とか『表現の自由を侵害している』などと批判されたが、私の意図とは違い、残念だ」などと述べた稲田センセ,
その言葉に偽りがないのなら,真っ先に賛同するべきでしょう!それとも「残念」はやっぱりポーズでしたか?

<映画「靖国」>大阪「第七芸術劇場」など予定通り上映へ
 靖国神社を描いたドキュメンタリー映画「靖国 YASUKUNI」の上映中止問題で、大阪市淀川区の映画館「第七芸術劇場」や京都市下京区の映画館「京都シネマ」などは映画を予定通り上映することを決めた。「見てもらわないと評価できない」などと説明している。

 映画は日本在住の中国人監督、李纓(リイン)さんが、8月15日の靖国神社など、10年かけて撮った映像を編集したもの。週刊誌に「反日的内容」との記事が掲載され、一部の国会議員が問題視。劇場には上映中止を求める抗議などもあったといい、トラブルの未然防止などを理由に、東京と大阪の計5館で上映が取りやめになった。

 一方、第七芸術劇場は当初の日程通り5月10日から7日間上映する予定。また京都シネマも8月に上映を予定している。第七芸術劇場の松村厚支配人は「これで全国で中止なら、嫌がらせや抗議で取りやめにできることになる。批判する人がいていいし、その通りと思う人がいてもいい。上映しなければ議論にもならない」と話している。広島サロンシネマ(広島市中区)も6月に上映する方針という。

 配給元のアルゴ・ピクチャーズによると、東京でも新たに上映を希望する映画館が出てきており、日程などを調整中という。【中村一成】
映画「靖国」 全国21館が5月以降に上映へ

 12日に封切り予定だった映画館が相次いで上映を見合わせたドキュメンタリー映画「靖国 YASUKUNI」をめぐり、配給・宣伝会社のアルゴ・ピクチャーズは4日現在で全国の21館が5月以降に上映予定であることを明らかにした。4館が見合わせた東京都内でも、1館で公開する見通しになったという。

 ほかにも検討中の映画館があり、新たに上映の打診をしてきた館もあるという。

社民・福島氏、「靖国」自主上映を検討
 社民党の福島党首は2日の記者会見で、超党派の国会議員に呼びかけ、ドキュメンタリー映画「靖国」の自主上映を検討する考えを示した。

 福島氏は「日本の表現の自由の危機だ。全力を挙げておかしいと言う」と語った。国会議員向けの異例の試写会が開かれた後、上映予定の映画館が街宣車などによる抗議を受けたとして、福島氏は「上映前に国会議員が介入して、結果的に中止に追い込ませた」と批判した。

[PR]
by hiroi22 | 2008-04-05 00:27 | じっと思う

日本を恥ずかしい国に貶める輩

 エイプリルフールのウソであって欲しいと願ったのがこれ.
Excite エキサイト : 社会ニュース <映画>「靖国」上映、映画館が相次ぎ自粛
 3月18日に東京・新宿のバルト9が上映取りやめを決定。その後、銀座シネパトス、渋谷Q―AXシネマ、シネマート六本木、シネマート心斎橋も中止を決めた。銀座シネパトスを経営するヒューマックスシネマは「上映中止を求める電話がかかったり、周辺で抗議行動があった。近隣や他の観客に迷惑がかかるため、中止を決めた」としている。一方、Q―AXシネマの営業責任者は「具体的な抗議や嫌がらせはないが、不特定多数の人が集まる施設なので、万が一のことがあってはならない」と、上映見送りの理由を語った。
 「周辺で抗議行動」とはおおかた街宣右翼の馬鹿騒ぎだろう.彼らの行動には伏線があって,自民党の稲田朋美衆院議員をはじめとするわけの分からん連中が,「反日的」と騒いでこの映画に難癖を付けたのが始まりだ.これに単細胞右翼が飛びつかぬはずはない.姑息な嫌がらせで映画館に圧力をかけ,上映中止に追い込んだというわけだ.こういった脅しに屈する映画館側にも我慢がならないが,一番許せないのは単細胞右翼よりも自民党の稲田朋美衆院議員たちだ.
 彼女は今回の事態を受けてしおらしいポーズをとっている.
 ドキュメンタリー映画「靖国 YASUKUNI」について、文化庁の所管法人から助成金が出ていることから、試写会を開くよう求めた自民党の稲田朋美衆院議員が28日、日本外国特派員協会で記者会見した。稲田議員は、予定していた上映を中止した映画館が出たことについて「『事前検閲だ』とか『表現の自由を侵害している』などと批判されたが、私の意図とは違い、残念だ」などと述べた。
まあ,恥ずかしげもなく「残念だ」とよく言うよと思う.厚顔無恥とは彼女のためにある言葉と断言しよう.この映画の上映前に,ああいう形で単細胞右翼を煽れば,彼らがどういう行動をとるかはわかっていたはずだ.知らぬとは言わせぬ.もしそんなことも知らぬ世間知らずなら国会議員の資格はない.そういうストーリーは織り込み済みで,「シメシメうまくいったわい」と喜んで,後ろを向いて舌でも出しているのだろう.
 思想・言論の自由は民主主義の根幹だ.それがこんな形で蹂躙されてしまった.この事態を世界の心ある人たちはどう見るだろう.日本はまだこんな野蛮なことが許されるのかと軽蔑するに違いない.まったく,アホな国会議員のおかげで恥ずかしい姿をさらしてしまったと言う他はない.
 この件で「こんな書きっぷりではまだ甘い!」と思われるお方は以下のblogでもごらんくあれ.
日々雑論 屑議員稲田とか屑ウヨとかがこんな馬鹿な事やってるから日本はいつまでたっても4等国なんだよ
[時事]映画「靖国 YASUKUNI」上映中止反対!みせてくれ!
[時事][産経ヲチ]狂ってる腐ってる終ワットルそれが今日の産経「主張」!
[PR]
by hiroi22 | 2008-04-01 21:49 | ずっと思う

ブログパーツ

  • →:次の記事へ
  • ←:前の記事へ
  • Home:このページの先頭へ
  • End:最後の記事へ

最新のトラックバック

「オバマファクター」米国..
from 米流時評
シティバンク危機脱出!連..
from 米流時評
経済氷河期に春一番? C..
from 米流時評
警告!北朝鮮が即時臨戦態..
from 米流時評
作家フォーサイス 次の小..
from 米流時評
「事実は小説よりも奇なり..
from 米流時評
オバマのマンモス再生予算..
from 米流時評
ウォール街の真冬はいつま..
from 米流時評
ウォール街ブリザード!ダ..
from 米流時評
自由への厚い扉/エジプト..
from 米流時評

リンク

タグ

(119)
(60)
(49)
(45)
(45)
(39)
(32)
(26)
(26)
(24)
(16)
(15)
(14)
(12)
(10)
(9)
(8)
(8)
(5)
(2)

ライフログ


青の時代


オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える


風味絶佳


Antonio Carlos Jobim's Finest Hour


セゴビアの芸術

カテゴリ

全体
じっと思う
ずっと思う
Macintosh
iPhone

検索

以前の記事

2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
more...

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧