「ほっ」と。キャンペーン


ボーッと何かを・・・ 日々の考えの備忘録


by hiroi22

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2007年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧

歴史修正主義者たちよ、恥を知れ

 安倍内閣はひどい内閣だった.その悪行の一つが高校の教科書検定で沖縄戦での住民の集団自決の軍の関与が削除されたことだ.これに抗議して,沖縄で大規模な集会が開かれた.
<沖縄>集団自決で検定意見撤回求め県民大会 11万人参加
 太平洋戦争末期の沖縄戦で起きた住民の集団自決を巡る文部科学省の教科書検定意見の撤回を求める沖縄県民大会が29日、宜野湾市の宜野湾海浜公園であり、約11万人(主催者発表)が参加した。超党派の大会としては、約8万5000人が参加した95年の少女暴行事件に抗議する大会を大幅に上回り、歴史認識を巡る沖縄と政府の対立軸が改めて鮮明になった。大会は旧日本軍の命令、強制、誘導などの表現が削除された教科書検定を厳しく批判。検定意見の撤回と集団自決を巡る強制性の記述回復を求める決議を採択した。
 従軍慰安婦問題も同根だが,被害者の声,歴史的事実から目を背けて都合のよい主張に歴史を改ざんする歴史修正主義者たち.沖縄の人達の声を聞き,自らを恥ずべきである.
 安倍前首相はこの検定意見について,当時こういう風に述べていた.
(2007/06/23 琉球新報)安倍晋三首相は23日午後、沖縄全戦没者追悼式出席後、記者団の質問に答え、沖縄戦の「集団自決」への軍関与を削除した文部科学省の教科書検定について「これは(文科省の)審議会が学術的観点から検討している」と述べ、検定の撤回は困難との認識をあらためて示唆した。
 ところが,この「美しい国」を標榜する人間は,こんなことを言いながら住民に対して後ろを向いて舌を出していたのだ.(↓)
[集団自決]軍の関与削除に「つくる会」関係者が関与
教科書改竄の「黒幕」(9月30日追記)
 「新しい歴史教科書・改訂版」(扶桑社)の監修者と同じ研究グループに属していた人物が日本史を担当した教科書調査官の一人だったのだ.とんだ「学術的観点からの検討」である.さすが歴史修正主義者安倍晋三でなければ出来ない言動といえる.

 結果的に,歴史修正主義者たちへの体制側からの批判となっている本がこれ,白州次郎「プリンシプルのない日本」という本.d0007533_22234243.jpg出張に出かける時に新幹線の中で読もうと思って買った本だ.タイトルが気に入った.
 著者の白洲次郎という人は戦後吉田茂の下で働き,そのあと東北電力の会長になった人である.彼の略歴を見れば分かるが,いわば体制側の人間であり,若くしてケンブリッジ大学に留学するなどエリートでもある.この本は戦後十年くらいの日本の政治・経済を中心とした社会情勢について,白洲次郎の忌憚のない意見が綴られている.その意見についてはここでは言及しない.同意できることもあるしそうでないこともある.しかし,この本を読んで面白いことは,戦前戦後の日本の雰囲気が分かる事だ.
 白洲次郎はこの本の中で,先の戦争は馬鹿げた戦であったと繰り返し述べている.また,アジア諸国での反日感情は強く,戦後の日本の人たちは「みんな,もう戦争はこりごりだ思っている」とも述べている.さらにこの本の中で彼が悲憤慷慨する戦後日本の惨状は,戦争中に外地で一部の日本人が行なった乱暴狼藉の罰なのかも知れないと書いている.
 彼が馬鹿な戦争と断定した太平洋戦争から60年経って「歴史修正主義者」と呼ばれる人達が目につくようになってきた.先の戦争は自衛のものであり,彼がひどいことを行なったと書いた旧日本軍は聖人君子の集団であったと彼らはいうのである.ゆえに犠牲者・被害者は本質的に存在せず,犠牲者・被害者と称するのは嘘つきであり,「反日」というのはいわれのな言いがかりに過ぎず,謝罪の必要なしと主張する.否,仮に不届きな行為があったとしても,それは「他でもやっていた」行為であり,日本軍に全く罪はない.犠牲者・被害者のことなぞは知らない,という論理を振りかざすのである.
 こういう人達の言動を見て白洲次郎はどう思うだろうか.彼らの歴史の歪曲ぶりに呆れる事は間違いない.白洲次郎は思いやりのある人である.犠牲者・被害者の痛みがわからない彼らに怒りをぶつけるかも知れない.また,一時的にせよ歴史修正主義者安倍晋三が内閣総理大臣に就任したことも恥ずべきことを思うことだろう.
[PR]
by hiroi22 | 2007-09-29 22:47 | ずっと思う

相撲界--事の重大さの認識

 大変なことが起きてしまった.時津風部屋の17歳の若者が「稽古」という名の暴行を受けて亡くなってしまったのだ.
兄弟子が金属バットで暴行 時津風部屋の力士死亡事件
 この記事によれば,
 大相撲の時津風部屋の力士、時太山=当時(17)、本名斉藤俊さん=が兄弟子らから暴行を受け、死亡した事件で、兄弟子の1人が「金属バットで斉藤さんを殴った」と愛知県警に話していることが26日、分かった。金属バットの使用は、斉藤さんが死亡した6月26日当日のしごきや暴行の際だったとみられ、県警は経緯などを詳しく捜査している。
 別の記事には,時津風親方自身もこの暴行に関与したことが明言されている.
 時津風部屋といえば,あの69連勝の双葉山が親方であった由緒ある相撲部屋だ.双葉山自身、時津風理事長として相撲界に貢献した人だし,そのあとを継いだ大関豊山も理事長になっている.伝統ある時津風部屋でこのような不祥事が起こるとはどういう事なんだろうか.

 例の「朝青龍事件」とそれにまつわる対応で,私は相撲界を強く批判した.
体育会系の荒っぽさじゃダメだ
相撲協会は批判に耐えうる組織なのか
 批判の一つは,体育会系の「精神論」ですべてを解決しようとする姿勢であり,もう一つは相撲界の伝統的無批判な体質である.はからずも,この事件でもう一度このことを想起せざるを得ないことになってしまった.しかし,一人の若者の尊い命を奪ってしまったという事態に至ったからには,外部からの批判云々よりも,まず相撲界が自らこのことを重く受け止め,再びこのようなことが起こらないような決意と対策を表明すべきであろう.
 ところが,今のところ北の湖理事長にはそのような切迫感は見受けられない.

警察の捜査に任せてる 暴行・死亡事件で理事長
 日本相撲協会の北の湖理事長は26日、時津風部屋の力士が兄弟子から暴行を受けて死亡した事件で「警察の捜査中なのでお任せしている。親方本人が捜査に協力するのが一番だ」と捜査の行方を見守る姿勢を示した。協会は27日午後、定例の理事会、師匠会を開く。時津風親方は師匠会を欠席する見通し。時津風一門の伊勢ノ海理事(元関脇藤ノ川)は「親方からは以前に事情を聴いている」と慎重に話した。
 今回の事件は明らかに相撲界に巣食う慢性的な問題が引き起こしたものだ.他のプロスポーツで,このような形で人の命が亡くなるという事は聞いたことがないし,ありえないだろう.相撲協会の最高責任者として,北の湖理事長はこのことを真剣に考え,再発防止にリーダーシップをとるべきである.しかし,残念ながら上のコメントを見る限りまるで他人事である.これではだめだ.
[PR]
by hiroi22 | 2007-09-26 22:07 | ずっと思う

実は少しは「まし」と思ってたりして...

 福田新内閣が発足した.個人的には少しは期待はしている.もっとも,これには前任者があまりにひどかったので,その反動ということもあるかも知れない.
 で,今日発表になった閣僚名簿だけれど,ちょっとトーンダウン.前任者の指名された大臣がそのまま残っているからだ.今日の記者会見では
「国会開催中だから」
というのを理由に挙げていた.まあ,それは理解出来ないわけではないが・・・

 しかし,今日の記者会見の質疑を聞いて少なからず安心した.ちゃーんと質問に答えているもんね.これも前任者と比べると大違い.前任者は質問に答えないもんなあ.自分の言いたい事を繰り返すだけ.それに自分の言っている事が矛盾していても知らんぷり.福田首相はそれはないと見た.常識的な人だ.

 これから民主党とのせめぎ合いが始まるわけだけれど,福田首相はしきりに野党との話し合いを強調していた.現在の国会での勢力分布を考えれば当然だ.いろいろな妥協がなされる事と予想されるが,それはある意味で本当の議会政治ともいえるのではないだろうか.
 それについて注文がある.例の「サービス残業法案」のように財界だけを見るような姿勢は改めてもらいたい.私はデジカメをはじめとしてキヤノンの製品は愛用しているが,そのトップたる経団連の会長の言っている事は全く同意できない.しかしながら経団連というのは圧力団体と考えれば,どんなに非常識な事でも自分たちの立場・意見を主張するのは当然と言えばそうかも知れない.問題は,それを政府側がへいこらして聞く事なのだ.国民から吸い上げた税金を再配分する話なのだから,全体,特に弱者に配慮した配分を行なって欲しいものだ.
[PR]
by hiroi22 | 2007-09-25 23:40 | じっと思う

「朝青龍たたき」に走った皆さん,出番ですぞ!

 blogというか,書かれたものは面白いもので,後に残るのである.いつでも参照することができる.この一月ほどの間に病気を理由に雲隠れした有名人が二人いる.横綱朝青龍と内閣総理大臣安倍晋三である.朝青龍に対しては,医師による記者会見が何度も行なわれ,病名まで繰り返し発表されているにもかかわらず,連日マスコミの取材とblogによる非難が後を絶たなかった.私はといえば,彼への診断結果を前提に擁護論を何度も述べた.

体育会系の荒っぽさじゃダメだ
誰かこのワカランチンたちを止めてくれ!
悪意と中傷に満ちたひどい記事

いま,読み返してみても書いてある事は間違っていないと思っている.
 さて,我らが安倍首相だが,これがまあなんとだらしない事に,入院してからの消息がほとんど話題にならない.病名に関しても,最初の記者会見で言及されただけ.その後の症状に関しても誰も取材していない.相撲にたとえて言えば,
安倍首相は本場所が始まって土俵入りまでしておいて,そのままトンズラした横綱みたいなもの
でしょう?相撲ならば横綱が不在でも場所は進みますが,国会はそうはいかない.行政の責任者がいなければ立ち行かない.そして税金のみが虚しく消費される.
 こんな状態だから,あれほど朝青龍を付け回し,連日ワイドショーで非難を並べたご仁はさぞかし,安倍首相に対してここぞとばかり怒りをぶちまけているのかと思えば,全くそうは見えない.また,blogを見渡しても「仮病だ」,「朝青龍モンゴルに帰れー」という勇ましい言葉で満ちていたのと比べると「雲隠れ入院だ」,「安倍晋三山口に引っ込めー」と書いているblogは見つからない.

 あれぇ?皆さんどうしちゃったの?
 やっぱりお上には逆らいません?
 それとも人種差別?


 ここは気弱な皆さんに代わって,私が病院に隠れた安倍首相を批判いたすことにしましょう.なお,以下の文章は誰かこのワカランチンたちを止めてくれ!で寄せられた朝青龍批判の「りんり」さんのコメントを一部改変(横綱→内閣総理大臣など)したものです.

内閣総理大臣ならなんでもあり、と映る安倍首相の行動は戒められるべきであり、あの行動に対し彼は猛省すべきだと思います。見本となりうる内閣総理大臣がとる行動ではありません。
下された選挙結果に対し無責任な態度を取る彼は、内閣総理大臣にふさわしくないと思います。病名などつけられる前に、しかと受け止め、責任ある行動をとることが信頼を回復することにつながるのではないかと思います。そうしていないがために、無駄ともいえる病気診断につながり、官房長官が事態報告をすることにつながり、国会を騒がせているのです。

まずは反省、そして行動でそれを示すこと。
それができなければ、また同じようなことが繰り返されます。
日本の国民・税金を大切に。

[PR]
by hiroi22 | 2007-09-21 00:58 | じっと思う

コスモポリタンな番組:関口知宏の中国鉄道大紀行

 最近楽しみにしているのがNHKで放送されている「関口知宏の中国鉄道大紀行」という番組.

番組のホームページ:http://www.nhk.or.jp/tabi/
番組のblog:http://www.nhk.or.jp/tabi-blog/

旅をして風景や自然を紹介するだけの番組ではない.そういった観光案内的要素もあるが,むしろ関口知宏と旅先で出会う人とのふれあいを楽しむ番組だ.関口知宏の人当たりの良さに負うところも大きいかも知れないが,旅先で出会う人達の人間らしさがたまらない魅力になっている.

伝統,文化,言語は違っても,どこの国でも同じ人間,喜怒哀楽の中で日々生活していることを再確認させてくれる.
[PR]
by hiroi22 | 2007-09-20 00:18 | じっと思う

週刊現代の記事についての覚え書き

 昨日のblogで書いた週刊現代をさっそく買ってきた.そこで書かれている安倍晋三脱税スキャンダルの記事の内容を要約しておく.
・安倍晋三の父故安倍晋太郎氏は,82年から病死する91年まで自らの政治団体に6億円余りを政治献金していた.
・この巨額の献金によって当時は所得控除が受けられ,課税を免れることができた.そのおかげで晋太郎氏の見かけ上の所得は極端に少なかった.(何という制度!)
・ところが晋太郎氏の死去に伴い,その巨額の政治資金はそのまま安倍晋三に引き継がれた.しかも週刊現代の取材によれば,そのうちの2億円弱が使途不明という.
・実際,安倍晋三が初当選した93年の彼の政治資金は新人議員としては異常に多い.
・2億円弱の使途不明金を含めた6億円余りの政治資金を,政治団体を通してそのまま相続すれば課税対象になる(財務省幹部の話).その場合,当時の税制では約3億円を納税しなければならない.
・相続税の脱税の時効は7年なので安倍晋三が罪に問われることはない.しかし,内閣総理大臣として道義上の責任は重大である.
・この相続税脱税疑惑について週刊現代は9月12日中を期限として質問を突きつけたが,その回答期限当日に突然安倍首相が辞任してしまった.
そして辞任会見のあとは,立花隆氏のコラムにあるように不可解な病状で入院してしまったのである.

 釈然としない話である.安倍晋三の病気が仮病でないにしても,この件はきちんと説明すべきだろう.週刊現代はしっかりと追及して欲しい.
 それにしても奇妙なのは,この記事に対する安倍晋三の対応である.週刊朝日のどうでもよい広告見出しに,かつてあれほど迅速かつ強硬に抗議をした同じ人間とは思えない.いくら胃腸が悪くても,抗議は出来るだろう.
 もう一つ奇妙なのは,この話題に触れるマスコミが少ないことだ.確かに自民党総裁選は世間の耳目を集める話題だが,ジャーナリストとしてこの「脱税疑惑」は見過ごすことができない話題ではないのか.
 こらぁ!田原総一郎!えらそうな顔をして,こっちは見逃すのか!それとも,やっぱり御用評論家かぁ!?
[PR]
by hiroi22 | 2007-09-16 21:39 | じっと思う

相撲取りよりも重大な仮病疑惑をなぜ追及しない?

 評論家の立花隆氏のコラムを読んだ.
週刊現代が暴いた”安倍スキャンダル”の全容
立花隆氏によれば,今回の安倍晋三の辞任→入院という行動は,週刊現代の記事についての追及を逃れるためだというのだ.要するに仮病だと言っているのである.うすうす感じていたものの,これだけはっきり書かれると驚きを禁じ得ない.
 入院先の慶応病院の医師の会見というものは断片的にしか知らないが,確かに
「内視鏡を入れて胃腸の内部をじっくり検査したが、目に見える異常は何も発見できなかった」
とかを聞くと「?」と思ってしまう.病名の「機能性胃腸障害」も聞き慣れないが,あまり重大なものとも思えない.本当に入院治療が必要なものなのだろうか?辞任表明をしたとはいえ,身分上は内閣総理大臣である.雑務であれ,こなすべき仕事は多いだろう.通院治療で済むものならそれにこしたことはないだろうと思うのだが.奇妙な話である.
 さらに奇妙なのは,朝青龍事件で「機能性〜」(だったかな?)の病気についてあれだけ騒いだマスコミが口をつぐんでいることだ.横綱とはいえ,単なる相撲取りの病気よりも我が国の宰相の病気の方がよっぽど重要だろう.これも立花隆氏によれば,安倍事務所のマスコミに対する恫喝のためだという.う〜ん

これはぜひとも明日(15日)発売の週刊現代を安倍事務所が買い占める前に手に入れなければ!!
[PR]
by hiroi22 | 2007-09-14 23:33 | じっと思う

安倍首相は立派な政治家である

安倍首相は天才である
「消えた年金5000万件は1年で照合します.」とホラを吹いても,化けの皮が剥がれる前に辞めてしまえばみんな忘れてくれるという妙案を思いついたのだから

安倍首相は真に学問を知る理性である
「神武天皇以来代々Y染色体を受け継いでいるのが皇統の証」などというアホかいなという戯言を吐く学者をブレーンとして招き入れているのだから

安倍首相は憲法を知る人である
自分の気に入らない憲法の条文は,解釈を変えて読めばよいという学説を披瀝してくれたのだから

安倍首相は希代の占い師である
世に「あんた10年後に大チャンスがあるよ.」などという,その時になったら当人も忘れているだろうよ迷い事を吐く占い師はいるが,わが安倍首相はその上をゆく
世界の温室効果ガスの排出量について「2050年までに現状比で半減」
と発し,自分が生きていない時代のことさえ断言するのだから
(ちなみに,日本が京都議定書で約束した削減目標(90年比で排出量を6%削減)は現状では達成困難だそうで...)

安倍首相は人事の人である
最近の混乱人事は言うまでもなく,遡れば利権の固まりとも言うべき農水行政のトップに,族議員の権化故松岡大臣を配し,男女共同参画担当大臣に最も保守的な家族観を持っている高市早苗議員を当てるなど,そのでたらめ人事による功績は著しいのだから

安倍首相は信念の人である
従軍慰安婦に対し「狭義の強制はなかった」などというネット右翼顔負けの発言をしたかと思えば,その発言が国内外で非難を浴びるや口をつむぎ,果てはアメリカに行って謝罪外交・土下座外交を繰り広げ,その信念の確かさをアピールしたのだから

安倍首相は民主主義の寵児である
連日連夜の強行採決 法案というものは議論するべきものではなく数に頼んで通すもの 
国会はその通過儀礼の場所に過ぎないという場所に堕落させた人

安倍首相は偉大な思想家である
戦前回帰のお馬鹿な右翼思想の持ち主はこんなに愚かなんですということを自ら示した人だから

安倍首相は立派な政治家である
自分を選ぶか小沢民主党代表を選ぶかと絶叫した参議院選挙で大敗を喫しても「首相は辞めない」とおよそ信じられない自分勝手な決断をしたかと思えば,組閣して所信表明演説をしたあと,突然「ヤーメタ!」
この人の身勝手のために一体どれくらいの人々が振り回され,血税と時間がムダになったことだろう(嘆息)

[PR]
by hiroi22 | 2007-09-12 23:22 | ずっと思う

相撲協会は批判に耐えうる組織なのか

 「名選手必ずしも名監督ならず」という諺がある.この諺は,少なくとも日本では野球界を意識したものだが,一般論として全てのスポーツに当てはまる諺だろう.当然相撲界にも当てはまる.つまり,「名力士必ずしも名親方ならず」というわけである.
 しかし,こういう言葉の言い換えをしてみて,ふと考えると相撲界というものの特殊性が見えてくる.先の「・・・名監督ならず」という言葉だが,これには「名監督かそうでないかが評価される」という暗黙の前提がある.たとえ名選手でも監督として不適格であれば首は切られるのだ.しかし,翻って相撲界を見た時に,部屋の力士の成績が悪いので親方を辞めましたという話は寡聞にして聞かない.つまりそういう批判はない世界なのだ.批判があったとしても,力士の礼儀作法だといったレベルの話で終わってしまう.この点から「名力士必ずしも名親方ならず」というのは実際には意味のない諺であり,相撲界の特殊性の一端が見えるのである.
 私はこのblogで,例の「朝青龍問題」で相撲協会の対応を批判してきた.その中で,心に引っかかっていたのは,「いったい相撲協会のお偉方というのはどれほどの判断力,経験,問題対処能力を持った人達なんだろうか?」ということだ.彼らは現役時代番付の上位を経験した元力士たちばかりである.しかし「名選手必ずしも名監督ならず」ではないが,相撲が強かったからというだけでは,組織を運営出来る能力に長けてるとはいえまい.(例えば,そこに外部からの批判というものがあれば,篩(ふるい)がかけられ物事は健全な方向に進むのであるが.)実際,この不安が適中したのではないかと思わせる事態が起こった.

<相撲協会>記者クラブ会友の杉山さんの取材証を”はく奪”
 日本相撲協会の北の湖理事長は10日、横綱・朝青龍に関する一連の騒動に関してテレビで解説をした東京相撲記者クラブ会友の杉山邦博さん(76)=日本福祉大学客員教授=の発言が協会批判にあたるとして、協会発行の取材証を返還させた。事実上のはく奪で、これに対し、同クラブは11日、抗議文を提出したが、理事長側は返還に応じていない。

 北の湖理事長は、抗議文で「(杉山さんの)言動の何が問題なのか、明確にしてほしい」と要請されたのを受けて、同クラブの代表者に対して口頭で回答。(1)8月中旬の朝の民放情報番組で「朝青龍への処分に対しては弁護士や識者を入れて決めるべきだ」というコメンテーターの発言に杉山さんがうなずいたのは相撲協会批判にあたる(2)テレビ出演の際の肩書が「相撲評論家」「相撲ジャーナリスト」となっているが、こうした立場の人には(記者でないので)取材証を発行できない——と、返還させた理由を説明した。
「言論の自由」であるとか「議論によって物事を決める」ということなどを少しでも考えたことがあるのならば,「協会批判の意見にうなずいた」とか「テレビ出演時の肩書きがどうたらこうたら」という理由で取材を許さない,という発想は出て来ないはずだ.
 杉山邦博氏は元NHKのアナウンサーである.相撲の実況としては北出清五郎氏の名調子には及ばないものの,北出氏の後輩として長く相撲の実況放送に携わってきた人だ.したがって,大相撲に対する見識と愛情では人後に落ちない人だと思う.そのような人の意見・批判をどうして真摯に受け取ることができないのだろう.この対応では,批判を受け付けない,批判に耐えられない組織であることを自ら公言しているようなものである.
 現在の北の湖理事長は,現役時代のしこ名で親方を名乗ることが許されるほどの大相撲の功労者ではあるが,彼は中学を卒業後すぐに三保ガ関部屋に入門している.つまり,人間形成期から一貫して相撲界という特殊な世界に身を置いてきた人なのである.今回のことも含めた一連の騒動の対処を見ると,彼は大相撲というものをマネジメントする人間としては不適格であると断定せざるを得ないのである.
[PR]
by hiroi22 | 2007-09-12 00:21 | じっと思う

安倍晋三駄々をこねる

 安倍首相が11月で期限が切れるインド洋での海上自衛隊の給油活動継続が出来なければ「職責にしがみつくことはない」と辞任を言明したらしい.
給油継続できぬなら退陣 首相、記者会見で表明
【シドニー9日共同】安倍首相は9日午後、シドニー市内のホテルで内外記者会見を行い、テロ対策特別措置法に基づくインド洋での海上自衛隊の給油活動継続を「国際公約」とあらためて位置付け、継続できなければ政治的責任をとり退陣する意向を表明した。民主党の小沢代表と早期に党首会談を行い、給油継続に理解を得たい考えも示した。首相は「(継続できない場合は)職責にしがみつくことはない」と言明。(共同通信 )
 このニュースを知ったほとんどの人が唖然としたことだろう.自分を選ぶか,小沢民主党代表を選ぶか,と絶叫した参議院選挙で大敗したにもかかわらず政権にしがみついた人物が,いとも簡単に退陣を示唆したのだから.そして,選挙民の審判よりもアメリカのご機嫌伺いの方が重要だと考えていることにも驚いたことだろう.
 それにしても,毎度ながらこの人の言うことには呆れさせられる.今度も,まるで子供が駄々をこねているような話だ.
「○○買ってくれなきゃ,ぼくちゃん死んでやるぅ〜」
そんな風に聞こえる.まあ,どーぞ退陣でも,お母さんを困らそうとして水たまりに寝転がるでも好きにして下さい.ご勝手に.
[PR]
by hiroi22 | 2007-09-09 22:54 | じっと思う

ブログパーツ

  • →:次の記事へ
  • ←:前の記事へ
  • Home:このページの先頭へ
  • End:最後の記事へ

最新のトラックバック

「オバマファクター」米国..
from 米流時評
シティバンク危機脱出!連..
from 米流時評
経済氷河期に春一番? C..
from 米流時評
警告!北朝鮮が即時臨戦態..
from 米流時評
作家フォーサイス 次の小..
from 米流時評
「事実は小説よりも奇なり..
from 米流時評
オバマのマンモス再生予算..
from 米流時評
ウォール街の真冬はいつま..
from 米流時評
ウォール街ブリザード!ダ..
from 米流時評
自由への厚い扉/エジプト..
from 米流時評

リンク

タグ

(119)
(60)
(49)
(45)
(45)
(39)
(32)
(26)
(26)
(24)
(16)
(15)
(14)
(12)
(10)
(9)
(8)
(8)
(5)
(2)

ライフログ


青の時代


オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える


風味絶佳


Antonio Carlos Jobim's Finest Hour


セゴビアの芸術

カテゴリ

全体
じっと思う
ずっと思う
Macintosh
iPhone

検索

以前の記事

2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
more...

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧