ボーッと何かを・・・ 日々の考えの備忘録


by hiroi22

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2007年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

教育再生会議の「報告」なんだが

 (前回の続き)前回述べた視点を勘案しつつ、今回の報告を読んだ。この報告は「概要」と「本文」からなる。これらは、教育再生会議 第1次報告についてで見ることが出来る。「概要」は単なるスローガンのオンパレードで、やたら精神論っぽい表現が目立ち、具体性に乏しい。「教育再生会議」の議論のムードは感じられるが、あまり詳細に検討するものでもなさそうなので、本文を見てみる。この報告での目玉は、新聞などで報じられているように、「ゆとり教育」の見直し、いじめる子供に対する出席停止などの罰則、教員免許の更新制度の導入などなどであろう。そして、この報告を支配する観念は「罰則、競争、評価」である。そして、こういったものの主な対象は、学校、教師、児童生徒である。
 わたしは、まずこの「罰則、競争、評価」というものは教育を論じる時にふさわしいものとは思わない。また、対象を学校、教師、児童生徒を主として論じていることも一面的だと思う。例えば、いじめている子供は出席停止にすればよいとでも言わんばかりの議論はとても乱暴である。この報告書でいう「競争」とは単なる進学競争に堕する可能性が極めて高い。「評価」と簡単にいうが、教育を評価することが果たして可能なのか?それについてはまったく考えていないように見える。
 もう一つの疑念は、仮にこの報告書に書いてあることを認めたとしても、実際に実現可能や実効性が疑わしい提案がいくつもある。例えば、あるところで
学校は、夏休みや放課後を活用して、教員経験者、学生ボランティア、地域の協力も得て、補習を実施するなど学力向上に取り組む。
と言いつつ、そのすぐ下には
学校は、体験活動、文化・芸術、スポーツ、ものづくり、地域に根ざしたふるさと学習など、子供の多様な能力・適性、価値観、興味・関心、進路等に応える。
とある。やれやれ、放課後や夏休みに補習をやらされて、更に体験活動、文化・芸術、スポーツ、ものづくり、地域に根ざしたふるさと学習まで要求されるのか!?生徒も先生も大変だ。高校生になると必修のボランティア活動(なんと矛盾に満ちた表現)が待っている。(-_-)そして真面目な先生は過労死の危険があるね。
もちろん、この報告書を書いた委員の先生方はご自分でやってきたことなんでしょうね!
 この種のことは取り上げればきりがない。突っ込みどころ満載の報告書。つまりは、教育の現場経験のない先生方が書き上げた作文と断じたい。
 ちなみに委員の方は次のお歴々である。

浅利慶太劇団四季代表・演出家
○池田守男株式会社資生堂相談役
海老名香葉子エッセイスト
小野元之独立行政法人日本学術振興会理事長
陰山英男立命館大学大学教育開発・支援センター教授、
立命館小学校副校長
葛西敬之東海旅客鉄道株式会社代表取締役会長
門川大作京都市教育委員会教育長
川勝平太国際日本文化研究センター教授
小谷実可子スポーツコメンテーター
小宮山 宏東京大学総長
品川裕香教育ジャーナリスト
白石真澄東洋大学経済学部教授
張 富士夫トヨタ自動車株式会社会長
中嶋嶺雄国際教養大学理事長・学長
◎野依良治独立行政法人理化学研究所理事長
義家弘介横浜市教育委員会教育委員、東北福祉大学特任講師
渡邉美樹ワタミ株式会社代表取締役社長・CEO、
学校法人郁文館夢学園理事長

(注) ◎座長 ○座長代理
[PR]
by hiroi22 | 2007-01-30 00:39 | ずっと思う

教育は理念だけでは・・・(「教育再生会議」の第一次報告)

 「教育再生会議」の第一次報告が発表になった。この報告の意見を述べる前に、私の「教育問題」に関するスタンスを明らかにしておく。
 この種の「教育問題」の議論において子供に直接接する家庭と学校がまず問題にされる。一方、社会全体の関わりを指摘することも出来る。私の立場は社会全体の関わりを重視したものだ。もっと言えば、この社会が子供だけでなく、親にも影響を与え、そしてそれが親を通して間接的に子供に影響を及ぼす。したがって、社会のありようは2重にも3重にもなって子供に影響を与えるのだと考えている。特に最近のマスメディアやインターネットの発展が著しい現代においては重要だと思う。社会全体の影響について次のような思い出がある。
 昔、もう15年以上も前のことだ。北欧のフィンランドにしばらく滞在していたことがある。フィンランドは社会保障や教育面の経済的な支援が手厚い国だ。そのせいか、昼間からでも酔っぱらいを見かける。逆に言えばそんな彼らでも保護を受け暮らしてゆける国なのである。そのフィンランドから帰国する途中、飛行機の乗り継ぎの関係でオランダのアムステルダムに一泊することになった。アムステルダムの空港を降りて市内に出た時に驚いた。人々の人相がとても険悪に見えたのだ。今から思えば、アムステルダムの人々は自然に真面目な顔をして歩いていたのだろう。しかし、ヘルシンキの人々の穏やかな表情を見慣れていたため、その反動としてこのような感想を持ったのだと思っている。そして同時に思ったのは、子供を含めて人々が穏やかに暮らす(暮らせる)社会、これはその社会のおこなう「教育」と相互的にかかわっているものなんだろうということだ。
 私の立場でもう一つ明らかにしておきたいのは、「統計的」という言葉だ。「巨視的な見方」と言ってもよい。
 こういう問題に「社会全体の責任」ということを言及すると、「個人の責任を社会に押しつける」といった風な反論が必ずなされる。これはそうではない。個人の責任は当然ある。しかし、社会全体が悪い方向へ向かえば犯罪が増えるように、子供にとって悪い方向へ社会環境が変化すれば、教育面でのいろいろ深刻な問題が増えるのだ。したがって、巨視的な立場でそれを指摘しなければ、枝葉末節にとらわれた議論しかできないだろう。つまり言わんとしたいのは、社会全体を子供の教育という立場を中心に見直すということだ。更に言えば、こういう観点で議論を進めることは、政府機関など、公権力に近い場では最優先に行なわれるべきであると思う。
 という私の立場から、今回の報告を眺めてみると、ペケである。(つづく)
[PR]
by hiroi22 | 2007-01-28 16:56 | ずっと思う

還元:iPhoneからMacintosh

 いまだにMulti-touchのiPhoneの発表の衝撃から抜けられない。ただ、今回のMac Worldで不満だったのは肝心のMacintoshの話題が少なかったことだ。新しいOS X(Leopard)についての情報も聞かないし、新しいMacintoshの発売の兆候も見えなかった。
 そんなことをぶつぶつ思っていると、思わぬ考えが脳裏をよぎった----
ひょっとしてMulti-touchのMacintoshが出る?
ふむ、これはあり得る。私がS. Jobsなら当然考えるぞ!キーボードもマウスも不要。これなら、多少ディスプレイが大きくとも重さは押さえられそうだ。
MacBook購入はしばらく様子見としよう。

[PR]
by hiroi22 | 2007-01-23 00:30 | Macintosh

その姿勢が問題---残業代ゼロ制断念

 政府がいわゆる「残業代ゼロ法案」の国会提出を断念したようだ。
<残業代ゼロ制>安倍首相が国会提出断念を明らかに
 こんなとんでもない法案、現状無視の法案が提出されなくてよかったとはいえるが、そもそもこんな法案を公然と提案しようとした姿勢が問題だ。しかも、旗振り役が「厚生」「労働」省というから呆れる。「過労死」、「労働条件の悪化」という問題をどう考えているんだろう。
 ただし「断念」したといっても、本当に問題点を認識してのものとはとても思えない。統一地方選や参議院選挙への影響を懸念してのものである可能性が強い。つまり、選挙結果によってはまたぞろ法案が顔を出すかも知れないのだ。

 まったく「財界の要望」には耳を傾けるが、労働者の健康とその利益には目をつむっているのだ。ここまであからさまな姿勢はひどいし、ある意味恥知らずだ。
[PR]
by hiroi22 | 2007-01-18 00:03 | じっと思う

NTT、au、SoftBankはApple詣でを--iPhone

 このblogで過去さんざん携帯電話の使いにくさを論じ、Appleが発表されると噂されていたiPhoneについての期待を述べてきた。
どうしてこんなに使いにくいんだろう(携帯電話)
どうしてこんなに使いにくいんだろう(携帯電話)2
Newton的iPhoneが出ないかな
極私的携帯電話論
ここまでしつこく述べると、これはもう単なる「願望」というより”悲痛な叫び”と言うべきかも知れない。そしてご存知の通り、本日MacWorldでAppleからiPhoneが発表された。
d0007533_23511755.jpg

d0007533_23563980.jpg

その機能については、いろいろな所で解説されているからここでは書かない。ただ、強調したいのは、このblogの「極私的携帯電話論」で要望した機能は、バッテリーの持続時間を除き、すべて満たされているということだ。すばらしい。これこそ待ち望んでいたものだ。しかし、悲しいかな
発売時期は2008年初め(アジア)!??
来年のことを言うと鬼が笑うぞ。しかも、まだ今年は始まったばかりじゃないかー!
 こうなったら日本の携帯各社よ、Appleに掛け合って何とか北米並みに今年の6月からiPhoneを日本で使えるようにしてくれ!君たちにとっても大きなビジネスチャンスのはずだ。
S. Jobsは日本びいきだ。彼の言う「アジア」に日本は含まれていない、と信じたい。

[PR]
by hiroi22 | 2007-01-11 00:07 | Macintosh

シャーロキアンになるAppleマニア--WacWorld Expo前夜

 シャーロキアンと呼ばれる人々がいる。コナン=ドイルの小説、シャーロック=ホームズを実在の人物と信じ(または仮定し)、小説中の事件やホームズの身辺などに推理と思いをめぐらす人々のことである。例えば、ホームズの出身大学であるとか、ワトソンの結婚生活などを彼らが「聖典」と呼ぶドイルの小説の記述から推理論証するのである。
 来週8日からサンフランシスコで開催されるMacWorld Expoを前にして、Appleマニア(含む私)はまさにシャーロキアンになっているようである。ただし、彼らが推理するのはMacWorld Expoで披露されるであろう新製品であり、その推理の基はAppleの些細な動き、情報である。今回彼らを特に高揚させているのが、アメリカのAppleの新年のホームページを飾ったメッセージである。
d0007533_22214551.jpg

最初の30年は始まりに過ぎなかった。ようこそ2007年へ。
 発せられたメッセージは、大きな期待を呼び起こす。
 MacWorld Expoで、最も注目されるのは、日本時間1月10日未明に行なわれるS. Jobsの基調講演だが、事前のプログラムによれば、今年はその基調講演の時間が30分長くなっており、何かとてつもない発表があるのではないかという憶測を呼んでいる。更に「MACお宝鑑定団」では、
情報筋によれば、Macworld Conference & Expo/San Francisco 2007におけるAppleブースには、日本語が話せるスタッフの配置が予定されている
との情報から、
発表される新製品は、日本におけるサービスも開始される可能性が高そうです。
という推理を展開している。---これって、単に日本人の参加者が多いためというだけの理由かも知れないけどね。ただし、「MACお宝鑑定団」はよく当たる!
 いろいろ思いをめぐらせ、インターネットで情報・噂を集めて楽しむ(!)のであるが、今回はどうも具体的な噂に乏しいようである。これまでならば、とんでもない妄想も含めて発表予定のハード・ソフトについて噂が飛び交うのであるが、今回は、Appleのホームページのメッセージにもかかわらず、そのような噂が存外少ない。それはそれで気になるのである。本当に発表予定のモノが無いのか(そんなことはあるまい)、それともその衝撃の大きさからAppleのガードが固く、情報が漏れて来ないのか(そうであって欲しい)。
 個人的には、待望のiPod Phoneの発表があると信じている。そしてそれはたぶん日本でも使用可能なんだろう。更に希望的観測を言えば、Let's Noteばりの軽量のPowerBookの発表がある(だから重いのはMacBook(Pro)という名称なのである)と思う。
[PR]
by hiroi22 | 2007-01-05 22:53 | Macintosh

ブッシュ政権はイラクで困っているか?

 最近の観測では、ブッシュ政権はイラクに新たに2万人規模の兵力を投入するとのことである。議会は民主党に握られているので、この提案がすんなり通るとは考えにくいが、すでに任期が終わることが確定しているブッシュ大統領は「何かをして歴史に名を残さなければならない」のでイラク問題解決にともかく手を打つ覚悟なのだそうだ。
 こんな状態を見ると、ブッシュ政権はイラク問題に困っているように感じられるが、今日再放送だった
「BS世界のドキュメンタリー」
■イラク 消えた200億ドル 〜追跡 開発基金の行方〜
(イギリス Guardian Films制作)
を見るとそんなノンビリ(?)した気分は吹っ飛んだ。ちょっと長いが、NHKのホームページから番組内容の説明を転載する。
2003年、イラクのフセイン政権崩壊後、アメリカ主導の暫定行政当局CPAがイラクを統治。CPAはイラクの石油の売上による利益や、差し押さえられた銀行口座の預金などを含む、イラク開発基金、およそ230億ドルの管理を委託された。

イラク開発基金は、本来イラク復興のために使われるはずのものだった。しかし、イラク国内での管理は甘く、盗難や紛失が数多く起こっていた。さらにアメリカを始め、外国の業者がこの利権に群がり、CPAから仕事を受注したが、契約の履行を監督する体制は整っていなかったと、元CPA幹部は語る。そんな中、いわゆる戦争成金が横行する。幽霊会社を作ってCPAに水増し請求するなど、様々な汚職や腐敗が発覚した。

一方、イラク南部ディワニヤの町の病院で、アメリカの援助による再建の現実を取材した、医師でジャーナリストのアリ・ファディルは、そのお粗末な実態に怒りを隠せない。改築後の病院では下水が詰まり、手術室の床の割れ目からは蟻が這い出していた。さらに、点滴用の針など、基本的な医療器具や医薬品の不足から、本来なら助かる乳幼児の患者が、数多く死亡している。こうした事態は、CPAの医療援助に対する姿勢が間違っていたことに起因している。援助の効果をアピールするような派手で高価な物ばかりに基金を使い、安価で地味だが、生死を左右するような基本的な医療器具を供給しなかったのだ。また、旧体制につながるバース党員を政府や公共機関から排除する「非バース化」政策により、医療制度を運営する優れた人材が解雇されてしまったことも原因だ。

番組は、アメリカ・イラク両国での関係者の取材から、イラク開発基金がいかに不正に使われていたか、その驚くべき実態に迫る。
番組を見れば分かるが、イラクの石油を売ったり旧イラク政府の財産を差し押さえたりしてできたイラク開発基金、つまり元々イラク国民の財産、これをブッシュ政権が作ったCAP(=暫定行政当局)とそれに群がる悪党どもがかっさらってしまったということである。チェイニー副大統領がかつて関係していた会社も関与しているらしいのだ。もっと言えば、ブッシュ政権に近い人間たちが甘い汁を吸った可能性が非常に高い。
 番組では、この基金が正しく使われなかったために起きた悲惨な状況が映し出されている。しかし、この暫定行政当局の担当者は取材に応じないか、応じたとしても他人事のような無責任な発言をするのみなのだ。この番組を見る限り、ブッシュ政権の馬鹿げた政策(例えば、上の説明にある「非バース化」)によりイラク国民の財産から巨額の不当な利益を得た人間が多数いることが分かる。ただ一つの救いは、現在、アメリカでは暫定行政当局の基金管理に関して調査が行われており、実際に不正が暴かれているということだ(このあたりはさすがにアメリカと言える)。帳簿などの関係書類の紛失などがあり、調査は困難なようであるが、ぜひがんばって欲しいものである。

 この番組を作ったのは、イギリスの制作会社である。さて、わが日本でここまで踏み込んだことが出来るジャーナリズムがあるのだろうか?難しいだろう。あったとしてもNHKでは放送出来まい。
[PR]
by hiroi22 | 2007-01-05 00:31 | じっと思う

ブログパーツ

  • →:次の記事へ
  • ←:前の記事へ
  • Home:このページの先頭へ
  • End:最後の記事へ

最新のトラックバック

「オバマファクター」米国..
from 米流時評
シティバンク危機脱出!連..
from 米流時評
経済氷河期に春一番? C..
from 米流時評
警告!北朝鮮が即時臨戦態..
from 米流時評
作家フォーサイス 次の小..
from 米流時評
「事実は小説よりも奇なり..
from 米流時評
オバマのマンモス再生予算..
from 米流時評
ウォール街の真冬はいつま..
from 米流時評
ウォール街ブリザード!ダ..
from 米流時評
自由への厚い扉/エジプト..
from 米流時評

リンク

タグ

(119)
(60)
(49)
(45)
(45)
(39)
(32)
(26)
(26)
(24)
(16)
(15)
(14)
(12)
(10)
(9)
(8)
(8)
(5)
(2)

ライフログ


青の時代


オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える


風味絶佳


Antonio Carlos Jobim's Finest Hour


セゴビアの芸術

カテゴリ

全体
じっと思う
ずっと思う
Macintosh
iPhone

検索

以前の記事

2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
more...

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧