ボーッと何かを・・・ 日々の考えの備忘録


by hiroi22

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2005年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

民主党

ちょっと前の話になってしまったけど.

Excite エキサイト : 政治ニュース

岡田代表というよりも,民主党の影があまりにも薄すぎる.さっぱり主張が見えないもんね.政治の争点に割り込めない.納得出来る論理を展開出来ない.数合わせを気にしているようではどうしようもない.
党内を見ても,日本刀を振りかざす訳の分からん右翼のおっさんを公認してるようでは駄目.リベラルに徹すべきだ.
結局,菅直人が小渕前総理に引導を渡せなかったのがそもそもの間違い.これは悔やんでも悔やみ切れんだろう.
[PR]
by hiroi22 | 2005-04-27 22:07 | ずっと思う

困りましたね

<学力テスト>「好成績」戸惑う文科省 なぜ、上向いたのか


天下の文科省が生徒の成績が上がったといって戸惑う(?)のだから困ったものです。私は“あまのじゃく”なので、文科省が「ゆとり教育」などと言いだしたときには、「そんなけったいなものうまくいくわけがない」と思い、世の識者が「ゆとり教育による学力低下」と声高に言い出すと「ちょっと待て。それでは前のままの教育で良いのか」と思ったりします。今回は学力低下論者のよりどころであった試験の点数が上がったのですから、これは素直に評価すべきでしょう。そうでないと今までの論拠は何だったんだということになります。
もう一つ、今日の朝日の夕刊に 「少人数教育をしてもあまり効果が見られなかった」という記事がありました。これは心底おかしいと思います。もし伝えられているような結果であるのならば、これは教育をした方が悪いと思います。算数・数学などで少人数教育をした方が効果が上がることは間違いないはずです。一人一人の理解度に応じて適切な処置がとれるのですから。もし効果がないという結果が正しいならば、これは 教える方・教わる方が少人数教育の有利さを十分利用していないからでしょう。
いくらクラスの人数が減っても、教え方が同じで、聞く方も同じ態度ならば何も変わりません。
[PR]
by hiroi22 | 2005-04-23 21:11 | じっと思う

野茂よ孤高であれ

野茂が日米通算198勝

野茂がヤンキースの強力打線を抑えて今季2勝目をあげた。大リーグ通算120勝、日米合わせて198勝となった。あと2勝で日米通算200勝になるが、野茂には孤高を貫いて、いわゆる「名球会」入りを拒否して欲しい。今の「名球会」とやらは単なる敬老会と何ら変わりがない。日本のプロ野球に対して何も貢献が無いと言っていいだろう。そんな中身の無い看板だけの組織は野茂には似合わない。
[PR]
by hiroi22 | 2005-04-20 21:53 | じっと思う

ディープインパクトの興奮

<競馬>皐月賞 ディープインパクトが完勝


競馬中継で興奮したのは久しぶりだ。それにしても、スタートで躓いて出遅れ、しかもややスローの展開のレースを後方から追いかけて、4コーナー大外を回って2馬身半の完勝とは恐れ入る。
馬券は買わないけど、競馬中継を見ていた歴史は長い。最初は偶然見たヒカルイマイのダービー。28頭立てのレースを直線大外から強烈に追い込んで勝った。スターホースというものの存在、ライバル達の名勝負というものを知った。タニノムーティエとアローエクスプレスの勝負、関西3強(ランドプリンス、ロングエース、タイテイム)時代、遅れてきた強豪タニノチカラ、キタノカチドキ、そして何と言ってもテンポイントとトウショウボーイ.....。
しかし、最近は何故か競馬中継には興味がなくなっていた。いろいろ理由はあるけど、結局は私にとって「思い入れをする馬」がいなくなったということだろう。では、どんな馬に「思い入れ」が出来るのかというと、まずは個性、姿、そして馬名。
申し訳ないけど、アグネス〜、とかマチカネ〜という名前の馬には思い入れし難い。その点、ディープインパクトは申し分ない。その強烈なレースぶりは見るものを魅了する。走る姿もすばらしい。そしてその名前もまさにインパクトがある。今年は競馬が楽しみである。

今回は競馬中継を録画して残そうと思った。フジテレビにするかNHKにするか迷ったのだがNHKを選択。これは正解だったと思う。実況はあの「栄光への架け橋だ!」の刈谷アナ。彼に競馬中継の経験がどれだけあるのかは知らないが、ディープインパクトのレースの興奮を伝えていたと思う。競馬中継と言えば杉本アナが有名だが、刈谷アナにはNHKだけれど、それに負けない名調子を期待したい。
[PR]
by hiroi22 | 2005-04-17 17:19 | ずっと思う

Tigerが出るそうな

米Apple:最新OS 10.4『Tiger』、29日に発売


私はMacintoshユーザーである、しかも相当長い。どれくらい長いかと言うと、もう17年ぐらいになる。何せ最初のMacintoshがあのMacintosh IIなのだから。でも、これは研究室用。自宅ではMacintosh Plus、SE/30から5、6台は乗り換えた。OSも漢字Talk 2.?ぐらいから知っている。当然Apple信者である。OS Xだって、最初インターフェイスが悪いとか遅いとかいろいろ言われたけれども、じっと耐えて使ってきました。で、いよいよ待望のTiger発売です。
でも、もう一つ買おうという気にならんのよね。結局、買いますけど。
どうして買う気にならないかというと、喧伝されている新機能があんまり魅力的に思えないから。Spotlight?使うかなあ。それに日本語でもちゃんと動く?Dashboard?うーん、面倒くさそう。
どうも、自分の求めている機能と違う気がするのね。じゃ、何がご希望と言われると考えるのだが....。
例えば、
「ことえり」もっと賢くなれ!
ITMSを早く日本で始めてくれ!
小さくて軽くて速いマシンを出してくれ!
必ずしもOSに対する希望ではないけど、Tigerの方向とは違う要望。
結局Macintoshの用途が以前とはだいぶ違ってきているので、その用途にフィットした新機能であれば飛びつくのだけど、どうもそういう風には見えない。
でも、結局買います。当分それで遊びます。
[PR]
by hiroi22 | 2005-04-13 23:39 | Macintosh

数学と応用

私は純粋数学者です。といっても、一般の人にはピンとこないかもしれません。「すぐには応用出来ないことを研究している。」といった方がわかりやすいでしょう。
よく、「純粋」数学者はこういいます。
「研究は純粋に知的好奇心のみが動機である。また、応用の面では、我々の研究は長いスパンで見て欲しい。実際に我々の研究が役に立つのは100年後、いや、それ以上の時を経てからになるのだから。」
私も純粋数学者の端くれとして、このような主張は十分うなずける所があります。数学に限らず、基礎研究というのはそういった一面があります。しかし、最近それだけとも限らないと思うようになってきました。
特に二つ目の主張、
「研究が役に立つのは100年後、いや、それ以上の時を経てから」
という部分です。この主張はしばしば、「純粋数学」と「応用数学」の区別に用いられます。つまり、今すぐ役に立つ研究が応用数学であると。私の最初の説明です。そして、「純粋」数学者の中には「応用数学」を軽視する人々も少なくありません。
しかし、いつまでもそうなのだろうか?と最近思うようになりました。50年、100年のスパン、というのはあくまでこれまでの話です。最近のコンピュータ、ITの急速な発展から考えると、「純粋数学」の研究結果が10年、いや数年で応用面での脚光を浴びるようになるかもしれないと思っています。これはひょっとしたら既に現実化している部分もあるのかもしれません。単に私が世間知らずで知らないだけで。
そんなとき、「純粋」数学者たちはどんな風に自分たちの研究を評価し、また続けていくのか....。こんな夢想をすることがあります。
[PR]
by hiroi22 | 2005-04-11 20:34 | じっと思う

野茂という存在

野茂、移籍後初白星


野茂は私にとって大リーグへのパイオニア以上の存在です。思い出して下さい、野茂がアメリカに渡って活躍した1995年という年を。
その年の1月に阪神淡路大震災がありました。3月に地下鉄サリン事件がありました。また、日本経済はバブルが弾けて大変な時期でした。
そんな時、単身アメリカに渡り大リーグで活躍した野茂英雄にどれだけ勇気を与えられたことか。また、近鉄を離れた理由も古い体質の野球界に反旗を翻し追われた結果というのですから、なおさら声援したくなります。
最近彼は日本でノンプロの野球チームを設立したそうですが、そんな行動にも昨今の単に名誉欲だけで大リーグを目指すプレイヤーとは違った、確固たる哲学を感じます。
[PR]
by hiroi22 | 2005-04-10 16:03 | じっと思う

ブログパーツ

  • →:次の記事へ
  • ←:前の記事へ
  • Home:このページの先頭へ
  • End:最後の記事へ

最新のトラックバック

「オバマファクター」米国..
from 米流時評
シティバンク危機脱出!連..
from 米流時評
経済氷河期に春一番? C..
from 米流時評
警告!北朝鮮が即時臨戦態..
from 米流時評
作家フォーサイス 次の小..
from 米流時評
「事実は小説よりも奇なり..
from 米流時評
オバマのマンモス再生予算..
from 米流時評
ウォール街の真冬はいつま..
from 米流時評
ウォール街ブリザード!ダ..
from 米流時評
自由への厚い扉/エジプト..
from 米流時評

リンク

タグ

(119)
(60)
(49)
(45)
(45)
(39)
(32)
(26)
(26)
(24)
(16)
(15)
(14)
(12)
(10)
(9)
(8)
(8)
(5)
(2)

ライフログ


青の時代


オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える


風味絶佳


Antonio Carlos Jobim's Finest Hour


セゴビアの芸術

カテゴリ

全体
じっと思う
ずっと思う
Macintosh
iPhone

検索

以前の記事

2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧