ボーッと何かを・・・ 日々の考えの備忘録


by hiroi22

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

2009年 03月 10日 ( 1 )

嘘と卑怯とを許容する社会

 「記憶にない」「真意が誤解された」こんな言葉をわれわれは何度聞かされたことだろう。
漆間氏、発言を重ねて否定 「申し訳ないことをした」
 漆間房副長官は9日、西松建設献金事件をめぐり自民党議員への波及を否定したとの発言について「私と私の秘書官の記憶を突き合わせた結果、そういう発言はしたことはない」とあらためて釈明した。
<違法献金>漆間官房副長官が釈明 「自民波及せず」発言で
 漆間巌官房副長官(63)は9日午前の参院予算委員会に出席し、西松建設の違法献金事件について「自民党議員には波及しない」と発言した問題について「検察捜査の中立性、公平性を否定するような発言をしていない。真意が伝わらない形で報道され、まことに申し訳ない」と釈明した。そのうえで「私も記者もメモ、録音をしないルールだ。記者がどう理解したかを私から申し上げることはできない」と述べた。
 漆間官房副長官の発言が飛び出した席には記者が20人ほどいたらしい。そしてその発言を聞いた新聞各社がほとんど同じ内容の記事を書いた。それをこの漆間官房副長官は「私と私の秘書官の記憶を突き合わせた結果、そういう発言はしたことはない」、「私も記者もメモ、録音をしないルールだ。記者がどう理解したかを私から申し上げることはできない」とシラを切るのだ。こんな醜い姿はない。恥ずかしとは思わないのかと言いたくなる。上司たる麻生首相は、もう当然のごとくこの嘘と卑怯な姿勢を擁護している。
 あ〜あ。この人たちに何を望んでも無駄である。何を言っても無駄である。でも、この人たちって「武士道」とか「子ども達の教育」とかエラそうに言ってるんじゃない?冗談じゃない。

 「記憶にない」「真意が誤解された」こんな言葉をわれわれは何度聞かされたことだろう。こんな不正義を見過ごしてはいかんのだ。絶対に。最低限の信義さえ存在しない社会になってしまう。
 
[PR]
by hiroi22 | 2009-03-10 23:16 | ずっと思う

ブログパーツ

  • →:次の記事へ
  • ←:前の記事へ
  • Home:このページの先頭へ
  • End:最後の記事へ

最新のトラックバック

「オバマファクター」米国..
from 米流時評
シティバンク危機脱出!連..
from 米流時評
経済氷河期に春一番? C..
from 米流時評
警告!北朝鮮が即時臨戦態..
from 米流時評
作家フォーサイス 次の小..
from 米流時評
「事実は小説よりも奇なり..
from 米流時評
オバマのマンモス再生予算..
from 米流時評
ウォール街の真冬はいつま..
from 米流時評
ウォール街ブリザード!ダ..
from 米流時評
自由への厚い扉/エジプト..
from 米流時評

リンク

タグ

(119)
(60)
(49)
(45)
(45)
(39)
(32)
(26)
(26)
(24)
(16)
(15)
(14)
(12)
(10)
(9)
(8)
(8)
(5)
(2)

ライフログ


青の時代


オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える


風味絶佳


Antonio Carlos Jobim's Finest Hour


セゴビアの芸術

カテゴリ

全体
じっと思う
ずっと思う
Macintosh
iPhone

検索

以前の記事

2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
more...

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧