ボーッと何かを・・・ 日々の考えの備忘録


by hiroi22

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ふと思いました

 Macintoshな人は御存じだろうが、今どきはMacintoshを買えばiLifeというたいへん結構なソフト群が初めからついている。この中にはiTunesなど使ってうれしいソフトが並んでいるが、iPhotoという写真管理ソフトはその中でも特に秀逸。写真を管理するだけでなく編集も可能だ。「編集」といってもそこはアップルのソフトである、煩雑な操作は要求しない。「補正」ボタンをクリックすれば結構上手に補正した写真が出来上がる。細かい調整も可能だが多くの場合この補正一発で済む。下の1枚目の写真がオリジナル、2枚目が補正後の写真である。一目瞭然、2枚目の方が明るい。もちろん補正が気に入らなければすぐに元に戻すことができる。
d0007533_22283513.jpg

d0007533_22284846.jpg

 この便利なiPhotoだが最近またバージョンアップしてさらに便利になった。目玉は「Faces」という機能。つまり顔認識である。写真の顔を認識して、ユーザーがその顔の名前(例えば美智子さんとか)をiPhotoに教えてやるとその人が写っている写真をiPhotoがひとまとめにしてくれるというものだ。これについてはアップルのビデオ解説(iPhotoビデオガイド)が断然わかりやすい。
 全く便利な時代になったものだと感心していたが、ふとそれでもなお銀塩カメラを使っている人達がいることに考えがいたった。身近では年老いた両親がそうだし、私の高校の同窓生の機械オンチを自称するおばさん(失礼!)もかたくなにデジカメを拒否している。彼らがこういった便利な機能の恩恵を受けられない理由の一つは彼らの無知ということもあるが、一方依然として彼らにとって高いハードルがあることも事実だ。
 例えば私の両親がデジカメを買ったとしよう。「ともかく写真撮影は簡単だろう、これまでのカメラと同じだから」と思うのは早計だ。私の持っている小さなキャノンのデジカメにはたくさんの小さなボタンがついている。これを彼らが一つ一つ理解するのはほとんど不可能だ。小さなボタンは彼らにとって押すことさえ難しい。モード変換のダイアルは誤動作の元になる。こうして見るとフィルムさえ入れてシャッターを押すだけのバカチョンカメラはよく出来ている。
 もう一つは写真を撮ったあとの処理が問題だ。メモリーカードに記録された写真を現像するのは、まあカメラ屋さんに泣きつけば可能かも知れない。しかし画像データの整理となるととてつもなく困難だ。まずパソコンが必要だ。なければ何も出来ないに等しい。しかしカメラのためにパソコンを買って使えとは言えない。CDなどに保存するといっても、中の写真を確認出来なければ意味がない。これが銀塩カメラならネガが手許に残っているので大丈夫というわけである。
 こんなことを考えていると安易にデジカメを勧めるのも考えものだ。特に同窓生のおばさんには止めておこう。悪くすれば恨まれる。それにデジタルデータといったバーチャルなものも信用がならない。ハードディスクがクラッシュすれば思い出の写真も一瞬にしてパーである。Macintoshな私はTime Machineがあるからと安心しているが、それでも油断は禁物だなあ〜
[PR]
by hiroi22 | 2009-02-12 00:22 | Macintosh

ブログパーツ

  • →:次の記事へ
  • ←:前の記事へ
  • Home:このページの先頭へ
  • End:最後の記事へ

最新のトラックバック

「オバマファクター」米国..
from 米流時評
シティバンク危機脱出!連..
from 米流時評
経済氷河期に春一番? C..
from 米流時評
警告!北朝鮮が即時臨戦態..
from 米流時評
作家フォーサイス 次の小..
from 米流時評
「事実は小説よりも奇なり..
from 米流時評
オバマのマンモス再生予算..
from 米流時評
ウォール街の真冬はいつま..
from 米流時評
ウォール街ブリザード!ダ..
from 米流時評
自由への厚い扉/エジプト..
from 米流時評

リンク

タグ

(119)
(60)
(49)
(45)
(45)
(39)
(32)
(26)
(26)
(24)
(16)
(15)
(14)
(12)
(10)
(9)
(8)
(8)
(5)
(2)

ライフログ


青の時代


オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える


風味絶佳


Antonio Carlos Jobim's Finest Hour


セゴビアの芸術

カテゴリ

全体
じっと思う
ずっと思う
Macintosh
iPhone

検索

以前の記事

2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧