ボーッと何かを・・・ 日々の考えの備忘録


by hiroi22

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

オバマ外交がうまくいくといいな

 オバマ新大統領の政策はブッシュ前大統領のそれとは全く違う。それだけははっきりしている。彼はアメリカだけでなく世界的な視野で物事を眺めているように見える。
<米大統領>イスラム社会との関係修復に意欲 中東のTVで
 【ワシントン草野和彦】オバマ米大統領は26日、中東の衛星テレビ「アルアラビーヤ」とのインタビューで、「米国は(イスラム社会の)敵ではない」と述べた。20日の就任後、米国内外のメディアとの本格的な単独会見は初めて。ブッシュ前政権の対テロ戦争で傷ついたイスラム社会との関係修復をアピールする意図がある。
 アメリカの大統領が中東の衛星テレビのインタビューを受けるというのも珍しいのではないだろうか。しかもその中身が素晴らしい。
 会見でオバマ大統領は「最も重要なことは、米国が中東和平にすぐに関与することだ」と指摘。イスラエルとパレスチナのイスラム原理主義組織ハマスとの停戦確立のため、「(中東歴訪に出発した)ミッチェル中東特使に相手の話を聞くことから始めるよう指示した。これまで米国は(話を聞かずに)命令していた」と述べ、外交姿勢の転換を強調した。
大統領でなくても一定の責任ある地位の人間が「これまで米国は(話を聞かずに)命令していた」と述べることは立場上難しい。これまでの経緯や種々のしがらみがあるからだ。それを振り払ってここまで思い切って誤りを認め、路線転換を表明するとは想像以上に中東和平の強い意志を持っているのだろう。
 先日も書いたが、オバマ新大統領の言動には「徳」を感じる。それは昔の中国の孔子・孟子を思い起こさせる。各国の利害が鋭く対立する外交の場で彼の理念がどこまで通じるか予断を許さないが、オバマ外交が成功すれば世界は確実に平和になってゆくだろう。たとえそれが世界一の軍事力をバックにしたものであっても、彼の中東平和外交が成功すればよいと思う。
[PR]
by hiroi22 | 2009-01-27 23:31 | じっと思う

ブログパーツ

  • →:次の記事へ
  • ←:前の記事へ
  • Home:このページの先頭へ
  • End:最後の記事へ

最新のトラックバック

「オバマファクター」米国..
from 米流時評
シティバンク危機脱出!連..
from 米流時評
経済氷河期に春一番? C..
from 米流時評
警告!北朝鮮が即時臨戦態..
from 米流時評
作家フォーサイス 次の小..
from 米流時評
「事実は小説よりも奇なり..
from 米流時評
オバマのマンモス再生予算..
from 米流時評
ウォール街の真冬はいつま..
from 米流時評
ウォール街ブリザード!ダ..
from 米流時評
自由への厚い扉/エジプト..
from 米流時評

リンク

タグ

(119)
(60)
(49)
(45)
(45)
(39)
(32)
(26)
(26)
(24)
(16)
(15)
(14)
(12)
(10)
(9)
(8)
(8)
(5)
(2)

ライフログ


青の時代


オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える


風味絶佳


Antonio Carlos Jobim's Finest Hour


セゴビアの芸術

カテゴリ

全体
じっと思う
ずっと思う
Macintosh
iPhone

検索

以前の記事

2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧