ボーッと何かを・・・ 日々の考えの備忘録


by hiroi22

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

新年の所感

 正月といっても物理的には何の意味もない。地球が太陽の周りを公転しているひとつの通過点に過ぎない。では社会的に意味があるかと言えばそれも疑問ではある。新年だといって大騒ぎすることによって何らかの利益をこうむる人達に取っては意味があるかもしれないが、ほとんどの人達に取って、正月気分が抜ければすべては元の木阿弥になってしまうのではないだろうか。(子供にはお年玉という意味はあるか...)しかし個人レベルでは何か心理的に再出発またはリセットという気分になることも確かである。
 とまあ、こんなへ理屈を並べるのがいつもの悪い癖であるが、個人的意見の書き散らしblogとして自分自身の2009年所感を書く。つまり今回は完全なる私自身のことに関する覚え書きである。で、中身はというと「今年は(少なくともしばらくは)仕事に徹する」ということである。では、去年まではどうだったのかというと、もちろん仕事はしていたがどこか第三者的であった。身の入れ方が不十分だったような気がするのである。このような態度を今年は入れ替えようと思う。
 どうしてこんな心境になったか。それは去年の大晦日の夜、除夜の鐘を遠くに聞きながらうつらうつらとし始めたとき、なぜか若い頃の仕事ぶりが思い出されたのだ。あの頃はとにかく脇目もふらずに仕事に没頭していた。当時ある人から、その態度をして「怖い」と言われたことがある。それほど仕事に対してギラギラしていたんだと思う。
 最近はというとどこか物わかりがよくなり丸くなっている。それは役職が変わり、指導的な立場になっていることも関係しているかもしれない。対人関係も気を使わないといけない。・・・・しかしそれは言い訳であることは自分が一番よく知っている。
そうだろ?hiroi22君よ
[PR]
by hiroi22 | 2009-01-05 23:26 | じっと思う

ブログパーツ

  • →:次の記事へ
  • ←:前の記事へ
  • Home:このページの先頭へ
  • End:最後の記事へ

最新のトラックバック

「オバマファクター」米国..
from 米流時評
シティバンク危機脱出!連..
from 米流時評
経済氷河期に春一番? C..
from 米流時評
警告!北朝鮮が即時臨戦態..
from 米流時評
作家フォーサイス 次の小..
from 米流時評
「事実は小説よりも奇なり..
from 米流時評
オバマのマンモス再生予算..
from 米流時評
ウォール街の真冬はいつま..
from 米流時評
ウォール街ブリザード!ダ..
from 米流時評
自由への厚い扉/エジプト..
from 米流時評

リンク

タグ

(119)
(60)
(49)
(45)
(45)
(39)
(32)
(26)
(26)
(24)
(16)
(15)
(14)
(12)
(10)
(9)
(8)
(8)
(5)
(2)

ライフログ


青の時代


オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える


風味絶佳


Antonio Carlos Jobim's Finest Hour


セゴビアの芸術

カテゴリ

全体
じっと思う
ずっと思う
Macintosh
iPhone

検索

以前の記事

2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧