ボーッと何かを・・・ 日々の考えの備忘録


by hiroi22

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

サッカーとは思い通りにいかぬものだが

 日本が完勝したオマーンとの第1戦は所用で見られなかったが,敵地で行なわれた第2戦はしっかり見た.暑さによる動きの悪さはあったが,どう見てもサッカーのレベルは日本が上.それでも結果は1ー1のドロー,それもPKを楢崎が止めなければ負けていたかも知れないのだからサッカーはわからない.
 ボールの支配率は日本が圧倒していた.前半の早い時間に相手に隙をつかれて失点したが,焦らず攻撃を重ねていけば決定機は何度も訪れるだろうと高をくくっていた.が,どうも期待したほどチャンスは訪れない.後半に何とか同点に追いついたがPKによってである.流れるようなパス回しからシュートを決めたわけではない.後半相手の足が止まっているのだが,日本の攻撃で得点の期待を抱かせるものが少ない.もやもやした気持ちが残った一戦だった.
 次のタイ戦でよもや負けることはないだろう.引き分けたとしても,バーレーンがオマーンに引き分けか勝てばほぼ日本の3次予選突破が決まる.日本がタイに勝ってしまえばそれでもよい.そういう意味では敵地での引き分けは1歩前進で悪い結果ではないが,なんだかスッキリしない.
 サッカーはプレイヤーもボールも常に動いている.だから,いくら能力の高い選手ばかりを集めてもちょっとしたタイミングのずれでプレーがうまくいかないことがある.逆に苦戦をしていても思わぬ偶然で得点してしまうことだってある.したがって結果は大事とはいえ,結果論だけで全てを語れないのだけれど,見ていて「あー!惜しかったなー」と感じる攻撃が少なすぎたのは問題じゃないのかなあ〜 それとキリンカップの2戦とも日本代表は後半になると,相手に比べて運動量が落ちるのが気になる.最終予選に向けてセーブしているのだろうか....
[PR]
by hiroi22 | 2008-06-09 22:17 | じっと思う

ブログパーツ

  • →:次の記事へ
  • ←:前の記事へ
  • Home:このページの先頭へ
  • End:最後の記事へ

最新のトラックバック

「オバマファクター」米国..
from 米流時評
シティバンク危機脱出!連..
from 米流時評
経済氷河期に春一番? C..
from 米流時評
警告!北朝鮮が即時臨戦態..
from 米流時評
作家フォーサイス 次の小..
from 米流時評
「事実は小説よりも奇なり..
from 米流時評
オバマのマンモス再生予算..
from 米流時評
ウォール街の真冬はいつま..
from 米流時評
ウォール街ブリザード!ダ..
from 米流時評
自由への厚い扉/エジプト..
from 米流時評

リンク

タグ

(119)
(60)
(49)
(45)
(45)
(39)
(32)
(26)
(26)
(24)
(16)
(15)
(14)
(12)
(10)
(9)
(8)
(8)
(5)
(2)

ライフログ


青の時代


オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える


風味絶佳


Antonio Carlos Jobim's Finest Hour


セゴビアの芸術

カテゴリ

全体
じっと思う
ずっと思う
Macintosh
iPhone

検索

以前の記事

2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
more...

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧