ボーッと何かを・・・ 日々の考えの備忘録


by hiroi22

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

卑劣な恫喝と脅迫を蹴散らし自由を守る

 映画「靖国 YASUKUNI」の上映問題で新しいニュースがあった.(記事は末尾に)
<映画「靖国」>大阪「第七芸術劇場」など予定通り上映へ(毎日新聞)
映画「靖国」 全国21館が5月以降に上映へ(朝日新聞)
 社民・福島氏、「靖国」自主上映を検討(朝日新聞)

 この問題をしつこく書くけれど,表現の自由を封殺しようとするようなことは絶対にまかり通ってはならない.まずは大阪と京都の映画館(そういえば京一会館ってあったなぁ〜・・・遠い目)で封切りになりそうだ.反権力の大阪と大学町としての知性の京都の面目躍如というところか.上映する映画館はどんな陰湿な嫌がらせがあってもそれを蹴散らして欲しい.上映する映画館が増えれば,社民党の福島党首が提唱する超党派の議員による自主上映は不要だろうが,「『事前検閲だ』とか『表現の自由を侵害している』などと批判されたが、私の意図とは違い、残念だ」などと述べた稲田センセ,
その言葉に偽りがないのなら,真っ先に賛同するべきでしょう!それとも「残念」はやっぱりポーズでしたか?

<映画「靖国」>大阪「第七芸術劇場」など予定通り上映へ
 靖国神社を描いたドキュメンタリー映画「靖国 YASUKUNI」の上映中止問題で、大阪市淀川区の映画館「第七芸術劇場」や京都市下京区の映画館「京都シネマ」などは映画を予定通り上映することを決めた。「見てもらわないと評価できない」などと説明している。

 映画は日本在住の中国人監督、李纓(リイン)さんが、8月15日の靖国神社など、10年かけて撮った映像を編集したもの。週刊誌に「反日的内容」との記事が掲載され、一部の国会議員が問題視。劇場には上映中止を求める抗議などもあったといい、トラブルの未然防止などを理由に、東京と大阪の計5館で上映が取りやめになった。

 一方、第七芸術劇場は当初の日程通り5月10日から7日間上映する予定。また京都シネマも8月に上映を予定している。第七芸術劇場の松村厚支配人は「これで全国で中止なら、嫌がらせや抗議で取りやめにできることになる。批判する人がいていいし、その通りと思う人がいてもいい。上映しなければ議論にもならない」と話している。広島サロンシネマ(広島市中区)も6月に上映する方針という。

 配給元のアルゴ・ピクチャーズによると、東京でも新たに上映を希望する映画館が出てきており、日程などを調整中という。【中村一成】
映画「靖国」 全国21館が5月以降に上映へ

 12日に封切り予定だった映画館が相次いで上映を見合わせたドキュメンタリー映画「靖国 YASUKUNI」をめぐり、配給・宣伝会社のアルゴ・ピクチャーズは4日現在で全国の21館が5月以降に上映予定であることを明らかにした。4館が見合わせた東京都内でも、1館で公開する見通しになったという。

 ほかにも検討中の映画館があり、新たに上映の打診をしてきた館もあるという。

社民・福島氏、「靖国」自主上映を検討
 社民党の福島党首は2日の記者会見で、超党派の国会議員に呼びかけ、ドキュメンタリー映画「靖国」の自主上映を検討する考えを示した。

 福島氏は「日本の表現の自由の危機だ。全力を挙げておかしいと言う」と語った。国会議員向けの異例の試写会が開かれた後、上映予定の映画館が街宣車などによる抗議を受けたとして、福島氏は「上映前に国会議員が介入して、結果的に中止に追い込ませた」と批判した。

[PR]
by hiroi22 | 2008-04-05 00:27 | じっと思う

ブログパーツ

  • →:次の記事へ
  • ←:前の記事へ
  • Home:このページの先頭へ
  • End:最後の記事へ

最新のトラックバック

「オバマファクター」米国..
from 米流時評
シティバンク危機脱出!連..
from 米流時評
経済氷河期に春一番? C..
from 米流時評
警告!北朝鮮が即時臨戦態..
from 米流時評
作家フォーサイス 次の小..
from 米流時評
「事実は小説よりも奇なり..
from 米流時評
オバマのマンモス再生予算..
from 米流時評
ウォール街の真冬はいつま..
from 米流時評
ウォール街ブリザード!ダ..
from 米流時評
自由への厚い扉/エジプト..
from 米流時評

リンク

タグ

(119)
(60)
(49)
(45)
(45)
(39)
(32)
(26)
(26)
(24)
(16)
(15)
(14)
(12)
(10)
(9)
(8)
(8)
(5)
(2)

ライフログ


青の時代


オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える


風味絶佳


Antonio Carlos Jobim's Finest Hour


セゴビアの芸術

カテゴリ

全体
じっと思う
ずっと思う
Macintosh
iPhone

検索

以前の記事

2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧