「ほっ」と。キャンペーン


ボーッと何かを・・・ 日々の考えの備忘録


by hiroi22

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

過ちを改むるに憚ることなかれ

 何の話かと言えば,サッカー日本代表の話である.バーレーンにアウェイとはいえ0ー1で負けた.それも完敗といってよいものだった.ワールドカップの予選では最終予選以外で日本が負けたのは19年ぶりというから,これはただ事ではない.日本代表にはほとんどチャンスらしいチャンスはなく,格下と見られていたバーレーンは逆に際どいシュートを連発していた.実際のゲームを見ていても,ロングボールを蹴る場面が多く,これが1年前までボールをスピード豊かに回してゴールに迫ったチームであることが信じられないほどだった.
 岡田監督になってもうどれくらいになるのだろう.オシム前監督の病気による突然の就任ということと,当初はチーム作りが始まったばかりということで評価は手控えられたかも知れないが,この期に及んでもまだこんな試合をしているようでは厳しい批判を受けるのは当然だろう.今回の試合は準備期間もあり,ある程度チーム練習もできたはずだ.にもかかわらず,勝ち負け以前の内容が悪すぎる.
 もう一つ不満なのは,いまだにチーム作りの確たる方針が聞こえてこないことだ.伝えられるところでは,次のオマーン戦には中村俊輔ら海外組が招集されるという.しかし,これでは「とにかく実績のある選手で試合を作っていく」ということでしかない.現状はどうで,それを見てどういうチームを作るかのコンセプトなどありはしない.
 4チーム中上位2チームが勝ち上がる第3次予選で日本代表がよもや脱落するとは思えないが,今後のことを考えると岡田監督に見切りをつけて更迭し,早急に新しい監督を選ぶべきだ.過ちを改むるに憚ることなかれ.次期監督はもちろん
オシム前監督の復帰が理想.
[PR]
by hiroi22 | 2008-03-29 00:58 | じっと思う

ブログパーツ

  • →:次の記事へ
  • ←:前の記事へ
  • Home:このページの先頭へ
  • End:最後の記事へ

最新のトラックバック

「オバマファクター」米国..
from 米流時評
シティバンク危機脱出!連..
from 米流時評
経済氷河期に春一番? C..
from 米流時評
警告!北朝鮮が即時臨戦態..
from 米流時評
作家フォーサイス 次の小..
from 米流時評
「事実は小説よりも奇なり..
from 米流時評
オバマのマンモス再生予算..
from 米流時評
ウォール街の真冬はいつま..
from 米流時評
ウォール街ブリザード!ダ..
from 米流時評
自由への厚い扉/エジプト..
from 米流時評

リンク

タグ

(119)
(60)
(49)
(45)
(45)
(39)
(32)
(26)
(26)
(24)
(16)
(15)
(14)
(12)
(10)
(9)
(8)
(8)
(5)
(2)

ライフログ


青の時代


オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える


風味絶佳


Antonio Carlos Jobim's Finest Hour


セゴビアの芸術

カテゴリ

全体
じっと思う
ずっと思う
Macintosh
iPhone

検索

以前の記事

2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
more...

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧