ボーッと何かを・・・ 日々の考えの備忘録


by hiroi22

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

東アジア選手権雑感

 東アジア選手権の最終戦で韓国と1ー1で引き分けたが,北朝鮮が地元中国に1−3で負けたこともあり2位.この大会の成績は1勝2分け.悪くはないが引き分けた2戦とも先取点をとられてのものだというのが気になる.追いつかれて惜しくも引き分けたというのではなく,何とか引き分けたという印象が残る.
 昨日の韓国戦は所用がありテレビで見ることはできなかったが,北朝鮮と中国とのゲームは今ひとつの戦いぶりだった.岡田ジャパンとして世界の強豪国と戦うためにどういうチームを目指しているのかが見えて来ない.個々のプレーについての作戦,戦術はあるのかも知れないが,もっと大きな視点からの大局的な戦略というものが見えない.オシム前監督のアクシデントからチームを引き継ぎ,新しいチーム作りの半ばだというハンディを考慮してもなおその感は否めない.チーム作りのメッセージが伝わってこないのだ.

 人が集まってごちゃごちゃしたサッカーをする,というのがこれまでの岡田ジャパンの試合を見た感想だ.ボールが大きく動かないので躍動感に欠け,見ている方にはあまり面白くない試合が続いている.どうしてもオシムジャパンと比較してしまうのだが,「人もボールも動く」を目指した方向性と相容れない戦術だ.これでは「日本人の特性(=敏捷性,規律の高さとインテリジェンス)を生かすサッカー」だったオシムジャパン--その哲学は基本的に支持されていたと思うのだが--その遺産は放棄され,むしろ「結局は個人の能力である」となり,ジーコジャパンに戻ってしまう.ドイツワールドカップで否定された日本代表の過ちが繰り返されるのであろうか.
[PR]
by hiroi22 | 2008-02-24 12:58 | じっと思う

ブログパーツ

  • →:次の記事へ
  • ←:前の記事へ
  • Home:このページの先頭へ
  • End:最後の記事へ

最新のトラックバック

「オバマファクター」米国..
from 米流時評
シティバンク危機脱出!連..
from 米流時評
経済氷河期に春一番? C..
from 米流時評
警告!北朝鮮が即時臨戦態..
from 米流時評
作家フォーサイス 次の小..
from 米流時評
「事実は小説よりも奇なり..
from 米流時評
オバマのマンモス再生予算..
from 米流時評
ウォール街の真冬はいつま..
from 米流時評
ウォール街ブリザード!ダ..
from 米流時評
自由への厚い扉/エジプト..
from 米流時評

リンク

タグ

(119)
(60)
(49)
(45)
(45)
(39)
(32)
(26)
(26)
(24)
(16)
(15)
(14)
(12)
(10)
(9)
(8)
(8)
(5)
(2)

ライフログ


青の時代


オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える


風味絶佳


Antonio Carlos Jobim's Finest Hour


セゴビアの芸術

カテゴリ

全体
じっと思う
ずっと思う
Macintosh
iPhone

検索

以前の記事

2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧