ボーッと何かを・・・ 日々の考えの備忘録


by hiroi22

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

不信感のみ醸造される

 道路特定財源やガソリン税の暫定税率が問題になっている。これらの推進側の論理は、こういうものが廃止されると道路整備に支障をきたすというものだ。最近は環境問題を持ち出して、高いガソリン税は人々を車の運転から遠ざけて”環境にやさしい政策だ”という言説もなされている。しかし、これらの言い分には「ちょっと待て」と言いたい。
 道路を造るためにしか使えない税金で、それがなければ道路が造れないというのは変な話である。本当に必要な道路整備に税金をかけるのなら、他の事業と同様にそれ相応の根拠を出して、一般財源から支出すればよいのだ。何も道路整備だけを特別視する必要はない。環境問題に配慮して暫定税率を維持するというのも、それで集めた税金を環境破壊の一翼を担う車社会というものを促進する道路整備に使うというのなら、破綻したロジックだ。
 そもそも、暫定税率維持派、特定財源維持派に対して不信感がある。彼らの議論には「既得権益は死んでも放しません」という魂胆が見え隠れする。役人にとっては、自分たちが使える税金が減るのは耐えられないだろうし、族議員にとっては自らの特権が消滅する危機である。そのためにはどんな理由でも、もっともらしいことは何でも使うとしか感じられないのだ。
 最近「道路のためにしか使えない税金」で国土交通省が野球のグラブ代などレクリエーション費や公務員宿舎の建設費を支出していることが明らかになった。当初、国土交通省の幹部は、この支出は「問題ない」と説明していたが、結局道路特定財源からのこのような支出は「不適切」として、今後取りやめることにしたそうである。
 <国交省>道路特定財源で宿舎建設 野球用具や車購入も
 こういう態度も不信感を増幅させる。要するに、うるさいことを言われたのでやめますとしか映らない。この支出が問題ないと思っているのならば、それをきちんと説明することだ。また、不適切と考えるのならば、当然ほかの省庁におけるこの種の支出もすべて取りやめるべきだ。しかし、それは一切言及せず、またやらないのだ。国土交通省だけが泥をかぶって、たとえ土下座しようが、税金という身入りはビタ一文でも減らしたくないということなんだと思ってしまうのである。
[PR]
by hiroi22 | 2008-01-26 21:40 | じっと思う

ブログパーツ

  • →:次の記事へ
  • ←:前の記事へ
  • Home:このページの先頭へ
  • End:最後の記事へ

最新のトラックバック

「オバマファクター」米国..
from 米流時評
シティバンク危機脱出!連..
from 米流時評
経済氷河期に春一番? C..
from 米流時評
警告!北朝鮮が即時臨戦態..
from 米流時評
作家フォーサイス 次の小..
from 米流時評
「事実は小説よりも奇なり..
from 米流時評
オバマのマンモス再生予算..
from 米流時評
ウォール街の真冬はいつま..
from 米流時評
ウォール街ブリザード!ダ..
from 米流時評
自由への厚い扉/エジプト..
from 米流時評

リンク

タグ

(119)
(60)
(49)
(45)
(45)
(39)
(32)
(26)
(26)
(24)
(16)
(15)
(14)
(12)
(10)
(9)
(8)
(8)
(5)
(2)

ライフログ


青の時代


オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える


風味絶佳


Antonio Carlos Jobim's Finest Hour


セゴビアの芸術

カテゴリ

全体
じっと思う
ずっと思う
Macintosh
iPhone

検索

以前の記事

2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧