ボーッと何かを・・・ 日々の考えの備忘録


by hiroi22

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ナマケモノも一気読み

 先日書いたように,ソフトウェアをアップグレードしたiPod Touchは便利である.特に今の時期は重宝する.寒い朝,ベッドに潜り込んだまま,メールのチェック,インターネット,今日の天気予報・スケジュールの確認などが出来るのだから.ベッドで布団にくるまりながらiPod Touchをくるくる操作している様は,よく考えると我ながらとんだナマケモノである.こんなナマケモノの僕でも,2日間で一気読みしてしまったのがこの本.
「戦争」に強くなる本(ちくま文庫)
d0007533_23114966.jpg

 この本の中身は,15年戦争(=アジア太平洋戦争)を理解するための参考文献を解説付きで紹介するという体裁をとっている.無論,単なる読書案内ではなく,著者の丁寧な議論による歴史と戦争に関する見解がちりばめられている.ここに紹介されている史実とともに,著者の見解がなかなか面白いし,説得力もある.著者は時おり茶目っ気も出して,いささかやけっぱち気味の言辞だが,「すぐ難しいことを言い出すのが左翼で,意味もなく騒ぐのが右翼」などというのには思わず笑ってしまった.
 僕も,15年戦争については人並みに本は読んできたつもりだ.この本に紹介されている事柄については,初めて知ったこともあるが,既知の事柄についても新しいデータで再確認させてもらったことも多い.例えば,先の戦争で亡くなった旧日本軍の犠牲者は230万人と言われているが,その中で実際に敵の攻撃や軍艦の沈没などで亡くなった数は100万人程度だということを知った.では,残り半分以上130万人はどうして亡くなったかと言うと,病死と餓死だというのだ.インパール作戦やガダルカナル島などでの旧日本軍の受験秀才参謀による愚かな作戦については認識していたつもりだが,このような数字を見せつけられるとその感をより深くする.初めて知ったことでは,零戦は製造工場で組み立てられた後,一度分解して牛車(!)で飛行場まで運ばれていったということだ.零戦についての読み物は一時熱心に読んだことがあるが,こんなことは知らなかった.どうして牛車で運ばねばならなかったかは,この本を読んで欲しいが,もともと工業力に雲泥の差があったアメリカ相手に,こんなことをしていては勝てんなあ・・・.
 この本は,上のように旧日本軍に対する強烈な批判だけでなく,戦前の日本の社会そのものの分析も鋭い.例えば,戦前の日本=ファシズムという図式は,ファシズムの起源から掘り起こして明確に否定しているし,東条英機に対しては,敗戦というものが彼によってもたらされたというよりも,「東條ごときがトップになれる,日本型無責任システム」という形で断罪しているのもユニークだ.むろん,彼の経歴や当時の軍の人事などを検証した上での論である. 
 「日本型無責任システム」という言葉もそうだが,この本で問題視されている多くのことが現代日本でも当てはまると思う.その意味から,この本は単なる歴史の解説書という以上のことが学べると思う.
 著者も指摘しているが,無知による粗雑な戦争論が横行している.そんな粗雑な漫画戦争論に毒されたお方にも読んで欲しい本だ.むろん,この本の主張に同意するしないは自由である.しかし反論するならばきちんと理由を述べることだ.何かを主張するにはその理由を必ず述べること(by Finlandの教育).

 最後に,自分の日記として,この本を買ったいきさつを書き留めておく.
 ここ数日の寒さに耐えかねて,ニットの帽子を買おうと決断した.そこで近くのショッピングセンターへ行って,いくつか試着したが,ニットの帽子をかぶった自分の情けない顔を見て購入を断念し,帽子なしで寒さに耐えることを決めた.しかし,せっかくここまで来たのだからと,近くの本屋をブラブラ.そういえばと,中学のときに図書館で見つけて夢中になった吉川英治の「三国志」でも買おうと思ったが,文庫本の第1巻が売り切れ.ならばと(どういうわけだか)瀬戸内寂聴訳の「源氏物語」に目がいった.さて,それを買うものかどうかと逍遙しているうちにこの本を見つけた.結果,源氏物語も買って,何だか180°違った文庫本を買うという奇妙な買い物になってしまった.
[PR]
by hiroi22 | 2008-01-22 00:19 | ずっと思う

ブログパーツ

  • →:次の記事へ
  • ←:前の記事へ
  • Home:このページの先頭へ
  • End:最後の記事へ

最新のトラックバック

「オバマファクター」米国..
from 米流時評
シティバンク危機脱出!連..
from 米流時評
経済氷河期に春一番? C..
from 米流時評
警告!北朝鮮が即時臨戦態..
from 米流時評
作家フォーサイス 次の小..
from 米流時評
「事実は小説よりも奇なり..
from 米流時評
オバマのマンモス再生予算..
from 米流時評
ウォール街の真冬はいつま..
from 米流時評
ウォール街ブリザード!ダ..
from 米流時評
自由への厚い扉/エジプト..
from 米流時評

リンク

タグ

(119)
(60)
(49)
(45)
(45)
(39)
(32)
(26)
(26)
(24)
(16)
(15)
(14)
(12)
(10)
(9)
(8)
(8)
(5)
(2)

ライフログ


青の時代


オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える


風味絶佳


Antonio Carlos Jobim's Finest Hour


セゴビアの芸術

カテゴリ

全体
じっと思う
ずっと思う
Macintosh
iPhone

検索

以前の記事

2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧