ボーッと何かを・・・ 日々の考えの備忘録


by hiroi22

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

まだいたのか「教育再生会議」

 先日、「教育再生会議」の第3次報告なるものが出された.個人的には「まだやってたのか」という印象だが,実際そういう雰囲気のようで,
 「首相からは何も期待できないと感じた。委員も熱意は冷めている」。25日の会合後、渡辺美樹委員(ワタミ社長)は記者団に語った。この日の出席委員は17人中9人にとどまった。
という25日の毎日新聞の記事が伝えるようにもはや”死に体”の会議なんだろう.
 面白いのはこの第3次報告の報道の違いだ.この報告では,「徳育」の教科化にこだわっているようで,朝日新聞,毎日新聞,中日新聞ともに「まだ言ってるよ」みたいな調子で伝えていた.
 中央教育審議会(文部科学相の諮問機関)で慎重な意見が相次いでいる徳育については、改めて「教科化し、年間を通じて計画的に指導する」と盛り込んだ。(朝日新聞)
 冷淡さが目立ったのは、学校に対する外部評価制度、学校選択の自由を認める教育バウチャー制などで、安倍政権当時の6月の第2次報告から書きぶりが軒並みトーンダウンした。「安倍カラー」は文部科学省が慎重な徳育の「教科化」を2次報告に続いて明記するのが精いっぱいだった。(毎日新聞)
「徳育」の教科化に中央教育審議会では慎重論が大勢を占める一方で、再生会議はなおもこだわりをみせるなど、三次報告には安倍カラーがにじんでいる。(中日新聞社説)
ところが共同通信の記事となるとこの項目はまったく触れられていない.「徳育」の「と」の字もない.短い記事で次のように書いている.
 政府の教育再生会議(座長・野依良治理化学研究所理事長)は25日午後、総会で第3次報告を決定、福田首相に提出した。学力向上策に力点を置き、小中9年制一貫校の制度化や飛び級、大学への飛び入学の促進により、学校教育法制定(47年)以来の学制である「6・3・3・4制」を弾力化するよう提言。小学校での英語教育の実施や、教科書改革、専科教員配置による理科教育の強化も求めた。
報道にとって何が事実かを考えさせるよい例かもしれない.

 以前、このblogで述べたように,教育再生会議は現場を知らない人間が好き勝手なことを言っている会議だと思っている.これは多くの人がそう思っているようで,ネットで見つけた北海道新聞の社説がこのことを的確に表現している.
再生会議が、今の教育のどこに問題があるのかをデータで明らかにし、対策を模索した形跡はない。政策の効果がどの程度なのかも判然としない。

 提言の実現性や実効性があいまいでは、公教育の再生はおぼつかない。

 学力向上が重要だと強調しながら、「できる子」への対策が並び、「そうでない子」への目配りが欠けている点でも不満が残る。

 再生会議のメンバーには元スポーツ選手、エッセイスト、財界人など教育問題の素人が大半だ。

 専門家でない人が、教育について独自の発想や意見を述べることが悪いわけではない。だが、その提言には実現性に疑問符がつく内容が散見される。
(中略)
 それを素通りして、素人の思いつきに近いアイデアが政策に反映されれば教育現場は混乱するだけだろう。

 道徳の教科化もそうだ。特定の価値観を「教科」という形で子どもと学校に押しつければ、教育はゆがむのではないか。

 将棋では「形作り」という手がある.負けを覚悟した側が「負けました」と投了する前に,負けた形ができるだけよくなるような手を指すのだ.一般に,敵の王様に肉薄した形を作ってから投了することが多い.教育再生会議も第3次報告を出したということで,いちおうの「形作り」がなされて面子が保てたと見て、解散すべき時だろう.
[PR]
by hiroi22 | 2007-12-27 00:57 | じっと思う

ブログパーツ

  • →:次の記事へ
  • ←:前の記事へ
  • Home:このページの先頭へ
  • End:最後の記事へ

最新のトラックバック

「オバマファクター」米国..
from 米流時評
シティバンク危機脱出!連..
from 米流時評
経済氷河期に春一番? C..
from 米流時評
警告!北朝鮮が即時臨戦態..
from 米流時評
作家フォーサイス 次の小..
from 米流時評
「事実は小説よりも奇なり..
from 米流時評
オバマのマンモス再生予算..
from 米流時評
ウォール街の真冬はいつま..
from 米流時評
ウォール街ブリザード!ダ..
from 米流時評
自由への厚い扉/エジプト..
from 米流時評

リンク

タグ

(119)
(60)
(49)
(45)
(45)
(39)
(32)
(26)
(26)
(24)
(16)
(15)
(14)
(12)
(10)
(9)
(8)
(8)
(5)
(2)

ライフログ


青の時代


オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える


風味絶佳


Antonio Carlos Jobim's Finest Hour


セゴビアの芸術

カテゴリ

全体
じっと思う
ずっと思う
Macintosh
iPhone

検索

以前の記事

2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧