ボーッと何かを・・・ 日々の考えの備忘録


by hiroi22

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

日本のオジさんは大丈夫か?

 今日、帰りの電車の中で「何だかなあ」という3人のおじさんの姿を見てしまいました。
 一人目は、電車の中で下品なスポーツ新聞(東○スポーツ)に載っている、女性の下品な写真を堂々と広げて読んでいるおじさん。まあ、私も男ですから、そういう写真を見る気持ちは分かります。しかし、このおじさんは年格好から分別あることを期待されているお方のようです。そうだとしたら、この態度何とかならないでしょうか。二人目は、つり革につかまっている時に斜め前に立って本を読んでいたおじさん。後ろからなので、顔は見えませんでしたが、中年のおじさん。しかも、持っている鞄が立派なものでしたので、会社でもそれなりの地位の方と見えました。で、その読んでいる本が目に入ってきて、読むともなしに眺めて仰天。後ろからなのでタイトルや著者はわかりませんでしたが、ハードカバーの単行本で、その主題はどうも日本とアメリカの関係についてのようです。ところが書いてある内容がトンデモナイ。
”原爆を落とされたことによって日本が利益を得た”(はあぁ?)
とか
“本土決戦を準備していた日本が、原爆投下によってやむを得ずポツダム宣言を受入れた。そのことで、本土決戦に臨まなかったアメリカは助かった。(だから日本はアメリカに恩を売った。どうだ、えっへん!)”(はあぁ?)
といったような「アホかいな」ということが書いてあります。ところが、このおじさんは脇目もふらずに一心不乱にこの本を読んでいます。その姿を見て、この本を取り上げて窓から捨ててやろうかなと一瞬思ってしまいました。それほどアホな本でした。職場では、きっと分別のある考え方をしていると思うのですが、どうしてこうなっちゃうんでしょうか。三人目は、そのそばに立っていたおじさん。満員電車の中で競馬週刊誌を熱心に読んでおられました。はあ〜、そうですか。競馬週刊誌ねー。普段ならばどうということもない光景ですが、前二者を見たので「あなたもですか」という心境になりました。
 そんな気落ちした私にとどめを刺したのが、テレビで見たこのニュースでした。
Excite エキサイト : 政治ニュース:12年間でゴルフ200回超 「不適切行為」と守屋前次官
 これだけ接待を受け、しかも接待した方が莫大な利益を上げている事実があります。にもかかわらず、
便宜を図ったことは「一切ない」と否定した。
とは!こんなことでは子供もだませません。
 「近頃の若いものは...」というのは、年寄りの万国共通の口癖ですが、まったく、そんなことは口が裂けても言えないような、本日の日本のおじさんたちの醜態でした。
[PR]
by hiroi22 | 2007-10-30 00:22 | じっと思う

ブログパーツ

  • →:次の記事へ
  • ←:前の記事へ
  • Home:このページの先頭へ
  • End:最後の記事へ

最新のトラックバック

「オバマファクター」米国..
from 米流時評
シティバンク危機脱出!連..
from 米流時評
経済氷河期に春一番? C..
from 米流時評
警告!北朝鮮が即時臨戦態..
from 米流時評
作家フォーサイス 次の小..
from 米流時評
「事実は小説よりも奇なり..
from 米流時評
オバマのマンモス再生予算..
from 米流時評
ウォール街の真冬はいつま..
from 米流時評
ウォール街ブリザード!ダ..
from 米流時評
自由への厚い扉/エジプト..
from 米流時評

リンク

タグ

(119)
(60)
(49)
(45)
(45)
(39)
(32)
(26)
(26)
(24)
(16)
(15)
(14)
(12)
(10)
(9)
(8)
(8)
(5)
(2)

ライフログ


青の時代


オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える


風味絶佳


Antonio Carlos Jobim's Finest Hour


セゴビアの芸術

カテゴリ

全体
じっと思う
ずっと思う
Macintosh
iPhone

検索

以前の記事

2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧