ボーッと何かを・・・ 日々の考えの備忘録


by hiroi22

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

果てしなき妄想

 先週末大阪に立ち寄った際に,関西学生アメリカンフットボールリーグの母校の試合を観戦した.これまでも,出張などで関西に行く機会は多かったにもかかわらず,なぜか母校の試合の日程とは合わず,観戦の機会を逃していたのだが,今回はうまい具合に母校の試合日とマッチしていたので,いそいそと早めに当日家を出て試合を楽しんだ次第である.試合自体もライバルを見事完封して快勝.急いで飛行機に乗ってやってきた甲斐があったというものである.
d0007533_1112893.jpg

 今でこそヤワな私だが,ひょっとしたらアメリカンフットボールをしていたかもしれないのだ.中学,高校時代と野球をかじっていたせいで,(足は遅かったが)肩は強かった.そのため,大学入学後のスポーツテストの「ソフトボール投げ」では”抜群の”記録をたたき出した.この記録が当時(そして今でもそうだが)優秀な部員集めに躍起になっていたアメフト部の目にとまり,当然のごとく数人の部員が私を勧誘にやってきたのである.その強い勧誘に少しは心を動かされたのだけれど,結局一度もグランドに足を運ばずに終わってしまった.確たる理由は覚えていないが,大学に入って右往左往している状態で,何かを決めるということに消極的になっていたのも一因かもしれない.

 誰にでも,これまでの人生の中で,良きにつけ悪しきにつけ「あの時ああしていれば」と振り返ることはいくつかあると思う.私の中ではこの体験はその一つである.アメリカンフットボールは,卒業後母校がのし上がってきて,その面白さがわかったスポーツなのだが,もしも,あの時グランドに足を運んで,あの楕円球を思い切り投げていたら,瞬時にその魅力に取り憑かれていたかもしれない.そして,花形選手,名QBとして華々しく活躍したかもしれないのである.そうなれば,観客席から試合を見るのではなく,今頃はサイドラインからヘッドコーチとして選手を叱咤激励していた可能性だってある.それに,たくさんの女性ファンに囲まれてバラ色の学生生活を送れたかもしれない.そして,そのファンの中でとびきりの美人と結婚していたかもしれない.いやいや,きっとそうだ.ガハハ

 かくして,都合の良い妄想は果てしなく広がるのである.
[PR]
by hiroi22 | 2007-10-20 01:50 | ずっと思う

ブログパーツ

  • →:次の記事へ
  • ←:前の記事へ
  • Home:このページの先頭へ
  • End:最後の記事へ

最新のトラックバック

「オバマファクター」米国..
from 米流時評
シティバンク危機脱出!連..
from 米流時評
経済氷河期に春一番? C..
from 米流時評
警告!北朝鮮が即時臨戦態..
from 米流時評
作家フォーサイス 次の小..
from 米流時評
「事実は小説よりも奇なり..
from 米流時評
オバマのマンモス再生予算..
from 米流時評
ウォール街の真冬はいつま..
from 米流時評
ウォール街ブリザード!ダ..
from 米流時評
自由への厚い扉/エジプト..
from 米流時評

リンク

タグ

(119)
(60)
(49)
(45)
(45)
(39)
(32)
(26)
(26)
(24)
(16)
(15)
(14)
(12)
(10)
(9)
(8)
(8)
(5)
(2)

ライフログ


青の時代


オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える


風味絶佳


Antonio Carlos Jobim's Finest Hour


セゴビアの芸術

カテゴリ

全体
じっと思う
ずっと思う
Macintosh
iPhone

検索

以前の記事

2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧