ボーッと何かを・・・ 日々の考えの備忘録


by hiroi22

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

壊れた人達

 ボクシングの世界一を決めるはずの世界タイトルマッチ,その試合で目を疑う光景が繰り広げられていた.チャンピオンの内藤選手を投げ倒してグローブでサミング(目つぶし),度重なるローブロー,果ては相手を抱え上げて放り投げようとまでしたのだ.とんでもない反則だ.世界タイトルマッチ,いやボクシングを冒涜しているといってもよい.こんな不祥事をしでかした亀田大毅選手と,それをそそのかした父でトレーナーの史郎氏らに厳しい処分が下されたのは当然だろう.
 彼らに関しては十分すぎるほどの批判が渦巻いているので,もうあまり言うまい.私としても過去にこのblogで,一ボクシングファンとして批判してきた言葉で十分と思っている.ただし,今回の反則についての父史郎氏の弁明「あの反則は故意ではなかった」は耳を疑う.彼は「故意」という言葉の意味を知らないのか?それともこんな言い訳が通用するとでも思っているのか?今更ながらだが,彼の精神構造を疑う.
 また,この件ではTBSの日曜日の朝の番組でゲスト出演していた内藤選手に対して,高橋ジョージという歌手(?)が“ボクシング通”のような顔をして「(内藤選手が)なぜもっと打ち合わなかったのだ?」と批判めいた発言したのには怒りを覚えた.一体あの試合のどこを見ていたのか?それと,今までどういうボクシングを見ていたのかね?
 あの試合では,チャンピオンは的確にパンチを浴びせ試合の主導権を取っていた.だからこそ大差の判定になったのだ.それを「もっと打ち合え」だって?彼もどこか壊れているのだろう. 
 今回の騒ぎではTBSも厳しい批判にさらされている.報道機関としての姿勢までもが問われている.これについては,以前
TBSは壊れたか?(2006.8.3)
で書いたTBS批判の文章を再び掲げておこう.
 こういうアホな企画自身はもちろんのことだが、こういうことを組織として通してしまったことを問題視したい。こういう愚にもつかないことは、組織として決まったのだが、実際は最初にどこぞのボンクラが言い出したものだろう。それはいい。どこにでも一人や二人どうしようもないのはいるのだから。問題はなぜこれが最終決定となってしまったのかということだ。TBSにも見識のある人間は多いだろう。彼らは何をしていたのか?発言出来なかったのか?発言しても無視されたのか?いずれにしても、放送組織としてのTBSに大きな問題があることを露呈してしまったと思う。

[PR]
by hiroi22 | 2007-10-17 00:22 | ずっと思う

ブログパーツ

  • →:次の記事へ
  • ←:前の記事へ
  • Home:このページの先頭へ
  • End:最後の記事へ

最新のトラックバック

「オバマファクター」米国..
from 米流時評
シティバンク危機脱出!連..
from 米流時評
経済氷河期に春一番? C..
from 米流時評
警告!北朝鮮が即時臨戦態..
from 米流時評
作家フォーサイス 次の小..
from 米流時評
「事実は小説よりも奇なり..
from 米流時評
オバマのマンモス再生予算..
from 米流時評
ウォール街の真冬はいつま..
from 米流時評
ウォール街ブリザード!ダ..
from 米流時評
自由への厚い扉/エジプト..
from 米流時評

リンク

タグ

(119)
(60)
(49)
(45)
(45)
(39)
(32)
(26)
(26)
(24)
(16)
(15)
(14)
(12)
(10)
(9)
(8)
(8)
(5)
(2)

ライフログ


青の時代


オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える


風味絶佳


Antonio Carlos Jobim's Finest Hour


セゴビアの芸術

カテゴリ

全体
じっと思う
ずっと思う
Macintosh
iPhone

検索

以前の記事

2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧