ボーッと何かを・・・ 日々の考えの備忘録


by hiroi22

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

内と外

大阪の電車の中では,東京に比べて人々がよく会話をしていると感じる.話されている内容の中には,電車の中で話すのはどうかと思うような極めてプライベートなものも時にして聞こえてくる.これは大阪あるいは関西という地域では,他人との距離が近いせいではないのか.つまり,ある意味で「内」と「外」の区別が薄いのではないのかと思う.
他方,最近は少なくなったような気がするけれど,「電車の中で化粧をする(若い)女性」というのがひところ話題になった.(女性の化粧のことはよく知らないのだけれど,電車内の化粧については私もかなりの「豪傑」を目にしたことがある.)これについて目にする意見はほとんど非難めいたものだったけど,このような女性が最近になって現れた原因として,「最近の若者は内と外の区別が無くなった」といったものが挙げられていた.でも,この場合の「内と外の区別が無くなった」というのは冒頭のものとはちょっと違うと思うのだ.
都会,特に東京のような大都市では個人は他人との関わりをなるべく避けようとする.だから他人に対する無関心が生じるのだろうけれども,「電車の中で化粧をする女性」の意識というのはその先にあるものだと思う.つまり,「他人への無関心」を通り越して「他人の存在すら意識しない」という状態になっているのではないか.これは,「身内と他人の区別が薄い」状態とは全くの正反対のものだろう.
でもね,「内と外の区別が無くなった」,「他人への無関心」ということを言うなら,何も若い人に限ったことじゃないと思うのだ.いい年をして「少年マガジン」や,「家でこそっと見るべき写真」を掲載してある週刊誌を満員電車の中で堂々と広げるおっさんも人のことは言えませんぞ.
[PR]
by hiroi22 | 2005-05-21 01:18 | じっと思う

ブログパーツ

  • →:次の記事へ
  • ←:前の記事へ
  • Home:このページの先頭へ
  • End:最後の記事へ

最新のトラックバック

「オバマファクター」米国..
from 米流時評
シティバンク危機脱出!連..
from 米流時評
経済氷河期に春一番? C..
from 米流時評
警告!北朝鮮が即時臨戦態..
from 米流時評
作家フォーサイス 次の小..
from 米流時評
「事実は小説よりも奇なり..
from 米流時評
オバマのマンモス再生予算..
from 米流時評
ウォール街の真冬はいつま..
from 米流時評
ウォール街ブリザード!ダ..
from 米流時評
自由への厚い扉/エジプト..
from 米流時評

リンク

タグ

(119)
(60)
(49)
(45)
(45)
(39)
(32)
(26)
(26)
(24)
(16)
(15)
(14)
(12)
(10)
(9)
(8)
(8)
(5)
(2)

ライフログ


青の時代


オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える


風味絶佳


Antonio Carlos Jobim's Finest Hour


セゴビアの芸術

カテゴリ

全体
じっと思う
ずっと思う
Macintosh
iPhone

検索

以前の記事

2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧