ボーッと何かを・・・ 日々の考えの備忘録


by hiroi22

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ここでも言葉虚しい安倍内閣

 安倍首相の空疎な言葉にはもう慣れっこになってしまった.とはいえ,いまだに日本の首相なのである.こんなニュースを見るたびにため息が出てしまう.
<少子化対策>宙に浮く「安倍構想」方針不明で省庁動けず [ 毎日新聞 ]

 この記事にはこうある.
 安倍晋三首相が就任当初「内閣の総力を挙げる」と表明した少子化対策が宙に浮いている。与党の参院選惨敗で、財源に当て込んでいた消費税の増税が難しくなったのに加え、関係省庁内では「政権の方針は働く女性の支援なのか、家族政策重視なのかがはっきりせず、身動きできない」との不満が出ている。
こんなていたらくで,よく「内閣の総力を挙げる」などと言えたものだと思う.今更批判したところでむなしいだけだが,安倍晋三という人は言葉だけを取り繕えばよいと考えているお人なのだ.
 この記事は現状を次のように分析している.
 小泉政権では「ワークライフバランス」がもてはやされ、男性の長時間労働を見直し、女性だけに家事、育児を押し付けないことが必要だと強調された。「子育ての社会化」「男女共同参画」がキーワードだった。

 これに対し、安倍首相は著書「美しい国へ」で「お父さんとお母さんと子どもがいて、おじいちゃんもおばあちゃんも含めてみんな家族だ、という家族観は守り続けていくべき」だと記すなど伝統的家族観が特徴だ。下村博文官房副長官、山谷えり子首相補佐官、高市早苗少子化担当相らも似た価値観を共有する。

 その結果、たとえば、これまでの政府の対策会議には「少子化」の名がついていたが、安倍政権の諮問機関名は、首相らの意向を反映して「子どもと家族を応援する日本重点戦略検討会議」になった。分科会には「働き方の改革」とともに、「地域・家族の再生」も設けられた。
具体的イメージがあるわけでもなく,無責任に「内閣の総力を挙げる」といったことがバレバレである.
 このblogで,安倍内閣が発足した時に「論功行賞人事だもんなぁ」と批判したが,そのときに高市早苗大臣起用について
私が本当に訳がわからないのは、彼女が男女共同参画担当だということだ。私に言わせれば、彼女(=高市早苗)は女性議員の中で最も封建的な家族観を持つ人で、およそ男女共同参画担当大臣には一番似つかわしくない議員である。つまり、論功行賞人事による変な人間がとんでもないポストにつく適例なのだ。
と批判した.今更ながらだが,何にも考えずに行なった人事のツケが回って来ているという感じである.

 ついでに,この種の問題についての自分の考えを書き留めておこう.
 私は少子化対策は,実のところどうすればよいのか分からない.「分からない」というのは,「少子化」の原因がはっきりしないからだ.いわゆる子育て支援をして,それで解決するのかどうか分からない.つまり,そういう経済的な負担が少子化の主たる原因かどうか判断がつかないからだ.そういう支援に一概に反対ではないが,もう少し社会学的に原因を追及してからでも良いのではないかと思っている.
 これに対して,「男女共同参画」に対しては立場ははっきりしている.女性の社会進出は積極的に推進すべきという考えだ.人口の半分を占める女性の能力を埋もれさせることは,社会にとって損失以外の何ものでもない.専業主婦・職業人を問わず,いろいろな機会で個人の能力を発揮できる社会であればよいと思うのである.したがって,女性は家にいるべしという「伝統的家族観」には反対である.「伝統」は天から授かるものではなく,社会が生み出してゆくものなのだ.
[PR]
by hiroi22 | 2007-08-27 00:50 | ずっと思う

ブログパーツ

  • →:次の記事へ
  • ←:前の記事へ
  • Home:このページの先頭へ
  • End:最後の記事へ

最新のトラックバック

「オバマファクター」米国..
from 米流時評
シティバンク危機脱出!連..
from 米流時評
経済氷河期に春一番? C..
from 米流時評
警告!北朝鮮が即時臨戦態..
from 米流時評
作家フォーサイス 次の小..
from 米流時評
「事実は小説よりも奇なり..
from 米流時評
オバマのマンモス再生予算..
from 米流時評
ウォール街の真冬はいつま..
from 米流時評
ウォール街ブリザード!ダ..
from 米流時評
自由への厚い扉/エジプト..
from 米流時評

リンク

タグ

(119)
(60)
(49)
(45)
(45)
(39)
(32)
(26)
(26)
(24)
(16)
(15)
(14)
(12)
(10)
(9)
(8)
(8)
(5)
(2)

ライフログ


青の時代


オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える


風味絶佳


Antonio Carlos Jobim's Finest Hour


セゴビアの芸術

カテゴリ

全体
じっと思う
ずっと思う
Macintosh
iPhone

検索

以前の記事

2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
more...

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧