ボーッと何かを・・・ 日々の考えの備忘録


by hiroi22

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

アクセルを踏みながらブレーキをかける

 ちょっと日にちが経ったニュースだが;
教委見直し国関与案、はや暗雲 中教審から異論噴出
が目についた。先頃教育再生会議がまとめた報告に異議が出ているのだそうだ。
政府の教育再生会議が5日に案をまとめた直後から、文科相が教委に是正の勧告や指示ができるよう国の権限を強めるべきだとした点に批判が集中したからだ。

 翌6日には全国知事会、市長会、町村会の会長が「地方分権の観点から問題がある」と抗議。

 16日の会議では、北脇保之・静岡県浜松市長が「地方分権の議論を蒸し返す必要はない」、中村正彦・東京都教育長が「案からは教育委員会制度への不信感を感じるが、なぜこういうことが出るのか」と批判が相次いだ。
 これには役所の縄張り争いという側面もあろうが、私はそれだけではないと思う。教育再生会議の報告書に対しては、先日も書き留めたが、もっとはっきり私のスタンスを述べれば、
現場を知らない人間が、無責任に思いつきを並べたもの
である。教育再生会議では、おそらく今まで教育に関する議論なぞ一顧だにしなかったのだろう。したがって、その報告と従来の方針や政策のフィロソフィーと矛盾が出てきても何ら不思議ではない。いわば、アクセルとブレーキを同時に踏むような事態が起きているのだ。
 教育再生会議の報告を眺めていると、「ゆとり教育」の方がずっとましではないかという気がしてくる。しかし、話は大きくなるので、「ゆとり教育」についてはまた別の機会に書き留めようと思う。
[PR]
by hiroi22 | 2007-02-19 22:14 | じっと思う

ブログパーツ

  • →:次の記事へ
  • ←:前の記事へ
  • Home:このページの先頭へ
  • End:最後の記事へ

最新のトラックバック

「オバマファクター」米国..
from 米流時評
シティバンク危機脱出!連..
from 米流時評
経済氷河期に春一番? C..
from 米流時評
警告!北朝鮮が即時臨戦態..
from 米流時評
作家フォーサイス 次の小..
from 米流時評
「事実は小説よりも奇なり..
from 米流時評
オバマのマンモス再生予算..
from 米流時評
ウォール街の真冬はいつま..
from 米流時評
ウォール街ブリザード!ダ..
from 米流時評
自由への厚い扉/エジプト..
from 米流時評

リンク

タグ

(119)
(60)
(49)
(45)
(45)
(39)
(32)
(26)
(26)
(24)
(16)
(15)
(14)
(12)
(10)
(9)
(8)
(8)
(5)
(2)

ライフログ


青の時代


オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える


風味絶佳


Antonio Carlos Jobim's Finest Hour


セゴビアの芸術

カテゴリ

全体
じっと思う
ずっと思う
Macintosh
iPhone

検索

以前の記事

2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧