ボーッと何かを・・・ 日々の考えの備忘録


by hiroi22

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

今年を自分のblogで振り返る

 大晦日ということで、今年を自分のblogの記事で振り返ってみた。このblogは「日々の考えの備忘録」ということをモットーとしている。ただし、プライベートな出来事についてはあんまり書いていない。
 というわけで、1月から12月までタイトルをざっと眺めてみた。前半(1〜4月)は、民主党前執行部に対する批判とスポーツ(WBCなど)が目についた。特にWBCの試合についての分析は、我ながらなるほどと思わせる。WBC予選で韓国に負けたとき、
この敗戦が目先のことばかり考えている日本の野球界への警鐘となれば、そんなに悪い結果でもない。なかなか現状ではそれは期待出来ないのだが・・・・
と書いたが、結局アメリカがメキシコに取りこぼしたおかげで決勝に進み、優勝したことで日本の野球界の姿勢はまた元に戻ってしまったようである。
 中期(5月〜8月)はサッカーW杯で日本が予選リーグ敗退ということで、ちょっと中心的なテーマを失った感があり、色んなことを書いている。思い出すのは中田英の引退宣言をあつかった記事でファンの批判を浴びたことだ。しかし、この記事で書いた
上の記事によれば,

“新たな自分”探しの旅に出たい。

というのがその理由らしい.これを見て,正直言って,ちょっとずっこけた.
 「“新たな自分”探しの旅に出たい。」だって?平たく言えば“転職”ですから,ちょっと格好つけ過ぎではないの,キミ?中田英ってこんなキャラだったのかなぁ.....
という感想は今も変わっていない。ただし、最後の
でもね,人生はサッカーボールのように思い通りにはならないよ(先輩からの忠告).
は一言余計であった。これでカチンときた人も多いかも。この頃行なわれた亀田興毅のタイトル戦についても書いた。亀田興毅の実力は認めつつも、あの判定はおかしい。このことも今もって不変だ。
 後半(9〜12月)では、ともかく「東京都は北朝鮮なのか」という例の国歌国旗の強制を強いると教育委員会の姿勢を批判した記事にコメントが殺到したのが忘れられない。こういう指示を教育委員会、教育現場に持ち込むということは、税金を使って身内・知人を採用するような“家族愛・友情に長けた”都知事だからこそできることなんだろう。
 その他、1年を通してBush政権批判、Apple信者としてのおつとめ記事など、そのときそのときの自分の考えの備忘録として面白い。

ということで、皆さん良いお年を。
[PR]
by hiroi22 | 2006-12-31 17:14 | ずっと思う

ブログパーツ

  • →:次の記事へ
  • ←:前の記事へ
  • Home:このページの先頭へ
  • End:最後の記事へ

最新のトラックバック

「オバマファクター」米国..
from 米流時評
シティバンク危機脱出!連..
from 米流時評
経済氷河期に春一番? C..
from 米流時評
警告!北朝鮮が即時臨戦態..
from 米流時評
作家フォーサイス 次の小..
from 米流時評
「事実は小説よりも奇なり..
from 米流時評
オバマのマンモス再生予算..
from 米流時評
ウォール街の真冬はいつま..
from 米流時評
ウォール街ブリザード!ダ..
from 米流時評
自由への厚い扉/エジプト..
from 米流時評

リンク

タグ

(119)
(60)
(49)
(45)
(45)
(39)
(32)
(26)
(26)
(24)
(16)
(15)
(14)
(12)
(10)
(9)
(8)
(8)
(5)
(2)

ライフログ


青の時代


オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える


風味絶佳


Antonio Carlos Jobim's Finest Hour


セゴビアの芸術

カテゴリ

全体
じっと思う
ずっと思う
Macintosh
iPhone

検索

以前の記事

2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧