ボーッと何かを・・・ 日々の考えの備忘録


by hiroi22

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

今年のM1雑感

 今年のM1グランプリはチュートリアルの優勝で幕を閉じた。ちょっとその感想を。
 まず、優勝のチュートリアル。昨年よりも明らかに笑いの迫力は増していた。会場の受けもよく、優勝は当然だろう。ただ、個人的好みでは、オーバーアクション気味のチュートリアルのボケよりも昨年度優勝のブラックマヨネーズの落ち着いたボケの方が好みではあるが。
 決勝に進んだ残りの2組、フットボールアワーと麒麟では、フットボールアワーを評価したい。2番目のネタの出来は彼らにしては今ひとつであったように感じたが、元M1チャンピオンでありながら再度挑戦したという意気込みは買える。いったい若手漫才の日本一を決めるM1と言うが、過去の優勝者はその後漫才という芸から離れている場合がほとんどである。ちょっとしたバラエティ番組で彼らの顔を見かけることが多いが、そこで見せる面白さは、彼らの漫才の面白さから比べると大きく落ちる。そういう状況の中でフットボールアワーが再度M1に挑戦したことは、漫才という芸をもう一度磨こうという二人の気持ちの現れだろう。これは強く支持したい。
 その他では、アマチュアOLコンビとして話題になった変ホ長調が面白かった。プロの審査員の評価があまり得られず得点は伸びなかったが、彼らの「ヘタウマ」漫才は好きになった。彼女たちの話を聞いていると、なるほど大阪のおばちゃんが面白いのも納得できるのである。

 実は昨年度のM1を見終わった後「M1でこれ以上の盛り上がりは期待出来ないだろう」と思った。したがって、今年のM1は少し引き気味で見ていたのだが、今年もなかなかどうして面白いものになった。若手漫才師たちのパワーをあらためて感じた。ただし、上にも書いたが、M1以後の受け皿がTV局、特に東京のTV局に無いのが残念である。
[PR]
by hiroi22 | 2006-12-25 22:52 | ずっと思う

ブログパーツ

  • →:次の記事へ
  • ←:前の記事へ
  • Home:このページの先頭へ
  • End:最後の記事へ

最新のトラックバック

「オバマファクター」米国..
from 米流時評
シティバンク危機脱出!連..
from 米流時評
経済氷河期に春一番? C..
from 米流時評
警告!北朝鮮が即時臨戦態..
from 米流時評
作家フォーサイス 次の小..
from 米流時評
「事実は小説よりも奇なり..
from 米流時評
オバマのマンモス再生予算..
from 米流時評
ウォール街の真冬はいつま..
from 米流時評
ウォール街ブリザード!ダ..
from 米流時評
自由への厚い扉/エジプト..
from 米流時評

リンク

タグ

(119)
(60)
(49)
(45)
(45)
(39)
(32)
(26)
(26)
(24)
(16)
(15)
(14)
(12)
(10)
(9)
(8)
(8)
(5)
(2)

ライフログ


青の時代


オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える


風味絶佳


Antonio Carlos Jobim's Finest Hour


セゴビアの芸術

カテゴリ

全体
じっと思う
ずっと思う
Macintosh
iPhone

検索

以前の記事

2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧