ボーッと何かを・・・ 日々の考えの備忘録


by hiroi22

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

明日の世界戦

 いよいよ明日は因縁の再戦(亀田興毅VSランダエタ)である。前回(8月)に続いて無責任かつ気楽な予想を書く。「予想」といっても、彼らの公開スパーリングを見たわけでもないので、前の試合からの「想像」と言ってもよいかも知れない。
 前回の試合から亀田興毅が順調にそのボクシングの実力を伸ばしているのなら、亀田興毅が有利と見られる。しかし、私はまず、精神的な面からランダエタが有利と見る。あの試合後の亀田親子へのバッシングは猛烈だった。それが今回の試合への力になればよいが、私は逆にプレッシャーになると見る。また、前回の試合では、ダウンを奪われたこともさることながら、終盤ではKO寸前まで追い込まれた展開であった。これは亀田興毅にとっておそらく初めての恐ろしい経験であったろう。この試合による「ランダエタへの恐怖心」あるいは「劣等感」は勝負に大きく影響すると考える。もう一つ、今回減量の方法やファイティングスタイルを変えた(変える予定)というもの不安材料だ。
 ファイティングスタイルについては、この記事によれば、
ガードを固めて前へ出るだけの「亀田スタイル」を捨て、フットワークを使いながら右ジャブを多用し、出入りのボクシングに取り組んできた。
とある。「フットワークを使いながら右ジャブを多用し」というのは、ある意味オーソドックスな戦い方で、この戦い方で悪いわけではない。しかし、ランダエタのような経験のある選手に対して通用するほど亀田興毅がこのスタイルをマスターしているかどうかが問題である。中途半端な形で戦えば、むしろこのようなスタイルの相手に対して戦い慣れたランダエタ選手の格好の餌食となるだろう。
[PR]
by hiroi22 | 2006-12-19 21:43 | じっと思う

ブログパーツ

  • →:次の記事へ
  • ←:前の記事へ
  • Home:このページの先頭へ
  • End:最後の記事へ

最新のトラックバック

「オバマファクター」米国..
from 米流時評
シティバンク危機脱出!連..
from 米流時評
経済氷河期に春一番? C..
from 米流時評
警告!北朝鮮が即時臨戦態..
from 米流時評
作家フォーサイス 次の小..
from 米流時評
「事実は小説よりも奇なり..
from 米流時評
オバマのマンモス再生予算..
from 米流時評
ウォール街の真冬はいつま..
from 米流時評
ウォール街ブリザード!ダ..
from 米流時評
自由への厚い扉/エジプト..
from 米流時評

リンク

タグ

(119)
(60)
(49)
(45)
(45)
(39)
(32)
(26)
(26)
(24)
(16)
(15)
(14)
(12)
(10)
(9)
(8)
(8)
(5)
(2)

ライフログ


青の時代


オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える


風味絶佳


Antonio Carlos Jobim's Finest Hour


セゴビアの芸術

カテゴリ

全体
じっと思う
ずっと思う
Macintosh
iPhone

検索

以前の記事

2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧