ボーッと何かを・・・ 日々の考えの備忘録


by hiroi22

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ラーメンズかぁ...

 Macintoshの新しいCM、「Macをはじめよう」というのが流れている。実際にテレビではまだお目にかかってはいないのだが、Appleのホームページで見ることができる。
d0007533_219798.jpg
 このCMの元になっているのはアメリカで流れていたCMで、多くのMacintoshな人にはおなじみのものだろう。アメリカのものは、小太りのビジネスマン(PCをイメージしている)とちょっとラフなスタイルの青年(Macintoshの役)の掛け合いで、主にPCを揶揄してMacintoshの優位性をアピールしようという内容である。すでにたくさんのバージョンがあるが、なかなか笑えるCMである。日本版でも内容は変わらないようだが、この二人の役には若手お笑いコンビのラーメンズを起用している。
 ラーメンズ、ひところはNHKの「爆笑オンエアバトル」の常連で、なかなか人気もあったと思うが、最近はあまり見かけなくなっていた。だから、今回の起用はちょっと意外であった。それに、私は個人的にラーメンズの芸風はあんまり好きじゃなかったのだ。
 しかし、この日本版のCMはなかなか良く出来ている。面白い。元々良く出来たCMだったと言ってしまえばそれまでだが、ラーメンズもイヤミを出さずに好演していると思う。彼らが抜擢されたのもうなずけるし、起用は成功だったと言えるだろう。
 よく考えてみると、ラーメンズを除いて、お笑い芸人ということに限ってみれば、このCMにふさわしいコンビはなかなか見当たらないのだ。関西芸人はちょっとこのCMには向かないだろう。ドランクドラゴンは面白いけど、痩せている方をMacintosh役にするのは無理だし、太っている方もふさわしくあるまい。逆にアンジャッシュは両方共やや優等生過ぎて対比CMとしては弱いような気がする。爆笑問題は、どうもどっちをPC、Macintoshにしてもしっくりこない・・・・
 そうなのだ、PCとMacintoshを対比するCMであるから、PCの方に人気が出るようなキャスティングは出来ない。一方、Macintoshの方は若くて好感が持てるがキャラクターが出過ぎない方がよい。こう考えてみると、いまだお茶の間になじみがないが、演技には確かなものを持っているラーメンズの起用というのは当然という気がしてきた。
 そう、CM一つでもなかなか配役というのは難しいのだ。しかし、繰り返しになるが、なかなかスマートで面白いCMだ。さすがアメリカ的。
[PR]
by hiroi22 | 2006-11-14 22:20 | Macintosh

ブログパーツ

  • →:次の記事へ
  • ←:前の記事へ
  • Home:このページの先頭へ
  • End:最後の記事へ

最新のトラックバック

「オバマファクター」米国..
from 米流時評
シティバンク危機脱出!連..
from 米流時評
経済氷河期に春一番? C..
from 米流時評
警告!北朝鮮が即時臨戦態..
from 米流時評
作家フォーサイス 次の小..
from 米流時評
「事実は小説よりも奇なり..
from 米流時評
オバマのマンモス再生予算..
from 米流時評
ウォール街の真冬はいつま..
from 米流時評
ウォール街ブリザード!ダ..
from 米流時評
自由への厚い扉/エジプト..
from 米流時評

リンク

タグ

(119)
(60)
(49)
(45)
(45)
(39)
(32)
(26)
(26)
(24)
(16)
(15)
(14)
(12)
(10)
(9)
(8)
(8)
(5)
(2)

ライフログ


青の時代


オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える


風味絶佳


Antonio Carlos Jobim's Finest Hour


セゴビアの芸術

カテゴリ

全体
じっと思う
ずっと思う
Macintosh
iPhone

検索

以前の記事

2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧