ボーッと何かを・・・ 日々の考えの備忘録


by hiroi22

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ディープインパクトの凱旋門賞

 ちょっと時間が経ってしまったが、ディープインパクトの凱旋門賞について。
 NHKの地上波が中継するという、大変な騒ぎと期待を集めたレースだったが、結果はご存知の通り3着。レースの展開は悪くなかったというより、よすぎたのかも知れない。4角を回って先頭をとらえたのだから、このまま日本のように押し切ればまさに横綱相撲であるが、世界の強豪を相手にそんなレースを期待するのは、結果論だけれど、余りにも高望みというべき。それでも3着に粘って、レース前ライバルといわれた2頭には先着したのだから、その実力は発揮出来たと思う。 
 凱旋門賞のペースはどうだったんだろうか。前半スローペースだったという。それがどの程度だったのかラップタイムが不明なので分からないが、しかし、そんなに不利なペースではないと思う。ともかく4角を過ぎてからの迫力がいつものディープインパクトほどではなかった。この原因は今回の斤量だろう。ディープインパクトが500キロに近いような大きな馬ならともかく、450キロそこそこの男馬としては小さな馬体に59.5キロは過酷だ。それが最後の直線で表れたのではないだろうか。
 実は、この斤量を当日の中継を見て初めて知って驚き、不安がのぞいたのだが、結果はその不安通りになってしまった。一方勝った馬は3歳馬ということで56キロ。2着は雌馬なのでやはり軽量。伸び盛りの3歳馬に56キロで挑まれては、今回のように負けることもあり得る。凱旋門賞は最近3歳馬の成績が良いようだが、この斤量はちょっと古馬に不公平ではないのかなぁ。ヨーロッパではこれが普通なのだろうか?
 
 ともあれ、今回のチャレンジ、ファンをとても楽しませてくれた。関係者を讃えたい。ディープインパクトはお疲れさん。しばらくゆっくり休むのかと思っていたら、天皇賞に出走するかも知れないとのこと。
ディープが天皇賞登録へ 国内復帰第1戦か
 うーん、早くても有馬記念だと思っていた。馬の体調はもちろん考えてのことだろうけど、万全の体調で、けがなどがないように願いたい。
[PR]
by hiroi22 | 2006-10-09 23:35 | じっと思う

ブログパーツ

  • →:次の記事へ
  • ←:前の記事へ
  • Home:このページの先頭へ
  • End:最後の記事へ

最新のトラックバック

「オバマファクター」米国..
from 米流時評
シティバンク危機脱出!連..
from 米流時評
経済氷河期に春一番? C..
from 米流時評
警告!北朝鮮が即時臨戦態..
from 米流時評
作家フォーサイス 次の小..
from 米流時評
「事実は小説よりも奇なり..
from 米流時評
オバマのマンモス再生予算..
from 米流時評
ウォール街の真冬はいつま..
from 米流時評
ウォール街ブリザード!ダ..
from 米流時評
自由への厚い扉/エジプト..
from 米流時評

リンク

タグ

(119)
(60)
(49)
(45)
(45)
(39)
(32)
(26)
(26)
(24)
(16)
(15)
(14)
(12)
(10)
(9)
(8)
(8)
(5)
(2)

ライフログ


青の時代


オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える


風味絶佳


Antonio Carlos Jobim's Finest Hour


セゴビアの芸術

カテゴリ

全体
じっと思う
ずっと思う
Macintosh
iPhone

検索

以前の記事

2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
more...

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧