ボーッと何かを・・・ 日々の考えの備忘録


by hiroi22

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

卑怯・卑劣:しょせん右翼というのはこの程度です

 日本では「右翼」というと、少しは「男らしい」とか「潔い」とかいうイメージを自ら振りかざしているような輩が多いけれども、実態はとんでもないのですね、これが。
東京の右翼団体の男と断定 靖国参拝との関連捜査
 この記事によれば、ある右翼団体の男が自民党の加藤紘一議員の日頃の靖国神社に対する言論が気に食わないと、彼の実家に放火したあげく、割腹自殺を図ったそうです。
 相手の言論が自分と異なるから、暴力で相手を封じ込めようとする。世の中にたまにこの手の人はいますが、普通の人間じゃありません。たいてい、嫌われ者です。それに今回の場合、被害にあったのは加藤議員本人ではなく、なんとまあ高齢の彼の母親です。つまり、素手の老婆に対し、放火という凶行に及んだのです。まさに弱いものイジメ。口で立ち向かう相手に暴力を使う、しかも本人ではなく親族に振るう。これを私の基準では
卑怯・卑劣
といいます。また、割腹自殺でもすれば、何か格好がつくとでも思ったんでしょうかね。でも、これは自分がやったことから逃げたわけです。さすがに、弱いものイジメは恥ずかしかったかな?自分でアホなことをやったくせに、こういうふうに逃げ出すのは、私の基準では
潔くない
といいます。しかも、この記事によれば;
 男は顔にやけどを負い、靴を履いていない状態で建物の外で倒れていたことから、室内で腹部を切り、熱くなって飛び出してきたとみられる。
とのこと。つまり、自殺する人間が火事で熱くなったと逃げ出してきたのであります。まるで漫才のネタになるようなお笑い。いくら右翼でも、ここまで自分のやっていることが分からない軽薄な人間も珍しいデス。カッとなって、すぐに弱いものに手を出す世間の嫌われ者が、卑屈になって根性ねじ曲げて暴走したのかしらん。
 「右翼団体」というからには、「大日本・・・」とかいかめしい自己陶酔型の名称がついているのに違いありません。何人メンバーがいるか知りませんが、こんなオッサンの同類が何人も集まって、産○新聞でも読みながらきっとアホなお話をしてるんだろうなぁ。彼らが何もしなければ、それはそれで微笑ましい光景かも知れんが。
[PR]
by hiroi22 | 2006-08-16 23:54 | ずっと思う

ブログパーツ

  • →:次の記事へ
  • ←:前の記事へ
  • Home:このページの先頭へ
  • End:最後の記事へ

最新のトラックバック

「オバマファクター」米国..
from 米流時評
シティバンク危機脱出!連..
from 米流時評
経済氷河期に春一番? C..
from 米流時評
警告!北朝鮮が即時臨戦態..
from 米流時評
作家フォーサイス 次の小..
from 米流時評
「事実は小説よりも奇なり..
from 米流時評
オバマのマンモス再生予算..
from 米流時評
ウォール街の真冬はいつま..
from 米流時評
ウォール街ブリザード!ダ..
from 米流時評
自由への厚い扉/エジプト..
from 米流時評

リンク

タグ

(119)
(60)
(49)
(45)
(45)
(39)
(32)
(26)
(26)
(24)
(16)
(15)
(14)
(12)
(10)
(9)
(8)
(8)
(5)
(2)

ライフログ


青の時代


オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える


風味絶佳


Antonio Carlos Jobim's Finest Hour


セゴビアの芸術

カテゴリ

全体
じっと思う
ずっと思う
Macintosh
iPhone

検索

以前の記事

2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧