ボーッと何かを・・・ 日々の考えの備忘録


by hiroi22

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

まだまだ進化するのだLeopard

 サンフランシスコで催されたWWDC。やっぱりiPod Phoneの発表はなかったけれど、S. Jobsの基調講演では、次期OS X Leopardのpreviewがされた。
 正直言って、あまりLeopardには期待していなかった。これ以上、OSに何も望むものはあるまいと思っていたからだ。しかし、やはりS. Jobsの「現実歪曲空間」に落ち込んでしまい、魅せられてしまった。その機能のいくつかについて感想を書き留めておく。
 まずTime Machine(下図)。
d0007533_2314440.jpg
要するにバックアップなのだが、ご覧の通り見せるユーザーインターフェースである。現在のウィンドウから過去へと遠くまでウィンドウが並んでいる。これを辿って失った過去の書類を簡単に取り出せるというものだ。だいたいバックアップというものは面倒で、時間もかかる。また、いざ欲しいファイルを取り出すのも簡単とはいえない。それをこのTime Machineではバックアップが自動的に行なわれて、欲しいファイルを見つけて取り出すのも簡単だ。でもね、これにはもう一つハードディスクが必要なのだ。ということはノートブックには適さないんだよね....それに、バックアップからファイルを復元するというのは、そんなにあることじゃないのだよ。それに対してここまで凝るかなぁ...
 次はSpaces。つまりVirtual Desktopであり、これは別に新しいものではない。
d0007533_23371573.jpg
Desktopが一挙に4倍の広さになるというものだが、UNIXのXウィンドウでは昔から同じことが出来るし、MacintoshでもOS 7の時代からこのようなユーティリティはあった。ただ、LeopardではOSの機能として装備しているのが重要なのだ。それに、上の画面で違うDesktop間でウィンドウを動かせるのが面白いし便利かも知れない。
 Mailもメジャーアップデイトされる。Stationary、Notes、ToDoといった機能がつく(下図)。
d0007533_23542333.jpg
Stationaryは嬉しい機能だ。見栄えのよいメールサンプルが使えるので、友人、恋人に送るのには優れものの機能だろう。ただしhtmlメール形式である。Notes、ToDoは実際に使ってみないと何とも言えないが、カレンダーソフトのiCalと連動するようなので面白いかも知れない。ただし、この機能自体はいかにもS. Jobsの好みで入れましたという印象である。
 最後はiChat。
d0007533_0193553.jpg
Jobsのデモでは、相手の顔を変形したり、背景を変えたりというお遊びをやっていたが、iSightがほとんど標準装備といってよい状態なので、iChatは使ってみたいソフトである。それに、もしあなたに恋人がいて、彼女または彼がWindowユーザーならば、iChatはMacintoshを薦めるよい理由になる。何しろ、ブロードバンド環境ならば離れていても顔を見てお話が出来るのであるから。

 ひととおりLeopardのプレビューを見た感想は、
よくまあいろいろなことを考えるもんだ
ということだ。まだまだ進化の余地があるようである。
[PR]
by hiroi22 | 2006-08-13 00:32 | Macintosh

ブログパーツ

  • →:次の記事へ
  • ←:前の記事へ
  • Home:このページの先頭へ
  • End:最後の記事へ

最新のトラックバック

「オバマファクター」米国..
from 米流時評
シティバンク危機脱出!連..
from 米流時評
経済氷河期に春一番? C..
from 米流時評
警告!北朝鮮が即時臨戦態..
from 米流時評
作家フォーサイス 次の小..
from 米流時評
「事実は小説よりも奇なり..
from 米流時評
オバマのマンモス再生予算..
from 米流時評
ウォール街の真冬はいつま..
from 米流時評
ウォール街ブリザード!ダ..
from 米流時評
自由への厚い扉/エジプト..
from 米流時評

リンク

タグ

(119)
(60)
(49)
(45)
(45)
(39)
(32)
(26)
(26)
(24)
(16)
(15)
(14)
(12)
(10)
(9)
(8)
(8)
(5)
(2)

ライフログ


青の時代


オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える


風味絶佳


Antonio Carlos Jobim's Finest Hour


セゴビアの芸術

カテゴリ

全体
じっと思う
ずっと思う
Macintosh
iPhone

検索

以前の記事

2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧