ボーッと何かを・・・ 日々の考えの備忘録


by hiroi22

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

昭和天皇の戦争の痛みを感じる

 昭和天皇の靖国神社A級戦犯合祀批判のメモが見つかったと言う。右翼の人々は、おそらくこの期に及んでも何も変えないだろう。この事実から目をそらせて無視するか、妙な言いがかりをつけて自分をごまかそうとするに違いない。そういえば、今日の夕刊で上坂冬子がトンチンカンなことを書いていたが、これもその一種か。
 しかし、よくまあ、こんなものが無事に発表されたものだ。小説ならば、発表を阻止せんとする反対勢力の刺客が送り込まれるところだったろう(ダ・ヴィンチ・コードの読み過ぎ?)。 
 このメモを見る限り、いわゆるA級戦犯に対する昭和天皇の嫌悪感は相当なものだったことがうかがわれる。日本の国土を焦土にし、国民に多大な犠牲をしいた責任を彼らに強く問いただしたかったのではないか。
 去年の8月15日、私はこのブログでこんなことを書いた。
一言でいうと、ひどい戦争だった。日本軍のアジアの国々での蛮行については、いろいろな所で議論されているので、ここでは触れない。日本軍のそれ自体を考える。これもひどい。アメリカ軍の機関銃の隊列が三方で待っている見通しの良いところにほとんど丸腰で突進していって全滅したり、兵站路を確保できぬまま、高山を進軍して頓挫したりするなどの無茶苦茶な作戦、これらは当時の訳の分からない精神論に立脚していたのだ。しかし、こんな個々の作戦の愚かさはまだましな方だろう。一番ひどく、許せないのは当時の軍の上層部の「無責任さ」だ。
(中略)
自分が戦うわけではない。戦うのは青少年、その犠牲は尊い人命だ。将棋の駒ではない。しかも卑劣なことに(この言葉を使う)、いわゆる「大本営発表」と称して国民からこの事実を隠し続けたのだ。帝国軍人とかいって格好をつけているけれども、やっていることはとんでもないことばかりだ。
あの戦争が終わった時に、こういった戦争を続けた指導者を日本人自身できちんと断罪すべきだったと思う。もし、あの戦争がもう少し早く終わっていたら、何百万という人々が助かったのだから。この責任はとても重い。
読み返してみると、当時多少感情的になっているが、この考えは今も変わらない。戦争犯罪人の責任は日本人自身で明らかにしなければいけないのだ。そうでなければ、彼らの無茶&無責任な命令で命を落とした人々は浮かばれまい。
 民主党の小沢代表が今回のメモについて「昭和天皇は偉い方」と発言したそうだが、確かに同意できる。昭和天皇は本当に戦争の痛みを感じていたのだろう。
 いつだった、園遊会で平成天皇が「日の丸と君が代の(教育現場での)強制はよくありません。」という趣旨の発言をしたり、また、サイパン島での韓国人兵士の慰霊碑にお参りしたりしているのを見ると、少なくとも今の天皇家には「平和主義」「民主主義」の考えが強く根付いていると感じる。
[PR]
by hiroi22 | 2006-07-20 22:54 | ずっと思う

ブログパーツ

  • →:次の記事へ
  • ←:前の記事へ
  • Home:このページの先頭へ
  • End:最後の記事へ

最新のトラックバック

「オバマファクター」米国..
from 米流時評
シティバンク危機脱出!連..
from 米流時評
経済氷河期に春一番? C..
from 米流時評
警告!北朝鮮が即時臨戦態..
from 米流時評
作家フォーサイス 次の小..
from 米流時評
「事実は小説よりも奇なり..
from 米流時評
オバマのマンモス再生予算..
from 米流時評
ウォール街の真冬はいつま..
from 米流時評
ウォール街ブリザード!ダ..
from 米流時評
自由への厚い扉/エジプト..
from 米流時評

リンク

タグ

(119)
(60)
(49)
(45)
(45)
(39)
(32)
(26)
(26)
(24)
(16)
(15)
(14)
(12)
(10)
(9)
(8)
(8)
(5)
(2)

ライフログ


青の時代


オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える


風味絶佳


Antonio Carlos Jobim's Finest Hour


セゴビアの芸術

カテゴリ

全体
じっと思う
ずっと思う
Macintosh
iPhone

検索

以前の記事

2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧