ボーッと何かを・・・ 日々の考えの備忘録


by hiroi22

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

気持ちは分かるが,ここは折れてくれジェフ千葉.

 日本代表のワールドカップ一次リーグ敗退が決まったとき,次期監督としてJ1千葉のオシム監督を希望することを書いたが,同じことは誰でも考えるようで,本当に次期監督として交渉が進められているそうである.しかし,交渉過程における不手際などもあり,現在契約が残っているジェフ千葉とそのサポーターから強い慰留を受け,就任話も一次棚上げの様相だ.
千葉か、代表か…苦悩のオシム氏、最終回答は持ち越しに
 ジェフ千葉の気持ちは分かる.まったくパッとしなかったチームを,毎年優勝戦線に食い込むまでに育て上げたのはオシムの監督の手腕による.ここで彼に去られてはたまらないだろう.代表監督に就任するにしても,ジェフ千葉監督との兼任を望むのは,彼らとしても許容可能なギリギリの線かも知れない.
 しかし,考えて欲しい.日本のサッカーにとって代表チームとJリーグは車の両輪のようなものである.ワールドカップの一次リーグ敗退で多くのファンの期待を裏切った代表チームは立て直しが必要だ.それも特別に有能な監督の手腕が必要だ.なぜなら,現在円熟期にある代表チームの有力選手の力が今後は下降線をたどるのは必定で,このままでは人気実力とも大きく低下するからである.その意味からも,弱小だったジェフをここまで鍛え上げたオシム監督の指導力に寄せる期待は大きい.一方,65歳になるオシム監督に二つのチームの監督を兼任させるのは健康面などで不安がある.実際,オシム監督が代表監督の契約年数として2年を提案しているのは,そのあたりの配慮もあるのだろう.だから,ジェフ千葉には何とか折れてオシムを代表監督に送り出して欲しいのだ.
 
 オシム監督はサッカーの指導者として優秀なだけではなく,人間としても魅力があり,とても大人物だと思う.これはいろいろな所で見られる”オシム語録”を読んでもわかるが,それを強く再確認したのが,最近のこの記事の中の,コーチ人事に関して
「日本人のアシスタントコーチをつけてほしい。そろそろ日本人が監督をやる時期がきているから」と日本人代表監督の育成を見据えて、日本人コーチの入閣を要望。
という発言だ.何気ない発言に聞こえるかも知れないが,代表監督という重い責務の要請があった時に,日本という彼にとって外国のサッカー・代表チームの将来に関して配慮する,というのはなかなか出来ることではない.これを見ても彼の思いやりの深さ,高い人格が見て取れる.もっと広く日本のサッカーにかかわって欲しい人物だ.
[PR]
by hiroi22 | 2006-07-01 22:21 | じっと思う

ブログパーツ

  • →:次の記事へ
  • ←:前の記事へ
  • Home:このページの先頭へ
  • End:最後の記事へ

最新のトラックバック

「オバマファクター」米国..
from 米流時評
シティバンク危機脱出!連..
from 米流時評
経済氷河期に春一番? C..
from 米流時評
警告!北朝鮮が即時臨戦態..
from 米流時評
作家フォーサイス 次の小..
from 米流時評
「事実は小説よりも奇なり..
from 米流時評
オバマのマンモス再生予算..
from 米流時評
ウォール街の真冬はいつま..
from 米流時評
ウォール街ブリザード!ダ..
from 米流時評
自由への厚い扉/エジプト..
from 米流時評

リンク

タグ

(119)
(60)
(49)
(45)
(45)
(39)
(32)
(26)
(26)
(24)
(16)
(15)
(14)
(12)
(10)
(9)
(8)
(8)
(5)
(2)

ライフログ


青の時代


オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える


風味絶佳


Antonio Carlos Jobim's Finest Hour


セゴビアの芸術

カテゴリ

全体
じっと思う
ずっと思う
Macintosh
iPhone

検索

以前の記事

2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
more...

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧