ボーッと何かを・・・ 日々の考えの備忘録


by hiroi22

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

冬季オリンピックはねぇ

 トリノオリンピックが開幕しました。でも、冬季オリンピックはいまいち興味が乗りません、ワタクシ的には。どうしてなんだろうと考えてみました。思いつくのは次のようなものです。
1)競技自体になじみがない。
2)競技方式が間延びしたものが多い。
こんなところでした。1)については説明不要でしょう。2)を説明します。
 例えばスキーの回転、あるいはジャンプを考えてみましょう。これらは一人一人が順に競技を行い、タイムあるいは距離などを競うものです。この「一人一人順に」というのが間延びしてつまらないのです。競技自体の性格からしょうがないのですが、トップを決めるのだから、皆で一斉にヨーイドンで競う方が見ている方は面白いのに決まっています。
 考えてみると冬季オリンピックの競技はほとんどがこの「一人一人順に」方式です。モーグルしかりボブスレーしかりです。スピードスケートも二人で滑りますが、結局は全員の中で一番タイムの良いものが優勝します。日本ではあまり人気がありませんが、スキーの距離競技とかは「一斉にヨーイドン方式」なんでしょうか?複合競技の距離はそうですよね。
 「一人一人順に」方式だとどうしても競技全体の時間がかかります(私はいらち)。それに、(失礼ながら)ちょっと力の落ちた、優勝争いには関係のない選手も同じように見ないといけません。きわめて民主的と言えばいえますが、その分間延びしてしまいます。

 不満タラタラの話だったので、最後に提案を一つ。スピードスケートのスタートというのは、現在選手が立ち止まった位置から号砲の合図でスタートしています。普通の陸上のトラック競技のスタートと同じです。これを競艇方式にしてはどうかと思うのです。
 この方式は、簡単に言えば、助走をつけてスタートするというものです。つまり、スタートライン付近にカウントダウン用の大時計を設置しておき、その大時計が0を指した後にスタートラインを通過してレースを始めるというものです。選手は助走をしてスタート付近に進入し、時計が0になった直後にスタートラインを出来るだけ高スピードで通過出来るように調整しながら滑るわけです。もちろん、0をさす前にスタートラインを通過すれば失格です。
 この方式だと競技のスピード感はさらに増しますし、スタート時の微妙なタイミングなども楽しめてより面白くなると思うのですが、どうでしょうか。
[PR]
by hiroi22 | 2006-02-11 22:01 | じっと思う

ブログパーツ

  • →:次の記事へ
  • ←:前の記事へ
  • Home:このページの先頭へ
  • End:最後の記事へ

最新のトラックバック

「オバマファクター」米国..
from 米流時評
シティバンク危機脱出!連..
from 米流時評
経済氷河期に春一番? C..
from 米流時評
警告!北朝鮮が即時臨戦態..
from 米流時評
作家フォーサイス 次の小..
from 米流時評
「事実は小説よりも奇なり..
from 米流時評
オバマのマンモス再生予算..
from 米流時評
ウォール街の真冬はいつま..
from 米流時評
ウォール街ブリザード!ダ..
from 米流時評
自由への厚い扉/エジプト..
from 米流時評

リンク

タグ

(119)
(60)
(49)
(45)
(45)
(39)
(32)
(26)
(26)
(24)
(16)
(15)
(14)
(12)
(10)
(9)
(8)
(8)
(5)
(2)

ライフログ


青の時代


オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える


風味絶佳


Antonio Carlos Jobim's Finest Hour


セゴビアの芸術

カテゴリ

全体
じっと思う
ずっと思う
Macintosh
iPhone

検索

以前の記事

2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧