ボーッと何かを・・・ 日々の考えの備忘録


by hiroi22

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ディープインパクトの試練

 有馬記念、1着ハーツクライ、2着ディープインパクト。無敗の有馬記念制覇、4冠制覇の夢はついえました。競馬は難しい。上品な言葉ではありませんが、昔聞いた言葉
「畜生が走って、それに乗っているのが赤の他人。競馬予想なんか当たるわけない。」
を思い出しました。
 TVはNHKの中継を見ていました。レース展開も理想的、勝ちタイムもそんなに速くありません。また、終わり3F(600m)のタイムもこれまでのディープインパクトのレースと比べても速くありません。今日の第4コーナーの位置であれば、今までなら十分捉えられたレースであったと思います。それでも2着。
 レース前にディープインパクトの追い切りの映像を流していましたが、それを見て今までより、タイムも行きっぷりも悪いなと不安に思っていました。雪の影響による調教過程の狂いが指摘されていました。よほど調子が悪かったんでしょう。
 おそらくディープインパクは、今日は負けたことが分かっていると思います。過去には、連勝を止められて、それ以降ぱっとしなくなった馬もいました。ディープインパクトには、試練を糧にして一段と成長してくれることを願っています。
 それにしても、初めての2着で「負けた」呼ばわりをされるので大変です。関係者に対するプレッシャーの強さは想像するに難くありません。
 余談ですが、私なんぞは、自慢じゃありませんが、運動会の徒競走で2着が最高です。3着が2回ぐらいあったかも知れません。競馬流の成績表では(0129)。競走馬だったら、とっくに殺処分か、どこかの公園で子供の乗馬用の馬になっていることでしょう。
 もうひとつ、NHKTVの解説者鈴木調教師は、レース前にディープインパクトの調子がよくないことを指摘していました。さすがにプロの目は違うと感じましたし、ディープインパクトの無敗の4冠馬達成を期待する雰囲気一色の中で、それに流されずに発言することは、信念と勇気がなければできないことだと感服しました。
[PR]
by hiroi22 | 2005-12-25 17:12 | じっと思う

ブログパーツ

  • →:次の記事へ
  • ←:前の記事へ
  • Home:このページの先頭へ
  • End:最後の記事へ

最新のトラックバック

「オバマファクター」米国..
from 米流時評
シティバンク危機脱出!連..
from 米流時評
経済氷河期に春一番? C..
from 米流時評
警告!北朝鮮が即時臨戦態..
from 米流時評
作家フォーサイス 次の小..
from 米流時評
「事実は小説よりも奇なり..
from 米流時評
オバマのマンモス再生予算..
from 米流時評
ウォール街の真冬はいつま..
from 米流時評
ウォール街ブリザード!ダ..
from 米流時評
自由への厚い扉/エジプト..
from 米流時評

リンク

タグ

(119)
(60)
(49)
(45)
(45)
(39)
(32)
(26)
(26)
(24)
(16)
(15)
(14)
(12)
(10)
(9)
(8)
(8)
(5)
(2)

ライフログ


青の時代


オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える


風味絶佳


Antonio Carlos Jobim's Finest Hour


セゴビアの芸術

カテゴリ

全体
じっと思う
ずっと思う
Macintosh
iPhone

検索

以前の記事

2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧