ボーッと何かを・・・ 日々の考えの備忘録


by hiroi22

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

M-1グランプリ

 突然の芸能ネタですが、ことしも注目の(?)M−1グランプリの季節になりました。
 昨年度では、本命を「アンタッチャブル」、対抗を「南海キャンディーズ」と予想し、見事に適中させた私ですが、今年はわかりません。理由?実は例年にも増して、出場コンビを知らないのです。出場決定の8組の中では、笑い飯、麒麟、南海キャンディーズ、品川庄司、チュートリアルを知ってますが、残りの3組は知りません。それに、今年はダントツのコンビがいません。何となく小粒の印象があります。まあ、知った範囲で予想すれば、本命「麒麟」、対抗は「敗者復活組」でしょうか。
 このM−1グランプリ、面白い企画と思うのですが、これまでの優勝コンビはM−1優勝後、バラエティ番組出演がメインになってしまっています。そのため本職であるはずの漫才を聞くことはほとんどありません。漫才そのものを聞かせるTV番組が少ないのですが(特に関東!)、せっかくの面白い芸なのに不満です。
 不満といえば、M−1グランプリの運営方法にも一つ不満があります。本戦では「敗者復活組」の参加も許されています。それはそれで良いのですが、問題はその敗者復活組の順番です。これまでは、予選を勝ち抜いてきた組は抽選で順番が決まり、敗者復活組はその抽選結果にかかわらず一番最後に演じることになっていました。こういうお笑い演芸の一発勝負では、一番最初に演じるのは大変不利です。逆に、最後はお客さんの雰囲気も和んで大変有利だと思います。
 こういった審査では、予選を堂々と勝ち抜いてきたコンビと敗者復活組とでは、敗者復活組に不利なハンディをつけるべきだと思うのですが、現状はまったく逆で、敗者復活組が大変有利なものになっています。そのせいか、毎年敗者復活組は良い成績を収めています。このルールは改めるべきで、敗者復活組は一番最初に演じることにすべきです。
 それにしても、過去のM−1グランプリ王者の正統漫才を堪能したいと思っている人はたくさんいると思うのですが・・・。ますだおかだ、フットボールアワー、アンタッチャブルとか。彼らがバラエティ番組でおどけている姿はあまり見たくないのです。君たちの才能は違う所にあるんじゃないの?もっと漫才を磨いて欲しいなあ。
[PR]
by hiroi22 | 2005-12-15 21:29 | じっと思う

ブログパーツ

  • →:次の記事へ
  • ←:前の記事へ
  • Home:このページの先頭へ
  • End:最後の記事へ

最新のトラックバック

「オバマファクター」米国..
from 米流時評
シティバンク危機脱出!連..
from 米流時評
経済氷河期に春一番? C..
from 米流時評
警告!北朝鮮が即時臨戦態..
from 米流時評
作家フォーサイス 次の小..
from 米流時評
「事実は小説よりも奇なり..
from 米流時評
オバマのマンモス再生予算..
from 米流時評
ウォール街の真冬はいつま..
from 米流時評
ウォール街ブリザード!ダ..
from 米流時評
自由への厚い扉/エジプト..
from 米流時評

リンク

タグ

(119)
(60)
(49)
(45)
(45)
(39)
(32)
(26)
(26)
(24)
(16)
(15)
(14)
(12)
(10)
(9)
(8)
(8)
(5)
(2)

ライフログ


青の時代


オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える


風味絶佳


Antonio Carlos Jobim's Finest Hour


セゴビアの芸術

カテゴリ

全体
じっと思う
ずっと思う
Macintosh
iPhone

検索

以前の記事

2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧