ボーッと何かを・・・ 日々の考えの備忘録


by hiroi22

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

恋愛論ってあるのかなあ

 自然科学のたいていの分野では、先人の考えたこと、業績はきちんと認識されているはずです。そうでないと、同じことを何度も考えてしまうことになりかねません。たとえば、ピタゴラスの定理を知らないで幾何学を論じるのは無謀です。
 自然科学の場合、多くの場合過去の業績はアウトプットとして、何らかの形で出ていますので、とらえやすいところがあります。数学の場合は定理の形として残っていますし、物理や化学の場合は、現在の理論は古い理論を克服したものとして認識されているので、ほぼ自動的に、残っている理論が過去の理論をふまえたものと言えると思います。
 過去の業績を認識することは、プライオリティを尊重するという意味もありますが、その学問の発展にとっても不可欠なことでしょう。しかし、文科系の学問ではこれが怪しい、または難しいものがあるような気がします。
 私が、素人ながら、先人の考えを理解するのが大変そうに思うのは哲学です。先人の業績と言っても種々雑多でしょうし、○○の定理とかナントカ理論といった即座に内容にアクセス出来るような形にはなっていないと思います。思想的な事柄は、それをじっくり理解してからでないとわからないものだと思います。一体これまでどれくらいの哲学者が世に出たかは知りませんが、彼らの思想を全て理解し、現在の思想につなげるのは不可能じゃないでしょうか。(可能だったら降参します)
 前書きが長くなりましたが、表題の「恋愛論」です。
 インターネットで「恋愛論」で検索すると、膨大な数のヒットを記録します。この話題の関心の高さが、こんなことでもよくわかります。ただ、多くの場合、人々は自分なりにこのことを考え、記しているように見えます。しかし、ここで思うのです、「恋愛論」といっても、自分個人の小さな世界での経験を元に論じても限界があるだろうと。
 恋愛のような普遍的、かつ陳腐なものは、これまでにもいろいろな人が頭を悩ませてきたはずです。いいかえれば、先人の経験による思索の蓄積があるはずです。それはおそらくは哲学の比ではないと思います。ならば、それらを比較検討し、現在の新しい考え方(もしあれば)とつなげて発展させることが出来るかも知れません。もし、そのようなことが出来れば、恋愛に悩んでいる人の考え方の指針が出来るんじゃないかと思います。
 でも、そんな「先人の経験による思索の蓄積」が整理されているという話は寡聞にして聞いたことがありません。個人の各々の経験のみのお話じゃ、恋に迷える子羊は救えない・・・・
 それとも、「恋愛論」というのは、結局は皮相な現象論にして深い思索に耐えうるものではないのかしらん?
 
[PR]
by hiroi22 | 2005-11-29 02:12 | じっと思う

ブログパーツ

  • →:次の記事へ
  • ←:前の記事へ
  • Home:このページの先頭へ
  • End:最後の記事へ

最新のトラックバック

「オバマファクター」米国..
from 米流時評
シティバンク危機脱出!連..
from 米流時評
経済氷河期に春一番? C..
from 米流時評
警告!北朝鮮が即時臨戦態..
from 米流時評
作家フォーサイス 次の小..
from 米流時評
「事実は小説よりも奇なり..
from 米流時評
オバマのマンモス再生予算..
from 米流時評
ウォール街の真冬はいつま..
from 米流時評
ウォール街ブリザード!ダ..
from 米流時評
自由への厚い扉/エジプト..
from 米流時評

リンク

タグ

(119)
(60)
(49)
(45)
(45)
(39)
(32)
(26)
(26)
(24)
(16)
(15)
(14)
(12)
(10)
(9)
(8)
(8)
(5)
(2)

ライフログ


青の時代


オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える


風味絶佳


Antonio Carlos Jobim's Finest Hour


セゴビアの芸術

カテゴリ

全体
じっと思う
ずっと思う
Macintosh
iPhone

検索

以前の記事

2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧