「ほっ」と。キャンペーン


ボーッと何かを・・・ 日々の考えの備忘録


by hiroi22

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

混乱はあるけど、規則の適用は厳格にすべき

 投手の2段モーション問題でプロ野球に混乱が起きているようです。もともとの野球規則には;
〈1〉打者への投球に関連する動作を起こしたならば、中途で止めたり、変更しないで、その投球を完了しなければならない。
とありますが、明らかにこの規則に違反したピッチャーが日本のプロ野球で活躍してきました。ルール上は許されないのですが、そういう投球フォームの投手が多いということで、いわば不正を黙認する形で今までやってきたようです。言葉は悪いですが「やったもん勝ち」であったわけです。日本的と言えば、そう言えなくもありません。
 ところが、野球も国際化が進み、オリンピック、アジア選手権などの国際試合が増えてくると、日本だけルール無視の状態を続けられなくなり、今回この規則の「厳格適用すること」(変な話ですが)に踏み切ったわけです。実際には来シーズンから適用され、現在は各チームの秋季キャンプなどの場で審判団によるテストが行われています。
 何しろ今まで黙認してきたことを、ルールに照らし合わせて違反かどうかを判断することになったので、現場では混乱が見られるようです。特に今まで、問題なくピッチングをしてきた投手たちやピッチングコーチには不満が大きいようです。たとえば、asahi.com:投手の2段モーション規制、ヤクルトが抗議検討では、
一部投手が、投球動作で片足をプレートの後ろに引いた時に両腕の動きが止まることが違反になると、審判団から指摘を受けた。伊東コーチは「足を2回上げる2段モーションをなくそうとしていることが、違う方向にいっている。投手の規制ばかりで、ますます打者が有利になる」と反発。「うちだけじゃなく、他球団も含めてでしょう。(監督は)選手会から(抗議をする)という考えもある」と話した。
といった具合です。
 その心理は理解出来ますが、僕はこのルールは本当に厳格に適用すべきだと思います。大リーグの投手たちは日本の投手のような動作をする人はいないでしょうし、他のアジアの国でもそうだと思います。特に、上の記事では、伊東コーチのはルールの適用に対して誤った考え方だと思います。ルールの適用に際して、「違う方向にいっている」とか「ますます打者が有利になる」といったことを持ち出すこと自体がおかしいですし、選手会云々に至ってはお門違いと言うべきでしょう。
[PR]
by hiroi22 | 2005-11-05 23:05 | じっと思う

ブログパーツ

  • →:次の記事へ
  • ←:前の記事へ
  • Home:このページの先頭へ
  • End:最後の記事へ

最新のトラックバック

「オバマファクター」米国..
from 米流時評
シティバンク危機脱出!連..
from 米流時評
経済氷河期に春一番? C..
from 米流時評
警告!北朝鮮が即時臨戦態..
from 米流時評
作家フォーサイス 次の小..
from 米流時評
「事実は小説よりも奇なり..
from 米流時評
オバマのマンモス再生予算..
from 米流時評
ウォール街の真冬はいつま..
from 米流時評
ウォール街ブリザード!ダ..
from 米流時評
自由への厚い扉/エジプト..
from 米流時評

リンク

タグ

(119)
(60)
(49)
(45)
(45)
(39)
(32)
(26)
(26)
(24)
(16)
(15)
(14)
(12)
(10)
(9)
(8)
(8)
(5)
(2)

ライフログ


青の時代


オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える


風味絶佳


Antonio Carlos Jobim's Finest Hour


セゴビアの芸術

カテゴリ

全体
じっと思う
ずっと思う
Macintosh
iPhone

検索

以前の記事

2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
more...

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧