ボーッと何かを・・・ 日々の考えの備忘録


by hiroi22

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

何をやっているのだ?(SonyのCDでウィルス?)

 米ソニーBMG・ミュージックエンタテインメント社の発売したコピー制限機能付き音楽CDが、コンピューターウイルスに悪用される恐れがあると警告されている。「音楽CDとコンピューターウィルスとがどう結びつくのだ?」と不思議に思って関心を持っていたが、とんでもない話が分かってきた。
WIRED NEWS:ソニーの音楽CD、ウイルスに悪用される恐れ
この記事によると;
このCDをウィンドウズ・パソコンで再生すると、一連のソフトがインストールされる。コピー制限破りを防ぐため、これらのソフトは一般ユーザーに見えない仕組みだ。しかし、その隠れ方は、「ルートキット」と呼ばれるウイルスがパソコンに隠れる時と同じ手法という。
 要するに、問題のCDをパソコンで再生するだけで、訳の分からないソフトがインストールされるということだ。そして;
 このため、ウイルスの作者につけ込まれやすい。ウイルスのファイル名に、CDのソフトと同じ文字を含めれば、そのウイルスも見えなくなってしまう。対策ソフトで検知できなくなり、感染に気づかないままパソコンが遠隔操作される事態となる。
ということになるらしい。しかし、この記述では、事態の深刻度がまだ曖昧だ。
WIRED NEWS:ソニーの音楽CDに「トロイの木馬」——真の問題点は何か
ではもっとはっきり書かれている。
このプログラムがインストールされたパソコンでは、「$sys$」で始まる名前を持つファイル、ディレクトリー、プロセス、レジストリーキーが、ウィンドウズ上では一切ユーザーに見えなくなる。
そうすると;
これはつまり、ハッカーは、このプログラムを植え付けられたウィンドウズ機のごく基本的なアクセス権を手に入れるだけで、どんなファイルでも「$sys$」を冒頭につけて不可視にし、忍び込ませることができるということを意味する。
 さらにこの記事では
 われわれは今回の件で、コンピューターの裏社会を調べあげ、よからぬ行為の証拠をつかむ必要はない。CD購入者のコンピューターの最も基本的な性能に危害を加えたことで、ソニーBMG社はフェアプレーのルールを破り、合法的なソフトウェアとコンピューターへの不法侵入を隔てる、明確な一線を踏み越えたのだ。同社の行為は民事訴訟の対象にもなりかねない。
と断言している。まったく同感である。そもそも、ユーザーのコピー行為の制限に血道を上げるという行為・発想自体がかつてのSonyからは考えられないことだと思う。ユーザーは悪であるという考え方に立脚しているばかりか、後ろ向きの姿勢だし、innovativeとはとても言えない。
 以前、このblogでSonyは最近どうなってるの?とSonyの姿勢に批判を述べたことがある。その中で、
最近、昔ほどSonyというブランドに魅力を感じない。Sonyというのは電機メーカーとしては最大手ではないものの、いつも革新的なイメージがあった。どうもそのイメージに翳りが出ているような気がする。組織が肥大化して機能不全になっている部分があるのではないのかな?
という疑問を投げかけたが、これは正鵠を突いているような気がしてきた。
 ウォークマンとトリニトロンで突っ走っていたSony。その革新性と創造性は取り戻せないのだろうか。
[PR]
by hiroi22 | 2005-11-05 09:24 | ずっと思う

ブログパーツ

  • →:次の記事へ
  • ←:前の記事へ
  • Home:このページの先頭へ
  • End:最後の記事へ

最新のトラックバック

「オバマファクター」米国..
from 米流時評
シティバンク危機脱出!連..
from 米流時評
経済氷河期に春一番? C..
from 米流時評
警告!北朝鮮が即時臨戦態..
from 米流時評
作家フォーサイス 次の小..
from 米流時評
「事実は小説よりも奇なり..
from 米流時評
オバマのマンモス再生予算..
from 米流時評
ウォール街の真冬はいつま..
from 米流時評
ウォール街ブリザード!ダ..
from 米流時評
自由への厚い扉/エジプト..
from 米流時評

リンク

タグ

(119)
(60)
(49)
(45)
(45)
(39)
(32)
(26)
(26)
(24)
(16)
(15)
(14)
(12)
(10)
(9)
(8)
(8)
(5)
(2)

ライフログ


青の時代


オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える


風味絶佳


Antonio Carlos Jobim's Finest Hour


セゴビアの芸術

カテゴリ

全体
じっと思う
ずっと思う
Macintosh
iPhone

検索

以前の記事

2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
more...

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧