ボーッと何かを・・・ 日々の考えの備忘録


by hiroi22

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

さて菊花賞です

 今日の朝日新聞の夕刊の一面トップを飾るなど、全国的注目を浴びるディープインパクト。このブログで皐月賞ダービーとその強さに驚嘆と賛美を惜しまなかったが、いよいよ明日京都淀の競馬場で三冠の最後の関門、菊花賞に挑戦となる。
 淀の外回りコースを1周半、3000mの距離を駆け抜ける菊花賞は3歳の若駒にとって、大変難しいレースである。過去何頭の名だたる名馬が、その淀の難コースに沈んだことだろう。しかし、今年に限って言えば、その菊花賞の興味は、史上二頭目の無敗の三冠馬誕生なるかどうかではなく、ディープインパクトがその偉業をどんな強い勝ち方で達成するかに移っている。それほどディープインパクトの強さは図抜けているのである。
 すばらしいことに、今やインターネットで過去6戦のディープインパクトのレースを、新馬戦から動画で楽しむことが出来る。
Yahoo!スポーツ 競馬 ディープインパクトの軌跡
 皐月賞、ダービー、神戸新聞杯も強かったが、相手が力不足だったとはいえ、2戦目の若駒ステークスは圧巻だった。ゴール前1ハロンで先頭の馬を一気に抜き去った足の見事さは形容し難い。上のサイトで、ぜひ確認してほしい。
 さて、馬券は買わない私だが、それでも予想はして楽しむ。1着はディープインパクトだが、2着馬が難しい。過去何度もディープインパクトの後塵を拝してきた馬よりも、新しい馬、変な名前のピサノパティックあたりを推してみたい。さーてどうなるか。

 菊花賞は三冠最後のレースゆえ、過去多くのドラマを見せている。「ノド鳴り」という病気をおして三冠に挑んだタニノムーティエ。そのタニノムーティエが完調時のように、最後の第4コーナーで「ムーティエ街道」と呼ばれた大外を猛然とスパートしてきた時の観衆のどよめきは忘れられない。ダービーに続いてまたしても長距離血統馬タケホープに僅差敗れたハイセイコーの寂寥感ある姿(そうだ、そのとき何故か私の部屋にはうら若きかわいい女性がいたのだった (^_^))。宿敵トウショウボーイを、今度こそねじ伏せたと思った瞬間にグリーングラスに足下をすくわれたテンポイントの口惜しさ。それを当時は私も共有した。

 さあディープインパクトよ、明日は一体どんなレースを、どんな感動を見せてくれるのだ?
 
[PR]
by hiroi22 | 2005-10-22 23:43 | じっと思う

ブログパーツ

  • →:次の記事へ
  • ←:前の記事へ
  • Home:このページの先頭へ
  • End:最後の記事へ

最新のトラックバック

「オバマファクター」米国..
from 米流時評
シティバンク危機脱出!連..
from 米流時評
経済氷河期に春一番? C..
from 米流時評
警告!北朝鮮が即時臨戦態..
from 米流時評
作家フォーサイス 次の小..
from 米流時評
「事実は小説よりも奇なり..
from 米流時評
オバマのマンモス再生予算..
from 米流時評
ウォール街の真冬はいつま..
from 米流時評
ウォール街ブリザード!ダ..
from 米流時評
自由への厚い扉/エジプト..
from 米流時評

リンク

タグ

(119)
(60)
(49)
(45)
(45)
(39)
(32)
(26)
(26)
(24)
(16)
(15)
(14)
(12)
(10)
(9)
(8)
(8)
(5)
(2)

ライフログ


青の時代


オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える


風味絶佳


Antonio Carlos Jobim's Finest Hour


セゴビアの芸術

カテゴリ

全体
じっと思う
ずっと思う
Macintosh
iPhone

検索

以前の記事

2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧