「ほっ」と。キャンペーン


ボーッと何かを・・・ 日々の考えの備忘録


by hiroi22

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

日本外交の失敗

今座っている席から、TVを2つ見ることが出来る。
一つは筑紫哲也のニュース23、もう一つはNHK、自民党の政見放送。NHKでは小泉首相が相変わらず郵政民営化を強調している。しかし、ニュース23では日本外交の悲惨さがあぶり出されていた。ゲストの二人が、冷静に日本のアジア外交、国連外交の失敗を批判している。それを眺めていると、意固地ともいえる顔つきで郵政民営化を語る小泉首相の画面が哀れになってくる。
先日のNHKの番組では、自民党の安倍副幹事長が最近の日本外交、特にアジア外交の惨状を指摘されても、それを認めない発言をしていた。相変わらずの外交音痴ぶりだ。今必要なのは、常任理事国入り失敗も含めて、日本外交の失敗をきちんと認めた上でこれからのことを考えることではないのか。
ニュース23のゲストが、国連の常任理事国入り失敗について
日本を支持する国がこれほど少なかったことは衝撃的だ。特にアジアの国の支持がほとんどなかったことは深刻に受け止めなければならない
といった趣旨の発言をしていた。同感だ。これには中国の影響もあるだろうが、とにかく、この状況を認めなければ話が始まらない。
外交は対米従属で、郵政民営化のみを怖い顔をして語る小泉首相や、「外交」という言葉の意味を理解しているのかどうか疑わしい安倍副幹事長。
「今度の選挙で大勝すれば、小泉首相は靖国に参拝するのではないか」
という筑紫哲也の発言。自民党の大勝を予想する新聞報道。
陰鬱になる。
[PR]
by hiroi22 | 2005-09-07 23:57 | じっと思う

ブログパーツ

  • →:次の記事へ
  • ←:前の記事へ
  • Home:このページの先頭へ
  • End:最後の記事へ

最新のトラックバック

「オバマファクター」米国..
from 米流時評
シティバンク危機脱出!連..
from 米流時評
経済氷河期に春一番? C..
from 米流時評
警告!北朝鮮が即時臨戦態..
from 米流時評
作家フォーサイス 次の小..
from 米流時評
「事実は小説よりも奇なり..
from 米流時評
オバマのマンモス再生予算..
from 米流時評
ウォール街の真冬はいつま..
from 米流時評
ウォール街ブリザード!ダ..
from 米流時評
自由への厚い扉/エジプト..
from 米流時評

リンク

タグ

(119)
(60)
(49)
(45)
(45)
(39)
(32)
(26)
(26)
(24)
(16)
(15)
(14)
(12)
(10)
(9)
(8)
(8)
(5)
(2)

ライフログ


青の時代


オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える


風味絶佳


Antonio Carlos Jobim's Finest Hour


セゴビアの芸術

カテゴリ

全体
じっと思う
ずっと思う
Macintosh
iPhone

検索

以前の記事

2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
more...

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧