ボーッと何かを・・・ 日々の考えの備忘録


by hiroi22

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

みました朝まで生TV

昨晩深夜、テレビ朝日の朝まで生TVの総選挙特集を見た(録画)。このような番組の議論で、何らかの結論が出ることははじめから期待していなかったので、長時間かつ多少脱線気味でまとまりのない討論だったが、それなりに楽しませてもらった。
討論のメンバーは、自民、民主、公明、共産、社民の代表者と評論家の面々。ところが、この政党代表者がひどい。
まず、自民の山本一太議員。この人は、結局「小泉首相のやってることは正しかったし、これからも正しい。」ということの一点張り。それ以外の発言はおざなりの一般論しか言わない(言えない?)。
民主党は蓮舫議員。この人は発言しない。しようとすると横やりが出て、十分発言出来ない可哀想な面もあったけれど、人の意見を聞く真面目さが徒になったのか、彼女の意見が伝わらない。
公明の遠山議員。この人は話をはぐらかしている場面が多かった。本音はなんなんだと言いたい。
共産党は大門議員という人が出席していた。初めて見る人だったけど、批判としてはまともなことを言っていたと思う。ただ、批判勢力にしても、現状の勢力分布では苦しいという感じ。
社民党は福島瑞穂議員が出ていたけど、押しの弱さはいつも通り。ただし、税制の議論では説得力あり。
一方、評論家連中は多士済々で面白かった。彼らだけで討論した方がよく分かったのではないのかと思ってしまう。
司会の田原総一郎が意図的したのかどうか分からないが、郵政民営化については期待したほどつっこんで議論しなかったように見えた。そのかわり、他のいろいろな問題が認識されたと思う。例えば、税制の問題、年金の問題、マスコミの問題。政権側は、失政は隠して成果を強調したいし、野党側はその逆。それはいつものこと。だから政党の代表者同士が議論してもつまらない。評論家同士、あるいは議員対評論家の方が面白いし、本質が明らかになる。
例えば、税制。今の「金持ち優遇、大企業優遇」を変えるべき、という意見と、現状は諸外国並みになっているという意見との選択であることがはっきりした。しかし、サラーリーマンに対しての配慮は全くないということも。これは財政再建に直接影響を与える重要なものなのだが、少なくとも与党側は極めて消極的だった。また、年金の問題では、自民党はほとんど何も考えていないのではないかということを露呈したと思う。一方、民主党の案ははっきり「増税」ということを求める案であることも分かった。この是非が選択になる。
そして、マスコミの現状も報告された。要するに、現状追認・事なかれ主義に陥っているということだそうだ。こんなことを聞くと、最近の無節操ぶりもさもありなんと思う。
番組の最後に電話アンケートの結果が紹介された。「政権を変えるべし」という意見が数%だが多かったのはちょっと意外だった。私もその意見だし、今回の討論を聞いてみてその感を強くしたが、まあこのテレビを熱心に見る人はそういう意識の人が多いのだということだろう。しかし、実際の選挙は分からない。
[PR]
by hiroi22 | 2005-08-27 16:02 | じっと思う

ブログパーツ

  • →:次の記事へ
  • ←:前の記事へ
  • Home:このページの先頭へ
  • End:最後の記事へ

最新のトラックバック

「オバマファクター」米国..
from 米流時評
シティバンク危機脱出!連..
from 米流時評
経済氷河期に春一番? C..
from 米流時評
警告!北朝鮮が即時臨戦態..
from 米流時評
作家フォーサイス 次の小..
from 米流時評
「事実は小説よりも奇なり..
from 米流時評
オバマのマンモス再生予算..
from 米流時評
ウォール街の真冬はいつま..
from 米流時評
ウォール街ブリザード!ダ..
from 米流時評
自由への厚い扉/エジプト..
from 米流時評

リンク

タグ

(119)
(60)
(49)
(45)
(45)
(39)
(32)
(26)
(26)
(24)
(16)
(15)
(14)
(12)
(10)
(9)
(8)
(8)
(5)
(2)

ライフログ


青の時代


オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える


風味絶佳


Antonio Carlos Jobim's Finest Hour


セゴビアの芸術

カテゴリ

全体
じっと思う
ずっと思う
Macintosh
iPhone

検索

以前の記事

2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧