ボーッと何かを・・・ 日々の考えの備忘録


by hiroi22

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

進化するiTunes

iTunes Music Storeが利用できるようになった今、iTuensは欠かせないものになっているが、よく考えてみると、このソフトはいろいろな機能が加わり進化してきたことに気づく。
最初は、単に音楽とインターネットラジオを聴くソフトとして、ある日突然登場した。もちろん、私はそのときから使っている。CDを挿入すると、自動的にインターネット上のデータベースからCDタイトルや曲名を取ってきてくれるので、Macintoshに転送する時などに便利だと思ったし、インターネットラジオも新鮮だった。タダでくれるんだし、便利だし文句はもちろんなかった。だけど、何か唐突な気がした。なぜ今頃音楽ソフトなのだと。
d0007533_21523571.jpg

iTunesはその後、マイナーなバージョンアップを重ねて、ある時インターネットで自分のプレイリストを公開できる機能がついてきた。しかし、この機能はほどなく大幅に制限されたものになった。
iTunesの最初の大きな変化は、iPodの発売によってもたらされた。すなわち、iPodの管理ソフトとしての役割が加わったのだ。今から思えば、これは大きな一歩だが、その時はiPodはもちろん市民権を得ていなかったので、iTunesに小さな付加機能が加わったぐらいにしか思えなかった。iPodにしても「Appleが変なものを発売したなあ」というぐらいにしか捉えることができず、そのネーミングがかつてのNewton Message Padを想起させて、「iPodは売れるんだろうか」と一抹の不安を覚えたものだ。
しかし、その後のiPodの快進撃によってそんな不安は払拭され、同時にiTunesの役割はさらに大きくなった。Windows版iTunesの完成もこの頃だったろうか。iPodは音楽文化に新しい1ページを加えるほどのエポックメーキングな製品だと思うが、それもiTunesがあってこそ可能だったのだ。
次の大きな変化は、もちろんiTunes Music Storeの開始である。アメリカでしか利用できないものだったが、これには驚いた。当時は音楽ファイルは違法にやり取りされていて、ひどい状況だった。このひどい状況に対する、Appleからの提案ともいえるが、ともかくこの発想には兜を脱いだ。日本にいる我々は、iTMSを長い間うらやましげに見るしかなかったのだが、ようやく日本でも始まったのはご存知の通り。
こうして振り返ってみると、今の成功はiTunes、iPod、iTMSの三つが揃って初めて成り立っていることが分かる。このうちのどれが欠けてもいけない。iTunesはこの三つの中心に位置して、特に重要なものだ。そこで興味深いのは、最初に述べたように、iTunesが突然、何気なく発表された時に、iTunesーiPodーiTMSという構想がJobsの頭の中にあったのだろうかということだ。私は、ラフな青写真として、そういう構想は持っていたと思っている。もしそうだとすると、これはものすごい先見性だ。
この想像が正しいかはともかくとしても、上に見たiTuensの進化はiPod、iTMSという相棒を得て、人々の音楽スタイルを大きく変えたことは確かだろう。そのスケールからいって、ソニーのウォークマンを大きく凌駕する貢献だと思う。
[PR]
by hiroi22 | 2005-08-21 22:50 | Macintosh

ブログパーツ

  • →:次の記事へ
  • ←:前の記事へ
  • Home:このページの先頭へ
  • End:最後の記事へ

最新のトラックバック

「オバマファクター」米国..
from 米流時評
シティバンク危機脱出!連..
from 米流時評
経済氷河期に春一番? C..
from 米流時評
警告!北朝鮮が即時臨戦態..
from 米流時評
作家フォーサイス 次の小..
from 米流時評
「事実は小説よりも奇なり..
from 米流時評
オバマのマンモス再生予算..
from 米流時評
ウォール街の真冬はいつま..
from 米流時評
ウォール街ブリザード!ダ..
from 米流時評
自由への厚い扉/エジプト..
from 米流時評

リンク

タグ

(119)
(60)
(49)
(45)
(45)
(39)
(32)
(26)
(26)
(24)
(16)
(15)
(14)
(12)
(10)
(9)
(8)
(8)
(5)
(2)

ライフログ


青の時代


オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える


風味絶佳


Antonio Carlos Jobim's Finest Hour


セゴビアの芸術

カテゴリ

全体
じっと思う
ずっと思う
Macintosh
iPhone

検索

以前の記事

2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧